米朝

16 5月

【米朝】北朝鮮、核放棄先行を拒否=米朝首脳会談の再考警告―強硬派のボルトン米補佐官攻撃

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/16(水) 19:00:29.96 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000089-jij-kr
時事通信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金桂冠第1外務次官は16日、談話を発表し、強硬派のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)らが北朝鮮に対する制裁緩和より核放棄を先行させる「リビア方式」の適用を主張していると非難し、改めて拒否した。

 6月12日に予定されている史上初の米朝首脳会談の取りやめを示唆し、トランプ政権をけん制する「瀬戸際戦術」を繰り出した。

 北朝鮮はこれまでも、経済制裁の解除など「見返り」を得ながら進める段階的な非核化を要求している。長年対米外交を統括している金桂冠氏が今回、「ボルトンに対する拒否感を隠さない」と攻撃したことで、短期の非核化を目指している米国との水面下での調整が難航していることを浮き彫りにした。

 金氏は「われわれは、朝鮮半島の非核化の用意を表明し、そのためには米国の敵視政策と核脅威による恐喝を終わらせることが先決条件になると数度にわたって明言した」と強調。「トランプ米政権が一方的な核放棄だけを強要しようとするなら、そのような対話にもはや興味を持たないだろう」と表明し、米朝会談の再考を警告した。 


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526464829

15 5月

【米朝】ボルトン米補佐官「北朝鮮の核、全て米国に運搬して廃棄」 

1 名前:ひろし ★:2018/05/14(月) 23:58:55.86 ID:CAP_USER.net
5/14(月) 23:12配信

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は13日(現地時間)、北朝鮮の非核化について「全ての核兵器を廃棄し、テネシー州オークリッジまで運搬することを意味する」と述べた。北朝鮮の完全な非核化のために、北朝鮮にある全ての核兵器を米国に搬出し、米国が直接廃棄するというわけだ。ポンペオ国務長官は11日、非核化の見返りに「北朝鮮の繁栄」という「あめ」をちらつかせ、一方でボルトン補佐官は恒久的な非核化のための具体的なやり方を提示するという「ムチ」を振ったわけだ。

 ボルトン補佐官は同日、米国のABC、CNNテレビとのインタビューで「恒久的な非核化(PVID)とはどんなものか」との質問に対し「全ての核兵器を除去・廃棄し、米国に搬入すること」として「(PVIDは)保障という恩恵が北朝鮮に流れ込む前に実現しなければならない」と述べた。さらに「非核化の手続きは完全に進行しなければならず、それは不可逆的なものだ」と主張した。オークリッジ国立研究所は第2次世界大戦当時、原子爆弾の製造を主導していた機関で、リビアで廃棄した核物質と装備を保管している。米国が北朝鮮の核兵器処理の場所について言及したのはこれが初めてだ。

 ボルトン補佐官はまた「非核化とは単に核兵器だけを意味するわけではなく、北朝鮮か過去に何度も同意してきたウラン濃縮とプルトニウム再処理能力の放棄も意味する」として「弾道ミサイル問題も交渉の議題に入っているし、化学・生物兵器についても考えなければならない」と述べた。非核化の概念について、核の原料、製造手段の廃棄だけでなく、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や生物・化学兵器など大量破壊兵器(WMD)全般の廃棄まで範囲を広げたわけだ。

 ボルトン補佐官は「北朝鮮は(核・ミサイル)施設の位置を全て公開し、開放的な視察を認めなければならないだろう」として「われわれは、これを非常に早く実施することを願う」と述べた。さらに、北朝鮮の核廃棄と検証の過程で「国際原子力機関(IAEA)が役割を果たすだろう」としながらも「実際の核兵器の解体は米国が実施するもので、恐らくほかの国々の支援を受けるだろう」と述べた。ボルトン補佐官はまた、米朝首脳会談で「(北朝鮮による)韓国人と日本人の拉致被害者問題についても取り上げる予定だ」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00002976-chosun-kr


