SAPIO

16 4月

【SAPIO】「約束は無効と覚悟せよ」「亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」…福沢諭吉が見抜いた韓国の本質

1 名前:ニライカナイφ ★:2018/04/16(月) 10:51:21.76 ID:CAP_USER.net
◆「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質

韓国の不実はいまに始まったことではない。
明治の傑出した知識人、福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。

「脱亜論」で彼はなぜ朝鮮を見限ったのか。
いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

* * *

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。
既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》
(『時事新報』明治三十年十月七日)

これは福澤諭吉の言葉であるが、まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。
ただし福澤は決して「嫌韓」論者なのではなかった。

後で引く有名な「脱亜論」もそうである。
彼は西洋列強のアジアへの帝国主義的な侵略にたいして、明治維新によって近代化の道を拓いた日本こそが、中国や朝鮮にたいして力を貸して共に連帯して抗すべきであると考えていた。

また亜細亜という言葉から中国(清朝)と朝鮮を同じく捉えていたのではなく、むしろ朝鮮をアジア同胞として清韓の宗属関係から脱却させ日本のように文明化させることの必要性を説き尽力したのである。
李氏朝鮮の旧体制(血族や門閥による支配)のままでは早晩、清国やロシアの植民地となり、それはそのまま日本の国難になるからだ。

李朝末期のこの腐敗した絶望的な国を変革しようとした開化派を福澤は積極的に支援し、そのリーダーであった金玉均らの青年を個人的にも受け入れ指導教育を惜しまなかった。
また朝鮮に慶應義塾の門下生を派遣する行動を起こし、清朝の体制に取りこまれるのをよしとする朝鮮王朝の「事大主義」の変革をうながした。

清仏戦争が勃発し、清国軍が京城から退却したのを機に開化派がクーデターを企てるが(甲申事件・明治十七年)、それが失敗に帰したことから、朝鮮における清国の影響力は決定的となった。
福澤のなかにあった日本による朝鮮の文明化の期待も潰えた。

日本に十年余り亡命した金玉均も明治二十七年上海で朝鮮の刺客に暗殺され、その遺体は無残に切断され国中に晒された。
福澤に「脱亜論」を書かしめたのも、朝鮮の開明派、独立派の人々への必死の支援がことごとくその固陋な中国従属の封建体制によって無に帰したことによるものだ。

《我日本の国土はアジアの東辺に在りと雖ども、その国民の精神は既にアジアの固陋を脱して西洋の文明に移りたり。
然るに爰に不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。》(「脱亜論」明治十八年三月十六日)。

この近隣にある「二国」は、《その古風旧慣に恋々するの情は百千年の古に異ならず……教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として……道徳さえ地を払うて残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し》

◆挑戦への絶望と苛立ち
 
福澤の文章の烈しさは、そのまま朝鮮の開化を祈念していた彼の思いの裏返しの憤怒であった。
しかし福澤は「文明化」自体に絶対的な価値を置いていたのではない。
「脱亜論」の冒頭でも「文明は猶麻疹の流行の如し」といい、「有害一偏の流行病にても尚且その勢いには激すべからず」として文明化は利害相伴うものであることも語っている。

むろん福澤はアジアのなかで唯一文明化に成功した日本を正しい選択であったとしている。
大切なのは西洋文明の波がかくも急速に高く押し寄せているときに、旧態依然の「外見の虚飾」を捨てない朝鮮の政体と人民への絶望と苛立ちをはっきりと表明してみせた言論人としての姿勢である。

《左れば今日の謀を為すに我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予あるべからず、寧ろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。
悪友を親しむ者は共に悪名を免かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。》

当時も今も国際社会のなかで外交を「謝絶」することはできない。
問題は「心に於て」、すなわち日本はユーラシア・中華帝国の膨張の現実を前にして、この世界史に参与すべく如何なる「思想」を自ら打ち建てるかである。

NEWSポストセブン 2018.04.16 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20180416_657811.html

※続きます

2 名前:ニライカナイφ ★:2018/04/16(月) 10:51:34.24 ID:CAP_USER.net
※続きです

韓国に関していえば日韓基本条約(一九六五年)で国交正常化をなし、日本から韓国への膨大な資金提供もあり「漢江の奇跡」と呼ばれた経済復興を成し遂げたにもかかわらず、日本のおかげというその現実を認めたくないがために慰安婦問題や戦時徴用工などの「歴史問題」を繰り出し続けてやまない。
その国家としての態度に日本は毅然とした「処分」を示さねばならない。

韓国がやっているのは、福澤のいうまさに「外見の虚飾のみを事として」の「背信違約」の狼藉三昧である。
かかる「悪友」への処し方を、われわれは今こそ明治国家の多極的な外交戦略と、その背後にあった福澤諭吉のような近代日本の思想的先達によくよく学ぶべきであろう。

