韓国軍事

19 9月

【韓国軍事】「時間がない 」 敵味方識別装置モード5への切り替え事業 韓国軍核心戦力3200台のアップグレードが必要

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2015/09/19(土) 00:02:34.34 ID:???.net
 米軍が武器体系の目と神経網のような装備の性能を一斉に改良するように、私たち軍に通達しました。
 性能改良対象装備は、敵機と味方機を区別する敵味方識別装置とイージス艦などの敵標的情報を共有する
戦術データリンクです。
 この二つの装備をアップグレードする必要がある私たち軍の武器は3,200台、全て堅実な核心戦力です。

 期限は2019年までです。2020年から米軍からアップグレードされた敵味方識別装置とデータリンクを稼動するためです。
 私たちはただ従うしかありません。実際に私たちだけでなく、日本もヨーロッパのNATOも米軍の要求を黙々と受け入れる。
 拒否すると、自国の兵器システムの目と神経網が詰まってしまう災いを招くので、米国の意思には逆らえません。米国はすごいです。

●昨年に電撃通知...「時間がない 」
 米軍は、昨年4月25日から5月2日開かれた韓米指揮統制の相互運用性委員会で、「2020年から敵味方識別装置
モード-4用連合パスワード資材と戦術データリンクのリンク-16端末の動作を停止する」という青天の霹靂のような口頭通知をしました。
 私たちの軍は、公式文書で米軍の意を伝達して欲しいと要請、同じような内容の文書が昨年5月21日、韓国軍に到着しました。

 敵味方識別装置を現行モード-4からモード-5に切り替え、データリンクはリンク-16をアップグレードして適用するという通知です。
私たちの軍の足の甲に火が落ちました。合同参謀は早めに調査に着手しました。結果は衝撃的でした。
私たちの軍戦力3,200台に手を入れなければならないことを示していました。

 具体的にみると、さらに苦しいです。
 早期警戒機、海上哨戒機などの監視偵察戦力20台、戦闘機などの空中戦力540台余り、艦艇などの海上戦力270台余り、
ヘリなど航空戦力680台余り、対空砲など防空戦力1,670台です。
 私たち軍戦力の中核です。単純規模のみを見ても、私たちの軍全体の装備12,480台の25%の水準です。
また、データリンク改良対象は空軍戦力160機と海軍イージス艦3隻です。

 合同参謀は、陸海空各軍に再度改良対象装備を確認して、改良作業の範囲と期間、費用などを算出して所要の提起するように
指示しました。
 去る7月には、米軍側に性能改良に関する詳細情報を要求しました。
 陸海空軍も米軍も現在まで合同参謀に答えを出していません。

●再来年に着手しても...
 費用は最低10兆ウォン以上と推定のみになるだけで正確にわかりません。
 性能改良の期間がどのくらいになるかもわかりません。お金もお金だが問題は期間です。武器システムによっては改造レベルの
大型工事が必要になります。
 それでも国内で大型工事をすることができれば幸いです。
 米国から買い付けた主要兵器システムは、私たちの軍が改造できる権限もありません。
 米国に送ってこそ性能改良が可能であることを意味します。大型武器を船に乗せて送り、返ってくるだけで数ヶ月かかります。

 離脱する重要な装備が続出するしかないのに、2020年以前に3,200台の改良を終えることは不可能課題です。
 来年の予算は一昨日(8日)、国会に提出されて、来年事業開始はすでに水を渡っていきました。
 急いでも再来年の予算を受けて、再来年から始めることができます。残り時間は2017年、2018年、2019年の3年間です。
 KF-16 134機の性能改良事業だけでも、何年も事業者の選定作業を撚り合わせて迷っていますが、1年に1,000機以上ずつの
性能改良をしてくださいというでしょうのか。

 米軍が公式に通達してから1年4ヶ月が過ぎても足踏みしている韓国軍は情けないが、同盟国の事情などは眼中にもない米軍は
薄情です。
 米国の立場では、自国の防衛産業企業が座っていても大金を稼ぐことなのに冷たく、時間もありません。
 性能改良しないわけでもなく、しなくても耐えられる工夫もありません。

 韓米同盟キャッチプレーズが「一緒に行きましょう」です。
 在韓米軍と駐韓米国大使館の挨拶は機会があるたびに、「一緒に行きましょう」を叫びます。どうか一緒に行きましょう。

キム・テフン記者

SBS News 2015.09.10 13:28 (原文は朝鮮語)
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003163333