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526309935

10 5月

【米朝】北朝鮮で拘束のアメリカ人3人解放 米大統領が明らかに

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/09(水) 21:42:46.89 ID:CAP_USER.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011432791000.html
5月9日 21時37分

アメリカのトランプ大統領は、日本時間の午後9時半すぎ、北朝鮮で拘束されていた3人のアメリカ人が解放されたとツイッターで明らかにしました。

史上初となる米朝首脳会談を前にアメリカ政府が解決を求めてきた懸案の一つが解消されたことになり、今後は、米朝首脳会談が、いつ、どこで開催されるのかが、焦点となります。

48 名前:たんぽぽ ★:2018/05/09(水) 22:05:03.98 ID:CAP_USER.net
>>1
記事が更新されてました


アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮で拘束されていた3人のアメリカ人が解放され、帰国の途についていると明らかにしました。

これは日本時間の9日午後9時半すぎ、トランプ大統領がツイッターに投稿して明らかにしたものです。

アメリカ政府は去年、北朝鮮で拘束されていたアメリカ人大学生が解放直後に死亡したことを受け、北朝鮮を強く非難するとともに、残る3人の解放を求めてきました。

アメリカの一部メディアは、先にCIAの長官として北朝鮮を極秘訪問したポンペイオ国務長官に対して、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が米朝首脳会談に合わせて3人を解放すると約束したと伝え、首脳会談の実現に向け準備が加速する中、この問題で進展が見られるのか注目が集まっていました。

懸案の一つとなっていたアメリカ人3人の拘束が解かれたことで、トランプ大統領とキム委員長との間で6月上旬までに開かれる見通しの史上初となる首脳会談が、いつ、どこで開催されるのかが、次の焦点となります。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1525869766

7 5月

【米朝】北朝鮮が米国をけん制 制裁、人権問題…「刺激すれば対話白紙に」

1 名前:ろこもこ ★:2018/05/06(日) 15:03:09.19 ID:CAP_USER.net
https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/180506/wor18050613350008-n1.html

 北朝鮮外務省の報道官は6日、米国が米朝首脳会談を前に、核放棄するまで制裁を緩めないとしていることや、人権問題を取り上げる構えを見せていることなどを非難し「相手を意図的に刺激する行為は対話ムードに冷や水を浴びせ、情勢を白紙に戻す危険な試みだ」と米国をけん制した。朝鮮中央通信が伝えた。

 報道官は、北朝鮮が非核化の意思を示したことを、米国が制裁や圧力の結果だとアピールして「世論をミスリードしている」と反発。「われわれの平和愛好の意思を軟弱さと勘違いし、圧力や軍事的威嚇を追求し続けるのは、問題の解決に役立たない」と警告した。(共同)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1525586589

14 3月

【米朝】 北朝鮮 「韓国は米軍撤収希望」 首脳会談前に主張 

1 名前:荒波φ ★:2018/03/14(水) 12:20:38.19 ID:CAP_USER.net
北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は14日の論評で、米国が在韓米軍の駐留経費を巡り韓国側分担金の増額を要求していると指摘し「南朝鮮(韓国)の人民が願うのは、朝鮮半島の平和と安全を危うくする米軍の無条件撤収だ」と主張した。

5月に開催が見込まれる米朝首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長が非核化の条件として在韓米軍の撤収を求めるとの観測が一部にある。論評は改めて在韓米軍撤収に言及し、会談前に交渉力を高めようとの狙いがあるとみられる。

論評は「米国が自国の武力を南朝鮮に駐屯させるのは、南朝鮮を保護するためではなく、朝鮮半島や北東アジアで自らの侵略的目的を実現するためだ」と主張した。


2018.3.14 11:40
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180314/mcb1803141140032-n1.htm


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1520997638

4 3月

【米朝】北朝鮮がミサイル誘導技術を向上中 米当局者

1 名前:みつを ★:2018/03/04(日) 01:22:45.48 ID:CAP_USER9.net
https://www.cnn.co.jp/m/world/35115546.html