※SAPIO 2018年3・4月号

※おわり〆


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523843481

12 4月

【SAPIO】ロシア人の親日の背景にシベリア抑留者への畏敬の念あり…反日教育が実施されていないことも一因か

1 名前:ニライカナイφ ★:2018/04/11(水) 23:42:47.09 ID:CAP_USER.net
◆ロシア人の親日の背景にシベリア抑留者への畏敬の念あり

日本人の記憶には、ソ連による日本侵攻、シベリア抑留という黒い歴史が深く刻まれている。
だが、実際にロシア人と接すると、彼らが非常に親日的だとわかる。
等身大のロシアと彼の地に残された日本の人道支援の歴史を、井上和彦氏がレポートする。

 * * *

「ありがとうございました……ご苦労様でした……」

私は墓標に向けて手を合わせてつぶやいた。墓標には「日本人墓地」と刻まれている。
ここはハバロフスクの日本人墓地──大東亜戦争終結後にソ連によって不法にシベリアへ連行され、過酷な強制労働を強いられてこの地で亡くなった日本軍人・軍属の墓地である。

日本人抑留者は57万5000人に上り、そのうち5万5000人が強制収容所で死亡。
ハバロフスクでは最も多い1万1000人が亡くなった。
強制収容所跡地にはシベリア平和慰霊公苑が整備され、日本政府によって1995年(平成7年)に竣工された立派な日本人死亡者慰霊碑がある。

そしてレーニン広場には、日本人抑留者の手になる大きな“遺品”がある。
抑留された日本軍人・軍属によって建てられたビルがいまも国家公務員大学校として使われているのだ。
初めてハバロフスクを訪れたのは冷戦終結後間もない頃だったが、当時の話では、ソ連時代の建物はすぐダメになるが、日本人抑留者が建てた建物は頑丈で、そのことがロシア人をして日本人に対する畏敬の念を抱かせているとのことだった。

囚われの身となっても日本人の誇りを守り続けた先人を思い、私は複雑な誇りを感じた次第である。
日本人にとって強制労働の苦々しい記憶が染みついたハバロフスクは、19世紀に東方進出してきたロシア帝国によって拓かれ、1860年の北京条約によって清国からアムール川東岸地域が割譲されて発展した。

その後、1914年に勃発した第一次世界大戦最中の1917年にロシア革命が起きる。
極東のハバロフスクもその影響を受けた。

当時ロシアは、英・仏・伊・米・日本など連合国側に立ち、独・墺など同盟国と戦っていたのだが、各国は革命が波及することを恐れロシア革命に対する干渉戦争「シベリア出兵」(1918年8月)を行った。
こうして日本・英・米・加・仏・伊などがシベリアに軍隊を送ったのである。
日本軍は1918年8月にウラジオストクに上陸した後、北上してハバロフスクを占領し、西はバイカル湖のあるイルクーツクまで進出したのだった。

■圧倒的に親日派が多い

さてそんなハバロフスクから南へおよそ800kmのウラジオストクへはシベリア鉄道で行く。
21時の寝台列車オケアン号でハバロフスク駅を出発。寝台はなかなか快適だ。
一緒に行った友人と食堂車でビールを飲んでいると、隣のテーブルのロシア人男性2人が、ウォッカを飲むかと誘ってくれた。

「あんたは日本人か?」

2人のうちの1人が聞いてきた。
「そうだ」と答えると、「それならフレンドじゃないか!」と言って握手とあいなった。

ここから日露の“飲み合戦”が始まった。
そしてボトルを空にした我々は、固い握手とハグを繰り返した後、それぞれの寝台車に戻って深い眠りについたのだった。

ロシア人が親日であることは、以前からの私自身の体験で分かっていたが今回もまたそうだった。
ここに面白いデータがある。
日本の外務省が2016年(平成28年)に行ったロシアの対日調査によると、ロシア人の78%が日露が友好関係もしくはどちらかというと友好関係にあると答えており、さらに97%ものロシア人が、ロシアにとって日本との友好関係は重要もしくはどちらかというと重要と答えている。

なるほど、私はこれまで旧ソ連時代を含め何度もロシアを訪れたが、確かにロシア人は親日的で、嫌な思いをしたことがない。
むしろ戦後の焼け野原からあっという間に、戦勝国アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国に上り詰めたことに対する畏敬の念や憧れの言葉を耳にすることが多い。
ロシアでは、中国や韓国のように反日教育が行われていないことも原因なのかもしれない。

ライブドアニュース(NEWSポストセブン) 2018年4月11日 7時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/14561531/