関連スレ
【韓国軍事】韓国空軍のKF-16戦闘機が2020年から作戦投入不可に? 相互識別装置の性能改良事業が増大する予算のために中断[9/8]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1441805875/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1442588554

10 9月

【韓国軍事】韓国空軍のKF-16戦闘機が2020年から作戦投入不可に? 相互識別装置の性能改良事業が増大する予算のために中断

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2015/09/09(水) 22:37:55.43 ID:???.net
<アンカー>
戦闘中に最も重要なことは味方なのか敵なのかを識別することでしょう? 戦闘機も同様です。
戦闘機は特有の電子信号を送って、味方の戦闘機なのか、それとも敵機なのかを互いに区別します。
ところが私たちの空軍の主力戦闘機『KF-16』の相当数が、この相互識別装置の性能改善が遅れ、
2020年からは作戦に投入できない危機に置かれました。
ニュース・イン・ニュース、キム・テフン記者です。

<記者>
私たちの空軍の主力戦闘機KF-16は計134機です。
空軍は、昨年から毎年10余機ずつKF-16の主要性能を改良する1兆8千億ウォン規模の事業を計画しました。

戦闘機の脳に該当する任務コンピュータを、イージス艦や早期警戒機などと情報を共有する戦術データリンク、
そして相互識別装置が主な改良対象です。

ところが性能改良を引き受けた多国籍防衛産業企業『BAE』が事業費を1兆8千億ウォンから2兆6千億ウォンに
8千億ウォン上げてほしいと要求して性能改良事業が中断されました。

アメリカと同盟国の相互識別装置が2020年からモード4からモード5に切り替えられるのに、KF-16は手も足も
出せない状況になってしまいました。

すべての戦闘機は相互識別装置から送られる信号を通じて100~200km外でも味方機なのか敵機なのかを
区別しますが、KF-16はこの機能を使うことができなくなるという話です。

性能改良事業を来年に始めても、2020年にはKF-16,134機の80%以上が相手の戦闘機を区別できなくなるものと
空軍は懸念しています。

ソン・インチュン/セヌリ党議員・国会国防委 「相互識別装置を性能改良事業から外して別に行えば良いのでしょうが、
これを別にあれを別にと工事をすれば、戦闘機を運用しない期間が長くなり、それもできないことです」

KF-16に戦術データリンクがなく、イージス艦や早期警戒機の情報をすぐに受け取ることができないことも大きな問題です。

空軍内部では全体的な性能改良事業は後回しにし、相互識別装置だけでも交換しなければならないという
主張が出てきています。

SBSニュース 2015.09.08 22:35 (原文は韓国語:ソース元に動画あります)
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003161270


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1441805875

23 9月

【韓国軍事】軍が定める作戦要求性能に0.7秒遅れて.. K2戦車国産化が水の泡になる危機

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/09/23(火) 10:05:54.86 ID:???.net
(依頼スレ>>649さんが翻訳してくれました。多謝)

(画像)
http://i2.media.daumcdn.net/svc/image/U03/news/201409/23/hankooki/20140923044705685.jpeg


 陸軍の次期主力戦車K2(フクピョ)戦車が加速性能試験で0.7秒遅れて国産化が水の泡になるところだ。
政府は2005年以後10年目K2戦車を開発するのに1,300億ウォンを一度に注いで国産名品武器で宣伝して
きたが、軍当局の釈然としない基準に足かせをかけられて国産化可否に対する最終結論を下せずにいる。

 22日軍当局によれば、国産開発中のK2戦車は最近停止状態で8秒中に時速32kmで速度を高める試験評価
を経た。 開戦状況で時の砲弾を避けて生存性を高めるためだ。 だが、結果は8.7秒に出てきた。 軍当局が要求
した作戦要求性能(ROC)は8秒だったために0.7秒遅れたのだ。

 これに対して合同参謀本部と防衛事業庁の評価がそれぞれ違ってK2(フクピョ)戦車の国産化にブレーキが
かかった。 K2戦車のため国産化を主導している防衛事業庁は戦車に適用する加速性能ROCが過度だという
理由で今月の初め合同参謀に公文書を送って基準を緩和することを要請したと分かった。 だが、合同参謀は
"一度定めた基準を変えることはできない"という理由で公文書を返還して互いに気力の戦いだけ行うと伝えられた。