2018.03.03 Sat posted at 15:02 JST
ワシントン(CNN) 北朝鮮の弾道ミサイル開発を巡り、米情報機関がミサイル誘導技術の向上が続いていると判断していることが3日までに分かった。最新の評価内容を知る政府当局者が明らかにした。

こうした技術の向上の一部は、先週末に閉幕した韓国・平昌(ピョンチャン)五輪で緊張が比較的緩和していた時期に実現したものだという。

一方で、北朝鮮は依然、弾頭の大気圏再突入能力を確保するという技術的な課題に苦戦しているとも指摘した。また、評価の基本的な概要は既に公に議論されているとも注意を促した。

米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は1月23日の講演で、北朝鮮は米国に到達可能なミサイルに弾頭を載せるという目標の達成まで、あと数カ月しか残されていない可能性を指摘している。

北朝鮮は直近では昨年11月に大陸間弾道ミサイルを発射した。米国はその後、北朝鮮がどこまで技術改善を実現しうるかを継続的に評価。北朝鮮がロケットエンジンや移動式ミサイル発射装置、核弾頭の製造の向上に取り組んでいると見ている。ただ、北朝鮮がミサイル部品をどの程度の規模で製造可能かはわかっていない。

前述の当局者は、北朝鮮に対する軍事力の行使はトランプ大統領の政治的決断に委ねられているとも語った。

複数の政府関係者は、北朝鮮に対する軍事行動の決定を可能な限り回避するためにも、制裁と外交圧力を継続するのが目標だと強調。全面戦争の前に北朝鮮のミサイル計画を止める方法はあると語る。

軍関係者は究極のジレンマの状態にあるとの懸念も示す。米国が先制攻撃をした場合は、米国が侵略側の位置付けとなる可能性がある。一方で、米国に向けてミサイルが発射されるのを待った場合、弾頭が搭載の有無やミサイルの撃墜が及ぼす他国へのリスクを瞬時に判断することは困難だと指摘する。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520094165

21 2月

【米朝】最大の敵国は「北朝鮮」51%…米世論調査、2年前から3倍増

1 名前:ダーさん@がんばらない ★:2018/02/21(水) 17:30:25.44 ID:CAP_USER.net
最大の敵対国は「北朝鮮」=2年前から3倍増の51%―米世論調査

【ワシントン時事】米ギャラップ社は19日、「米国の最大の敵対国」として、米国民の51%が北朝鮮を挙げたとする世論調査結果を発表した。「北朝鮮」との回答は2016年調査時(16%)と比べて3倍以上に増加。相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験に加え、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の挑発の応酬が影響したとみられる。

2位は、16年の米大統領選に介入した疑惑がくすぶり続けるロシアで19%。ロシアと回答したのは野党民主党の支持者が多く、共和党支持者の3倍強に上った。3位は中国(11%)、次いでイラン(7%)だった。

2月1~10日、18歳以上の1044人を対象に電話で聞き取り調査を実施した。 

ソース:時事通信 2018年2月21日 13時54分
https://news.infoseek.co.jp/article/180221jijiX366/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519201825

14 12月

【米朝】米国の北朝鮮攻撃、秒読みか? ―ティラーソン国務長官交代直後

1 名前:らむちゃん ★:2017/12/13(水) 20:38:29.87 ID:CAP_USER.net
2017年12月13日 13:11
http://blogos.com/article/264996/

米国のティラーソン国務長官は北朝鮮との対話に固執しているようだ。一発勝負が好きなトランプ大統領は、ティラーソン氏が交代すれば、直ちに北朝鮮成敗に突入するのではないか。トランプ氏は北朝鮮が米国まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)や核弾頭を持つことは許さないと何度も明言している。北朝鮮はこの2つを持つことによって米国と対等に対話をしたいと譲らない。譲るに譲れない喧嘩は最早、罵り合いのレベルに達している。「チビ、デブ」と言えば相手は「老いぼれ」と返す。喧嘩の常道として、こうした罵り合いにまで至れば、殴り合いに発展するのは時間の問題だ。