※続きます

2 名前:ニライカナイφ ★:2018/04/11(水) 23:43:02.52 ID:CAP_USER.net
※続きです

■日本が誇る人道支援の拠点

シベリア鉄道の終着駅ウラジオストク。
ハバロフスクと同じく北京条約で沿海州地域を獲得したロシアによって拓かれたこの港町は、ロシア語で“東方の支配”を意味する「ウラジオストク」と名付けられ、その後、ロシアの東方の重要な軍港として発展した。

米ソ冷戦期には外国人の立ち入りが禁止されていたが、現在では世界各地から観光客が訪れ、「鷲の巣展望台」からはロシア海軍艦艇が停泊する金角湾を一望できる。
驚きとある種の戸惑いが湧き上がってくる。あれほど秘密にされてきた軍港が丸見えなのだ。

停泊した軍艦が見え、修理中の潜水艦も確認できる。
軍港を守るために築かれた数々の要塞も博物館として公開されており、冷戦期にはまったく考えられなかったことだ。

そんな軍港に、『収容所群島』の著者でノーベル文学賞作家のアレクサンドル・ソルジェニーツィンの銅像が建つ。
ソ連から国外追放され亡命生活を強いられていた彼が、ソ連崩壊後の1994年5月に亡命先のアメリカから戻って来たときに最初に足を踏み入れたのがウラジオストクだった。
ロシア海軍艦艇を目の当たりにし、ソルジェニーツィンの銅像が建つその光景に、共産主義の恐怖を脱して“自由”を勝ち取ったロシアの変化を実感する。

ウラジオストクで忘れてはならないことがある。
ここがポーランド孤児救出とユダヤ人救出という、日本が世界に誇る人道支援の拠点だったことである。

18世紀後半から始まった列強による「ポーランド分割」で帝政ロシアはポーランド領を侵食し、シベリアには強制移住させられた多くのポーランド人が暮らしていた。
1917年にロシア革命が起こり、翌年に第一次世界大戦が終結してようやくポーランドは独立を回復するも、シベリアのポーランド人は帰国できずに取り残されていた。
そこへロシア革命から生じた内戦が追い打ちをかけ、彼らは困窮を極めて餓死者や凍死者が続出したのである。

惨状を知ったウラジオストク在住のポーランド人が「ポーランド救済委員会」を立ち上げた。
だが資金不足で、すべてを救うことは不可能だった。

せめて子供たちだけでも祖国ポーランドへ帰してやりたいと駆けずり回った。
そのとき、日本赤十字とシベリア出兵していた日本軍が立ち上がったのだ。

シベリア出兵で最後まで撤退しなかった日本に対しては批判があったが、その点では残留が奏功した。
こうして日本軍と日本赤十字は、1921年から1922年にかけて765名のポーランド孤児を救ったのである。

そしてさらに、その20年後、今度はウラジオストクから日本がユダヤ人の命を救ったのだった。
1940年7月、ナチスの迫害から逃れるためにリトアニアの日本領事館に通過ビザを求めるユダヤ人が詰めかけてきた。

外交官の杉原千畝が大量のビザを発給して、約6000名ものユダヤ人の命を救ったことはよく知られている。
彼らはシベリア鉄道でウラジオストクに辿り着き、そこから船で敦賀に脱出したのだった。

日本はこのウラジオストクから、765名のポーランド孤児と、6000名のユダヤ人の命を救ったのである。
この人々にとってウラジオストクは、日本が開いてくれたまさしく“自由の扉”だった。
そんな誇りある歴史に思いを馳せながらウラジオストクの空気を思い切り吸いこんでみると、なんともいえず爽快な気分になる。

※SAPIO 2018年3・4月号

※おわり〆


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523457767

8 2月

【SAPIO】珍説:かつて韓国は東アジアの支配者だった!「日本は百済と新羅が作った」が韓国の定説

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2016/02/08(月) 07:59:22.54 ID:CAP_USER.net
◆「百済、新羅が日本作った」が韓国の定説 東アジアにも領土

キリスト、ソメイヨシノ、剣道……、様々な他国のものを何でも「自国発祥」にしてしまう韓国の“ウリジナル”
(韓国語の「ウリ=我々」をもじった造語)だが、ついに「日本列島は古代朝鮮の領土だった」と言い始めた。

朝鮮半島に「高句麗」「百済」「新羅」が鼎立した“三国時代”(4~7世紀)に「百済が日本を植民地支配していた」と、
古代史研究家で高麗大学名誉教授のチェ・ジェソク氏が主張するほか、韓国の大学で教鞭をとる日本人教授が
「日本列島は古代高句麗領土」と仮説を述べているのだ。