 特に合同参謀は先立って2011年防衛事業庁が加速性能基準の問題点を発見して変更を要請するとすぐに
"認められる"として肯定的に返事をして今回は突然言葉を変えたという批判を受けている。 合同参謀が頑強に
出てくるとすぐに防衛事業庁も今回は"ROC変更は合同参謀所管"としながら事実上手を離していると分かった。

 国防部周辺では合同参謀が唯一K-2戦車に対してだけ厳格な定規を適用しているという指摘も出ている。 実際の
陸軍の主力であるK1戦車と改良型であるK1A1戦車の場合、時速32kmに到達する基準として10秒を適用するのに
反してK2戦車は8秒を適用して論議が少なくなかった。 政府関係者は"K2戦車は武器を全部搭載すれば重さが
55トンに達する"として"せいぜい0.7秒が遅れるといって時の砲弾に合うと考えるのはナンセンス"と話した。

 K-2戦車に要求している加速性能は軍事教範と比較した時も過度だという指摘だ。 戦車の生存条件陸軍教育司の
作戦運用基準によれば25秒中に100mを移動すれば戦車が生存することができる。 射程3,000mである敵戦車誘導弾
(AT-3)が到達するのに25秒かかるので戦車が標的で100mだけ機動すれば被害を免じることができるという計算だ。
K2戦車の場合、停止状態で時速32kmで高めるのに9秒がかかるといってもこの速度ならば25秒中に182mを移動
できて何の問題がないというのが専門家たちの評価だ。

 先立ってK2戦車は2011年エンジンと変速機を結合したパワーパックの耐久性が基準に至らなくて一度国産化が
遅れたことがある。 当時軍当局は戦車戦力化の緊急性のためにK-2戦車にドイツ製パワーパックを装着した
'半国産K-2戦車'を開発して去る6月陸軍に供給した。

media.daum.net 2014.09.23 04:47
http://media.daum.net/mainnews/newsview?newsId=20140923044705136#page=1&type=media


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1411434354

4 7月

【韓国軍事】韓国型戦闘機(KFX)のエンジンは「双発エンジン」と暫定決定 今月にも案を発表

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/07/04(金) 00:03:26.37 ID:???.net
(翻訳記事です)
(画像)
http://cphoto.asiae.co.kr/listimglink/6/2014070311352320505_1.jpg


[アジア経済ヤンナクギュ記者]

 3兆ウォン規模の韓国型戦闘機(KFX)エンジン事業の「双発エンジン」を採用することで大枠が決定した。
 防衛事業庁は、今年初めにKFX事業を発表し、先月対象企業を選定する予定だったが、関連機関と企業間の
エンジンの選定論議で事業が遅れていた。

ヤンナクギュ記者のDefense Clubショートカット

 軍関係者は3日、「国防部TFチームでこの日の午前、最終的な評価を通じて、KFXのエンジンを双発エンジン
とする暫定結論を下し、今月中に合同参謀会議で発表する予定だ」と話した。

 KFXは、ハイ(high)級、ミドル(middle)級、ロー(low)級などに区分された空軍の戦闘機のミドル級に該当する。
 ミドル級は機動性はKF-16と似ているが、搭載されるレーダー、電子機器などは、より優れた戦闘機をいう。

 国防部は2022年までに120台以上の新型韓国軍戦闘機を電力化するという目標だ。しかし、エンジンの選定をめぐり、
関連機関と企業の論議は絶えなかった。
 単発を主張する側は、T-50シリーズを製作する韓国航空宇宙産業(KAI)と韓国国防研究院(KIDA)である。
 一方、国防科学研究所(ADD)と空軍は双発エンジンを要求してきた。
 KAIとKIDAは、海外輸出のために価格を下げるには、エンジンは単発でなければならないと主張したが、
ADDと空軍は、多くの機器や武装を搭載、パイロットの生存性のために、双発でいくべきだと反論した。
 KFXのエンジンは双発であると決定されると、ユーロファイターに使用されたユーロジェット」EJ200」、
F-18に入るGE社の「F414」が有力である。

 ユーロジェットの最大の株式を保有しているロールス・ロイスは、KFXのエンジンの国内生産と技術移転を条件として
提示した。GE社のエンジン配達に自信を見せている。GE側は、既存の戦闘機事業を通じて性能を証明されたため、
双発でも単発でも競合他社よりも有利な位置にあるという立場だ。海外のエンジンメーカーがKFXに興味を持つのは、
国内生産規模のほか、輸出の可能性である。