さらには、日本の地名や山、峠、島、寺院など27の名称に高句麗・百済・新羅・伽耶の
地名が使われていることなどを根拠に「日本は古代朝鮮の直轄領土だった」というのだ。

これらの主張に疑問を呈するのが、『日朝古代史 嘘の起源』の著書もある評論家の室谷克実氏だ。

「『魏志』には倭人伝の前に韓伝があります。
それによると、百済は朝鮮半島に50ほどある国のひとつだった。
一方、当時の日本には卑弥呼が統一した国がありました。
そのような状況でどうやって百済が日本を支配するのでしょうか。
また、韓伝には『(韓は)東西は海をもって限りとなし、南は倭と接する』との記述もある。
つまり、朝鮮半島南部が倭人の地であったことを中国の史書が示しているのです」

ここで、掲載した図をご覧頂きたい。
これは、韓国の歴史研究家が自身のブログで公開した「朝鮮三国時代の勢力図」を元に本誌が再現したものだ。

注目すべきは、日本を含む東アジアの広域を「朝鮮領土」としている点だ。
これは一般的な韓国人の古代史観を投影した図と言われている。
前出・室谷氏が語る。

「韓国では『百済や新羅が日本を作った』というのが定説となっています。
日本統治時代の朝鮮の歴史家、申采浩は『カタカナなどの日本文化はすべて百済人が作った』と主張した人物で、
古代朝鮮による中国支配説も唱えました。

一方、同時期の歴史家、崔南善も日韓古代史に言及し、
『百済も高句麗も新羅も日本に多くの植民地を持っていた』と書いています。

韓国の学者が主張する古代史の主張のほとんどは、この二人の影響を受けたもので、
古代史観の“源流”とも言える。
実証的な研究をほとんどせず、先人が構築した仮説を鵜呑みにし誤った歴史認識を拡散させているのです」

昨年は、政治資金疑惑の渦中にいた韓国の李完九首相(当時)が、「百済が日本を作った」と発言。
日本の歴史教科書を批判し話題となった。
近年、再び日韓の古代史がクローズアップされるようになった背景には何があるのか。

「韓国では、古代史をナショナリズムの扇動や政治家の保身に利用してきた経緯があります。
『東アジアを支配し、日本に文化を教えたのは我々だ』と煽ることで国民の溜飲を下げ、不都合なことから目を逸らせる。
古代史と絡めた主張や発言は今後も次々と出て来るでしょう」(室谷氏)

日本を「古代朝鮮の領土」と信じ込む韓国人の主張は、史上“最凶”のウリジナルと言えそうだ。

※SAPIO2016年3月号

解説図:珍説 かつて「韓国は東アジアの支配者」だった?
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160208-00000008-pseven-000-1-view.jpg


NEWS ポストセブン 2月8日(月)7時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160208-00000008-pseven-kr


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1454885962

7 11月

【SAPIO】黒田勝弘「日本人の嫌韓感情は「剥奪感」が原因?ちょっと待って欲しい、それは韓国への過大評価だ」

1 名前:ダーティプア ★@\(^o^)/ ©2ch.net:2014/11/07(金) 11:02:28.92 ID:???.net
先ごろ日本のある出版社の日韓モノ出版企画の座談会に出席した折、不思議な(?)言葉を耳にして驚いた。日本で高潮している
いわゆる反韓、嫌韓感情の裏には、韓国に対する日本人の「剥奪感」が作用しているというのだ。

つまり近年、威勢のいい韓国のせいで日本が被害、損害を被っているという意識のことである。反日への不快感のほか、たとえば
サムスンや現代など韓国企業のせいで日本企業がダメになり、日本が不景気になっているとか、スポーツや大衆文化でも日本が
押されて損をしているとか。

たしかに、先ごろ終わった「インチョン(仁川)アジア競技大会」では、日本のバドミントン選手がコートに突然、吹き付けた”疑惑の風”
で韓国選手に負け、女子ボクシングではインドの選手が不可解な判定で韓国選手に金メダルを奪われるといった「剥奪事件」はあったが。

しかし、日本社会で韓国に何か奪われているという「剥奪感」が生じているのは気になる。そんな感情がうだつの上がらない人々の
気持ちを刺激し、それが反韓になっているとは。

これ、本当なのだろうか。もしそうだとすれば、ちょっと待って欲しい。それは韓国に対する過大評価であり、日本に対する過剰な卑下だ。
もっと韓国の現状、日本の存在感に対するバランスの取れた見方が必要だ。

というのは韓国は「反日」にもかかわらず昔も今も「日本」があふれていて、むしろ韓国人の方が昔から日本に対する「剥奪感」に苛まれて
きたのだ。それは今も続いている。経済、文化をはじめあらゆる分野での”対日赤字感”ともいえるが、それがやっと最近になって
「韓流ブーム」などで収支改善の兆しが見えたに過ぎない。