 KFXの価格競争力が付加されれば、最大600台程度の輸出が可能と見ている。エンジンメーカーが選定されれば、
国内防衛産業企業のサムスンテックウィンと手を取り合って、国内生産を行うだろうと業界では予測している。
 サムスンテックウィンは、委託ライセンス生産をすることができる国内唯一の防衛産業企業である。
 国内生産をする場合、エンジンの分野だけで100社以上の中小企業が海外メーカーからの技術移転をメリットとして
提供されるだろうと期待されている。

 防衛事業庁関係者は「合同参謀会議で最終決定がされるようにシステムを開発基本計画を立てて、
今年中にメーカーとの契約を終える計画だ」と伝えた。

アジア経済 2014.07.03 13:39
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014070311352320505


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1404399806

24 5月

【韓国軍事】国産K1戦車2022年までにデジタル仕様改良

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2014/05/23(金) 20:55:32.91 ID:???.net
(ハングルの原文を機械翻訳した後、記者が微修正)

(画像)
http://www.segye.com/content/image/2014/05/22/20140522003715_0.jpg


 陸軍が現在使用中のK1、K1A1戦車がデジタル時代に合わせて大幅に改良されている。防衛事業庁の関係者は22日、
「既存のK1A1戦車は2022年までにA2版に改良し、K1は、2026年までにK1E1仕様に変わる」と明らかにした。K1E1戦車の「E」は
「強化(Enhanced)」という意味の頭の文字である。改良作業を終えたK1E1戦車は来たる6月、K2黒豹戦車の実戦配備のために軍へ
引き渡される予定である。K1A2戦車は昨年末から一線に配置され、MBC「本物の男」に登場したことがある。

 4000億ウォンの予算を投入して行われる電車の改良の核心は「戦場管理システム」だ。戦術C4Iをはじめ、敵味方識別装置、
航法装置などと連動して、デジタル地図に自分と味方の位置はもちろん、敵の位置までリアルタイムで表示する。
 既存の無線通信方式に比べて通信にかかる時間ははるかに短く、各部隊との合同作戦には大きな助けとなる見込みだ。

 このほか、前面から背面への監視カメラを装着して操縦手の死角を最小化する。最新味方識別装置と衛星航法アンテナも
設置されて誤認射撃を防ぐことになる。戦車の改良は、陸軍総合整備ウィンドウで引き受けることにされ、完了予定は、
来たる2026年である。一度に多くの戦車を改良する場合、安保空白の危険性があり、整備費のサイクルに合わせて行われる。

 軍当局は、1700台に達するK-200装甲車もデジタルシステムを装備するなどの改良作業を推進することが分かった。 国産戦車の
整備費がすべて完了したら、アメリカ製旧型M-48戦車は退役する。代わりに、C4I 機能を搭載したK21歩兵戦闘装甲車とK2黒豹戦車、
K1E1とK1A2戦車まで実戦配備されると、総数はやや減少しても、陸軍機甲部隊の戦闘力は一層高まるものと思われる。

segye.com 2014-05-22 17:44:16
http://www.segye.com/content/html/2014/05/22/20140522004872.html

関連スレ
【軍事】韓国K-2黒豹戦車が量産突入…6月に軍へ初めての引渡し[04/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397531430/l50
【韓国軍事】2022年までに陸軍兵力を63万から52万へ削減 女性の兵役義務化で対応の案も[03/11]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1394619848/l50


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1400846132

7 3月

【韓国軍事】韓国陸軍、11万人削減へ…穴埋めは先端武器の導入と熟練した副士官の増員

朴槿恵(パク・クネ)政権の国防改革の方向性が6日、明らかになった。
シム・ヨンシク国防部国防運営改革推進室長は
「韓米同盟の発展と南北軍事関係の変化推移など国内外的な安保情勢と国防環境の変化を反映した」と説明した。

朴大統領がこの日裁可した「国防改革基本計画2014~2030」で最も目につく部分は兵力縮小だ。
人口減少によって2018年から5年間、陸軍の兵力を11万1000人減らす。
海軍(4万1000人、海兵隊2万9000人を含む)と空軍(6万5000人)の兵力はそのままだ。
この結果、現在63万3000人の兵力が2022年には52万2000人になる。

陸軍戦力の空白についてシム室長は「先端武器の導入と熟練した副士官の増員によって解決できる」と話した。
現在11万6000人である副士官を2025年までに15万2000人から3万6000人に増やすという話だ。
また先端化した監視・偵察装備や指揮統制体系などを導入して所要人材を最小化することにした。

部隊構造も改編される。現在の1・3軍野戦軍司令部を1つにした「地上作戦司令部」が作られる。
合同参謀議長の作戦指揮を受けて軍団を指揮することになる。こうなれば現在8人の隊長のうち1人が減る。
ただし2015年末に予定された戦時作戦統制権返還の延期が議論されており、結果によっては創設時期は調整される予定だ。

海軍は兵力規模を維持しながらも潜水艦司令部や特殊戦線隊、起動戦団を創設して未来戦に備える。
上陸機動ヘリコプターを導入する海兵隊にも航空団を創設する。
空軍もやはり戦術航空統制団(ASOC)・航空情報団・衛星監視統制隊を創設して、陸軍を支援し情報獲得能力を高めることにした。

野戦軍司令部の解体に備えて、軍団に作戦遂行の中心軸を移すことも今回の計画の核心だ。
現在は軍団長が戦闘機やヘリコプター支援が必要な場合、野戦軍司令官の裁可を得て空軍やヘリコプター運営部隊に要請しなければならない。
しかし作戦遂行体系が変われば、軍団長が必要な戦力を自身の判断で使うことができる。
多目的実用衛星と中・高度の無人偵察機、韓国型機動ヘリコプターなど先端戦力を備えるという計画だ。
こうなると現在30×60キロメートルの作戦範囲が60×120キロメートルに4倍ほど拡大する。
軍団の数は8から6に減るが、作戦地域が広くなって力が強化されるということだ。

兵力は11万人余り減るが、先端武器体系を通じて効率的で多様な作戦を展開できるというのが軍当局の説明だ。
だが先端武器導入のためには莫大な予算が必要だ。毎年7.2%前後の予算が増額されなければならない。最近の国防費増加率は4%前後だ。
国防部は、北朝鮮の局地挑発時に断固として報復するという積極的な抑制概念を、
平時にも北朝鮮の威嚇がある場合には先制的に対応するという「能動的抑制概念」に修正した。

ソース 中央日報 2014年03月07日09時30分
http://japanese.joins.com/article/661/182661.html

17 1月

【韓国軍事】地中貫通爆弾(バンカーバスター)「GBU-28」、200発(約68億円)配備完了

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/17(金) 00:09:12.25 ID:???
地下30メートルまで貫通して爆発する、5000ポンドのレーザー誘導地中貫通爆弾である
バンカーバスター「GBU-28」について、韓国軍がすでに実戦配備していることがわかりました。
これは、防衛事業庁が15日に明らかにしたものです。

配備したのは、地下30メートルまで貫通して爆発し、地下の核施設などを破壊する威力を持つ、
5000ポンド級のレーザー誘導バンカーバスター「GBU-28」で、
去年から始まっていたアメリカからの引渡しが先週終わり、
空軍F-15Kの最新鋭戦闘機に200発装着したということです。

これについて、防衛事業庁は、「開戦の初期段階で、
北韓軍の地下核施設やミサイル基地などを無力化させることができる」としています。

韓国軍は、2007年から、およそ700億ウォン、68億円あまりをかけて、
「GBU-28」の導入事業を進めていました。

当初、アメリカは、「GBU-28」を戦略兵器に分類して輸出を制限していましたが、
北韓が2009年5月に2回目の核実験を行ったことを受けて、政府間の兵器取引の形で、
韓国への輸出が認められたものです。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=48957&id=Po


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389884952

21 12月

【韓国軍事】PKO:南スーダンの韓国軍駐屯地、反政府軍の支配下に

1 名前:壊龍φ ★:2013/12/21(土) 09:44:26.25 ID:???
韓国軍スポークスマン「隊員は現地に滞在しているが今のところ安全」

 韓国軍ハンビッ部隊が駐屯する南スーダンのジョングレイ州が反政府軍の支配下に置かれた。中東の衛星テレビ局
アルジャジーラなど外信が19日に報じた。同部隊は南スーダン復興支援のため、現地の国連平和維持活動(PKO)に
派遣されている。隊員らの安否について韓国軍スポークスマンは「今のところ安全に問題はない」と説明した。