■文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

※SAPIO2014年12月号

ソース:NEWSポストセブン‎ 2014.11.07 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20141107_285061.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1415325748

11 7月

【SAPIO】韓国のベトナム虐殺封印理由 被害者の立場維持が必要だから

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/07/10(木) 21:54:09.49 ID:???.net
 「歴史認識はその国が進むべき未来を示す羅針盤だ。過去の過ちを正視せずに新しい時代を切り開くことはできない。
過去の過ちを認めない指導者も新しい未来を切り開けない」
 今年3月、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は「3.1独立運動」の記念式典でこう述べた。

 この言葉は当然、日本に向けて語られたものだが、皮肉なことに、これほど韓国を正確に言い当てた表現はほかにない。
 韓国が正視してこなかった過去の過ち、それこそが韓国軍による「ベトナム大虐殺」である。

 いまから50年前の1964年から1973年にかけて、韓国はのべ32万人をベトナム戦争に派兵した。
 朴槿恵の父・朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(当時)は、アメリカからの信任や戦争特需を得るため、参戦に前のめりになった。

 韓国は、派兵の見返りとしてアメリカから多額の援助を得た。後に「漢江の奇跡」と呼ばれる韓国の経済発展は、
このベトナム戦争から始まったのだ。
 一方、その陰で韓国は、ベトナムにおける「負の歴史」を封印した。
 1万人以上とも言われるベトナム民間人の大量虐殺事件を起こしながら、そのことは韓国国内で一切の言及が許されない
タブーとされ、禁忌に触れたメディアは糾弾の対象とされた。
 それどころか韓国は、韓国兵によるレイプなどでベトナム人との間に生まれた子供「ライダイハン」の存在を黙殺しながら、
いまだに日本軍による慰安婦強制連行のデマを喧伝し続けている。

 なぜ韓国は、ここまでして歴史を歪めようとするのか。
 韓国はひたすら「被害者」だと訴え続けることで、日韓国交正常化の際には5億ドルもの金を得た。そしていまなお被害者だと
主張することで、様々な利益を得ている。それは金銭面だけでない。たとえば、韓国で噴き上がる政府への不満。
 その民衆の不満を「加害者」である日本に誘導して、ガス抜きを図る。被害者であることが、歴史的に正しいか否かは関係ない。
 韓国が存立するためには、被害者になりすまし続けなければならないのだ。
 
 韓国がベトナム大虐殺を封印しなければならない理由もそこにある。もしこの実態が白日のもとに晒されれば、
韓国が〝なりすまし被害者〟であるどころか、実際には戦争犯罪を行なった“加害者”であることが世界中にバレてしまうからだ。

※SAPIO2014年8月号

NEWSポストセブン 2014.07.10 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140710_265062.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1404996849

10 6月

【SAPIO】韓国人学生 米名門大で旭日旗ステンドグラス撤去要求も却下

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:27:49.00 ID:???.net
 アジアから遠く離れた米国で「反日」の狼煙を上げ続ける韓国系ロビー団体。カリフォルニア州グレンデール市では
「票」の力により慰安婦像が設置されてしまったことは本誌が報じてきた通りだ。しかし、米国の「本流エリート」相手には
彼らの無理筋な主張は通じなかった。ジャーナリストの高濱賛氏が報告する。

 * * *

 フィラデルフィア市郊外にある全米屈指の名門校、ペンシルベニア大学。広大なキャンパス中央部には古いレンガ造りの
芸術文化研究ホール(ARCH)がある。その食堂のステンドグラスが”告発”されたのは今年3月中旬のこと。同大に通う
韓国人学生が「旭日旗のデザインが施されている」として写真をフェイスブックに投稿したのだ。

 言い分はこうだった。
〈あれはどう見ても日本帝国主義のシンボル。韓国人だったら見ただけで吐き気を催す「戦犯旗」だ。そんな旗が
世界でも有数の最高学府にあるとは驚きだった〉
 食堂内のステンドグラスの一つには、確かに旭日旗によく似た意匠が施されている。白地に太陽の光を表わす赤い線を
あしらった「陸軍御国旗」(1870年制定)をモチーフにしたデザインだ。

 フェイスブックに投稿した学生は韓国系学生会幹部らと共にウィリアム・ギプソン副学長(学務担当)ら大学側と面談、
問題のステンドグラス撤去を申し入れた。
 この出来事を学生新聞「デイリー・ペンシルべニアン」が報じると(書いた記者は韓国系アメリカ人)、同紙ブログには
一般学生から「今、なぜこの旭日旗が問題視されなければならないのか」「コリアンよ、少し頭を冷やしたらどうか。
伝統ある最高学府であまり非常識で偏狭な態度をとるなよ」と韓国人学生を戒める意見が殺到。ブログを読んだ
大学関係者の一人は「アメリカのエリートたちの率直な気持ちが表現されていたと見ていい」と筆者に語った。

 数日後、撤去しない方針を固めた大学当局は韓国系学生らを招いて説明し、その理由を伝えた。ギプソン副学長ら
大学側はこう述べたという。
 「指摘されたステンドグラスにある旗(旭日旗)は1928年に設置されたもので、当時、キリスト教学生協会が世界中に
宣教活動を広げたことを示すシンボルの一つである。
 この問題について大学側が君たち学生と議論することはやぶさかではない。大学側としては学生諸君の問題提起に
関心を持っている。すべての人が満足するような解決策が出ることを期待するが、そのような解決策が出るのは
難しいとも思っている。我々が最大限理解している限りでは、ARCHに取り付けられたすべてのステンドグラスには
それなりの目的があった。こうした経緯についてはステンドグランス周辺に何らかの形で明記したい」(>>2以降へ続く)

※SAPIO2014年7月号

NEWSポストセブン 2014.06.10 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140610_259673.html

(問題の画像:朝鮮日報より)
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2014/03/20/2014032001270_1.jpg


関連スレ
【米国】大学のステンドグラスに旭日旗のようなデザインが…ただちに撤去せよ-韓人保護者協会が要請[03/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1395286824/l50

5 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/06/10(火) 19:29:46.72 ID:???.net
>>1の続き

 そこへキャンパス外から介入してきた団体がある。ニューヨークに拠点を置く「韓国系アメリカ人保護者協会」だ。
「保護者協会」と名乗っているが、実はペンシルベニア大学の韓国系学生とは全くの無関係。設立当初、韓国移民の
児童たちの面倒を見る「保護者」的役割を始めたところからこの名称が用いられている。ニューヨーク州に
慈善事業団体として登録されているが、実態は韓国系のロビー団体。

 今年1月には、店内に長時間居座る韓国系高齢者たちを「商売に影響が出る」として警官に排除させた
ニューヨーク市クイーンズ区のマクドナルド店舗に抗議、謝罪を引き出した。2月と3月には「旭日旗反対闘争」を
それぞれ展開するなど、行動派の団体だ。

 同会共同会長のチェ・ユンヒ女史は次の書簡をエイミー・ガットマン学長に送りつけた。
「アメリカ社会では日本の帝国主義とアジア侵略のシンボルである『戦犯旗』に関する認識が欠如している。
 この旗はナチスのハーケンクロイツの旗と同じだ。世界屈指の最高学府であるペンシルベニア大学には
『ヒューマニティを助長させる知識』という校風がある。その大学のキャンパス内に『戦犯旗』のデザインが
飾られている事実は極めて衝撃的だ。速やかにこれを撤去することを期待する」

 大学当局は韓国系学生たちに回答した経緯を説明する返書を送り、問題はすでに解決済みとの見解を示している。
 「建国の祖」の一人、ベンジャミン・フランクリンが創設した伝統校。新参者の韓国人学生やその支援団体に
270余年の歴史を書き換えさせるほど馬鹿ではなかった。

※SAPIO2014年7月号

(おしまい)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1402396069

13 4月

【SAPIO】偽証罪が日本の60倍以上発生の韓国、友好関係構築には国民性の違い理解する寛容さが必要

1 名前:雨宮◆3.yw7TdDMs:2014/04/13(日)17:54:50 ID:bWPyDD8Vv
〈泥棒がバレても弁明する。〉
〈処女が子を産んでも言い分はある。〉

 いずれも韓国のことわざだ。自分に非があったり、とても言い逃れできない状況であったりしても、
とりあえず言うだけ言っておいたほうがいいという教えである。

 それが国民性のすべてを物語るとまでは言わないが、
例えば近年の犯罪統計でみると詐欺事件は日本の5倍以上、偽証罪は60倍以上も発生している。
人口比を考えれば、発生率はさらにその2倍以上の開きがあるということになる。

 経済協力開発機構(OECD)が毎年まとめる「より良い生活の指標」で韓国は常に下位に低迷しているが、
とりわけ「共同体(community)ポイント」が低く、2013年版では36か国中34位である。
(中略)
 韓国と友好善隣関係を築くには、悲しいことだがそうした国民性の違いを理解する寛容さと辛抱強さが必要になる。

http://www.news-postseven.com/archives/20140412_250922.html

【ポストセブン】 韓国の嘘バレる日迫る今こそ手を差し伸べる包容力見せるべき [04/11]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397266038/