 外信などによると、南スーダンの首都ジュバで発生した政府軍と反政府軍による戦闘は、現在北部の町ボルにまで
戦線が拡大しているという。政府軍スポークスマンのフィリップ・アグエル氏は「わが軍はボルの統制力を喪失した」と
述べた。またボル市の市長は「反政府勢力は都市を掌握し、民間人に対しても攻撃を加えている」とし、数千人の
住民が避難していると発表した。

 この問題と関連して上記の韓国軍スポークスマンは「今のところハンビッ部隊に被害は出ておらず、隊員たちも安全だ」
と説明。部隊は活動を一時中断しているが、まだ現地に滞在しているため、警備を強化し不測の事態に備えているという。

 韓国軍スポークスマンは「南スーダンでは激しい部族対立に伴う戦闘が起こっているが、ハンビッ部隊はこの戦闘が
自分たちに飛び火することはないと判断し、即時撤収は考えていない」とも説明した。AFP通信によると、米国や英国などは
自国民保護のため現地に輸送機を派遣し、また外国人の一部は隣国のウガンダに避難しているという。

 工兵部隊が中心のハンビッ部隊は、今年3月からジョングレイ州の復興支援のため国連南スーダン派遣団(UNMISS)の
一員として現地に派遣されている。10月には第2陣として280人余りが追加で派遣され任務に当たっている。

チョン・ヒョンソク記者


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版: 2013/12/20 09:44
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/20/2013122000861.html


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387586666

12 12月

【韓国軍事】防事庁、双発タイプの韓国型戦闘機(KFX)を開発へ-開発費は約2兆ウォン(2千億円)増

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/12/11(水) 22:11:16.43 ID:???
米国のF16戦闘機と同水準の韓国製戦闘機の開発を目指す
「韓国型戦闘機開発事業(KFX)」に関して、防衛事業庁(防事庁)が、
2基のエンジンを搭載した双発機を開発する方針を暫定的に決めたことが分かった。

KFXの開発費は当初の6兆ウォン(現在のレートで約5890億円、以下同じ)から
8兆ウォン(約7854億円)に増え、開発時期も当初の2021年より2-4年ほど先になると推定されている。

KFX事業を主管する防事庁が最近、こうした内容を国会の国防委員会に非公開で報告していたことが、
10日までに分かった。2基のエンジンを搭載すれば、エンジンが一つ故障しても運航が可能で、
それだけ安定性が高まるが、開発費もかさむ。

防事庁は、国会への報告の中で「限定的な空対地・空対空能力を備えたKFXは23年に開発が完了し、
完全な空対地・空対空能力があるKFXは25年ごろに開発される予定」と説明した。

国会国防委は9日に予算決算審査小委を開き、
KFX関連予算を200億ウォン(約19億6000万円)に増額した。
政府案に比べ100億ウォン(9億8000万円)増えている。
国防委は12日に全体会議を開き、この案を話し合う予定だ。 チョン・ヒョンソク記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/11/2013121101038.html


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386767476

1 12月

【韓国軍事】日本と比べて不公平…韓国の「F-35A戦闘機」の導入条件、韓国議員が見直し求める

1 名前:ちゅら猫ρ ★:2013/11/30(土) 19:22:34.24 ID:???
★日本と比べて不公平…韓国の「F-35A戦闘機」の導入条件、韓国議員が見直し求める―中国メディア
2013年11月30日

中国紙・環球時報は、韓国メディアの報道として、F-35A戦闘機の導入問題で、
韓国の与党セヌリ党議員が「日本と比べて条件が不公平だ」と指摘していると報じた。

27日付韓国聯合ニュースによると、セヌリ党の李仁済議員は同党幹部議員らが出席
する会議の席で、「韓国政府がF-35Aを選んだのは正しいが、導入の条件が日本
と比べて明らかに不公平だ。韓国が導入する40機はすべて完成品だが、日本が導入
した完成品はわずか4機。残りの38機はライセンス生産で、技術移転されるそうだ」
と指摘。

その上で、「これは無視できない問題だ。米ロッキード・マーチン社ともう1度、
協議する必要がある。日本と同じように技術移転の条件を手に入れるべきだ」と訴えた。

また、同党の兪奇濬議員もこの問題について、「韓国には随意契約を要求したが、
日本は開発が完全に終わっていない段階のF35を公開入札で購入した。しかも、
米国から集団的自衛権行使に関する同意も得た。ところが韓国は随意契約のため、
価格も性能も保障されていない。韓国は技術移転と公開入札を全力で求めるべきだ」
との見解を示した。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/367242/


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385806954

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