引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397379290/

3 4月

【SAPIO】韓国の反日風潮に変化 大統領の過剰政策に国内からも批判

1 名前:雨宮◆3.yw7TdDMs:2014/04/03(木)08:53:55 ID:JeAEimh4S
最近、韓国では日本製品や文化、日本人が大好きな韓国人のことを「イルポン(日本中毒)」と呼ぶ。
「日本」を表す「イルボン」と「ヒロポン」(かつて存在した覚醒剤の商品名で韓国でも知られている言葉)を
合わせた造語だ。日本に憧れ、歴史問題などで韓国の主張より日本を信じるようなイルポン現象に火がつき始めているのだ。

在韓ジャーナリストの藤原修平氏と、新刊『嘘つき韓国の正体』(小学館ポスト・サピオムック)を上梓した
SAPIO編集部の取材班が韓国の最新事情をレポートする。

韓国人が日本を好きになる理由はさまざまだ。
20~30代に多いのが、中学や高校で第2外国語として日本語を選択したことがきっかけで
日本のアニメやドラマに親しんで日本に興味を持ったパターン。
40~50代では、幼少期から両親や祖父母から日本統治時代のことを聞かされて育ち、自然と日本への親しみを持った人が多い。

ただしここ数年は、李明博・前大統領が日韓首脳会談で慰安婦問題の解決を突然迫り(2011年12月)、
竹島上陸を行なう(2012年8月)などのパフォーマンスもあって反日機運が高まり、「日本が好き」と言うことが憚られる世相になっていた。
最近、その風潮に変化が見られるようになったのには理由がある。
後を継いだ朴槿恵・大統領の行き過ぎた反日政策に、国際社会だけでなく韓国国内からも批判が出始めたのだ。

今年1月27日付の韓国紙・中央日報電子版は1949年に死去した韓国の有力政治家・金九の言葉を引きながら
「親日派がもっと出てくるべき。いなければ育てよ」とする論説を掲載した。
記事は日本との関係改善こそ韓国経済にとって重要であると位置づけた上で、
「日韓首脳会談をいつまでも拒否すべきでない」「経済報復や嫌韓感情を刺激するのは自殺行為」
「感情を抑えて冷静に日韓関係を構築しなければならない時期」などと述べている。

日本統治時代を知る92歳の男性は、当時の日本が朝鮮半島の近代化に大きく貢献したことを実感しており、
「それを否定して反日行動に走る若い連中は当時のことを知らないだけ」と言い切る。

元公務員で現在は日本を相手に商売する50代のビジネスマンは、韓国が国際的にロビー活動して
「日本海の呼称を東海に変えよ」と運動することに苦言を呈する。

「国際的にはJapan Seaと言うじゃないですか。韓国語の言い方を押し付けたところで、何の得にもならない」
(後略) ※SAPIO2014年4月号

http://www.news-postseven.com/archives/20140403_246121.html


引用元:http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1396482835/

13 1月

【SAPIO】黒田勝弘「安倍・日本叩きを楽しんだ韓国マスコミ、朴大統領の反日路線に異論唱え日韓首脳会談求め始めた」

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/13(月) 10:25:42.11 ID:???
今年2月25日に就任1周年を迎える韓国・朴槿惠大統領。歴史認識を巡る日本への強硬姿勢、中国偏重外交で、米国はこれまでになく朴政権への不信感を強めている。
その現状について、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が報告する。
 
 朴槿惠政権にとって新年は相当、厳しい年になりそうだ。1年目の「ご祝儀相場」も賞味期限が切れ、2年目は中身が問われる。
初年度ずっと60%近くで推移した支持率も年末には48%にまで落ちた(12月21日付「朝鮮日報」掲載の韓国ギャラップ調査)。
世論調査によると「最もよくやっている」のは「外交・国際関係」で「最もよくない点」は「疎通(対話)不足」という。
つまり「国内問題ではいまいちだが外交はよくやっている」というのが1年目の大方の評価だ。

しかし、内外情勢ともに2014年の展望は明るくない。特に昨年末、北朝鮮から飛び込んできた張成沢粛清の報せは不気味だ。
2013年は前半の「戦争扇動」に続き、後半は血生臭い権力闘争で暮れた。朝鮮半島情勢の不透明感は一気に増した。

また、ハネムーン気分だった対中関係も、突然の「防空識別圏設定」という中国の覇権行動で冷や水を浴びせられ、朴政権の対中片思いが早くも露呈した。
朴大統領は就任以来、中国をはじめあちこちに出かけては「東アジアの安定と平和の不安要因は日本の右傾化」とぶって回ったが、この国際情勢認識がいかに的はずれであるかが明らかになった。
東アジアの不安要因は、中国の軍事的膨張と北朝鮮の金正恩体制であることが確認されたのだ。

日本に対しては1年中、「右傾化」とか「軍国主義復活」「歴史不感症」などといって極端な「安倍叩き」を楽しんできたマスコミは、
ただならぬ周辺情勢を背景に不安感を募らせ、朴大統領の「親中・反日路線」に異論を唱えだしている。
歴史認識問題にこだわり、日韓首脳会談を拒否し続ける態度に批判が高まっているのだ。

大手新聞は一斉に首脳会談早期開催を主張し、彼女の頑なな「安倍拒否」に対しては政界・外交界からも不満と不安の声が上がっている。
「日本外しの韓国外交はありえない」(大手紙論説委員)からだ。

しかし朴大統領にとって対日ハードルを下げる決断の足かせになっているのは、政治家としての「原則重視」「約束は守る」「ブレない」というこれまでの看板だ。
看板にこだわって動きがとれない状態を打開するには「経済建設のため戒厳令で世論を抑えて日本との国交正常化を決断した父・朴正熙の実利・国益外交に学ぶ」(同前)しかない。

アジア太平洋で覇権を狙う中国や激変の北朝鮮情勢を見れば、日本との間で迂遠な歴史問題にこだわっている時ではない。「平壌有事」は現実味を帯びつつある。
韓国はここでさらに中国に擦り寄るのか、それとも米日に立ち返るのか。朴槿惠政権にとって新年は大きな選択の岐路になる。※SAPIO2014年2月号

http://www.news-postseven.com/archives/20140113_235590.html

【女性セブン】黒田勝弘「韓国人は日本のものが大好き。マスコミや政治が突出して反日的なだけ。反日デモ参加者もいつも同じ顔ぶれ」[1/8]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389118725/l50


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389576342

30 11月

【SAPIO】大前研一氏「日本と韓国は産業構造的に見ると『運命共同体』、安倍首相は歴史認識共有する良好な日韓関係構築せよ」

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/30(土) 16:22:01.05 ID:???
慰安婦問題、竹島不法占拠、パクリ産業……韓国がついてきた「嘘」で日韓関係は悪化の一途を辿っている。
国際情報誌『SAPIO』ではその嘘を暴く特集を組んでいる。特集のなかの記事で、
悪化した日韓関係について大前研一氏が解説している。その一部を紹介する。

「日本の占領によって、どんなメリット・デメリットがあったか」というバランスシートを作り、
「対日関係の棚卸し」を韓国にさせることは、簡単ではないが、決して不可能ではない。
その理由のひとつは、韓国経済は今でも「日本の素材・部品や機械なしには成り立たない」という事実だ。
 
韓国に「独自の経済」があると思うのは誤解である。韓国は産業インフラが育たず、
自前のエンジン(リバース以外のエンジニアリング)を持っていないため、
ほとんどの製品は日本から機械や部品を買ってきて組み立てているだけである。
つまり、韓国メーカーは日本の機械と部品がなければ製品を作ることができないのだ。
 
韓国では技術者のポジションが非常に低く、文系より下に置かれている。
これは企業見学に行けばすぐにわかるが、文系の人たちは立派な高層ビルの本社にいるのに、
技術者はたいがい工場の2階などの狭苦しいスペースに押し込められている。

技術は長い時間をかけて研究開発してもなかなかペイしないから、
買ってこられる機械や部品は買ってくればいい、というのが経営者の考え方なのである。
したがって自分たちでイノベーションすることがなく、常に日本の借り物、パクリが伝統になっているわけだ。

言い換えれば、実は日本と韓国は産業構造的に見ると“運命共同体”である。
たとえば為替が円高ドル安になったら日本の輸出企業が打撃を受けるが、
韓国企業も日本からの機械や部品の買い入れ価格が高くなるから競争力を失う。
したがって、韓国が日本から独立して経済的に繁栄するということはあり得ない。

だからこそ日本は韓国に働きかけ、
対日関係を棚卸しさせて両国の国益につながる良好な関係を構築すべきなのである。

安倍晋三首相は、自分の信念を叫んで韓国を刺激するだけだが、
大切なのは主張するだけではなく、お互いに「作業」を行なうことである。

たとえば、韓国では朝鮮出兵の豊臣秀吉、征韓論の西郷隆盛、初代韓国統監の伊藤博文が
“日本の三悪人”と評価されている。しかし、この人たちの日本における評価は全く違うのだから、
歴史を日韓の両側から冷静かつ客観的に検証して整理し、「正しい歴史認識」を共有する作業が必要だろう。
棚卸し作業を通じて韓国内の“複雑骨折”から生じた反日感情を直していければ、
日韓関係をインドとパキスタンのようにしてしまう前に救える可能性がある。※SAPIO2013年12月号

http://www.news-postseven.com/archives/20131130_226477.html


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385796121

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