 イラク戦争は9.11同時多発テロで怒ったブッシュ大統領が、あと先考えずにイラク成敗を断行したため、サダム・フセインの後の政権作りに四苦八苦した。まして今回は隣国の中国と折り合う手立てをした後でなければ手を出せない。

 習近平主席は隣に米国の息のかかった政権が出現することは絶対に避けたい。米国は中国に北への石油の供給を止めろと強く言っているが、中国は北が瓦解したり自滅したりする姿を望んでいない。

 同じ社会主義体制で金正恩の代わりに暗殺された金正男の長男が後を継ぐような形なら容認できるだろう。この点で米中が既に一致しているという情報もある。

 11月29日に発射された「火星15」と呼ばれるICBMはロフテッド軌道(大気圏外)で打ち上げられて、北側は「成功した」と報じている。米・韓側は「大気圏再突入時に分解した」と見ているが「1年以内には完成するだろう」と予想している。喧嘩している相手の武器が完成するまで漫然と待つバカはいない。米側は何かきっかけを作って、一挙に北叩きに出るだろう。

 北は通常ロケット攻撃でソウルを全滅させると豪語している。マティス国防長官も当初、「犠牲者が40万人~100万人単位で出るから戦争はできない」と明言していた。しかし最近、死傷者の出ないやり方も「ある」と答えている。

(全文は配信先で読んでください


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1513165109

4 12月

【米朝】米の北朝鮮攻撃Xデーは12・18前後か 最強ステルス戦闘機「F22」投入の狙いは?

1 名前:らむちゃん ★:2017/12/04(月) 19:39:45.51 ID:CAP_USER.net
産経ニュース2017.12.4 11:04更新
http://www.sankei.com/world/news/171204/wor1712040027-n1.html

朝鮮半島の緊張が続いている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、平和的解決を求めた中国の「特使」と会わずに“追い返した”ことを受け、ドナルド・トランプ米大統領は北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したのだ。

北朝鮮による「核・ミサイル開発」の加速化と、各国の情報当局が警戒する「北朝鮮攻撃のXデーは、12月18日の新月の夜前後」という情報とは。ジャーナリストの加賀孝英氏の緊急リポート。(夕刊フジ)

 驚かないでいただきたい。今、次の極秘情報が流れて、各国の情報当局関係者が極度に緊張している。

 《米国は、北朝鮮が平和的解決を拒否したと判断した。トランプ氏がついに『北朝鮮への予防的先制攻撃』(正恩氏斬首作戦)を決断し、作戦準備を命じた。第一候補のXデーは12月18日、新月の夜前後》

 旧知の米軍情報当局関係者は「この裏には、3つの重大な理由がある」と語った。以下の3つの情報だ。

 (1)米本土を攻撃できる北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14」の開発が、年内にはほぼ完了する。米国には時間がない。

 (2)北朝鮮は10月中旬から、核弾頭の量産体制に入った。日本や韓国、米領グアムの米軍基地を狙う、中距離弾道ミサイル「ノドン」「火星12」に搭載可能になる。日本と韓国に潜入した工作員(日本約600人、韓国約5万人)の動向が異常だ。急激に活発化している。

 (3)北朝鮮への経済制裁が効いてきた。軍部は飢餓状態だ。正恩氏はクーデターを阻止するため、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の命日である12月17日か、来年1月8日の正恩氏の誕生日前後に、日本海の北部か太平洋上で、核実験(水爆の可能性も)を強行、暴走する可能性がある。

 正恩氏は“狂気”に走っている。

(全文は配信先で読んでください)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1512383985

3 11月

【米朝】米大統領補佐官「北朝鮮への武力行使決定の場合、日本に事前通知する」

1 名前:らむちゃん ★:2017/11/03(金) 12:57:48.26 ID:CAP_USER.net
中央日報/中央日報日本語版  2017年11月03日09時00分
http://japanese.joins.com/article/052/235052.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news ハーバート・マクマスター米国ホワイトハウス国家安保補佐官がドナルド・トランプ大統領のアジア歴訪を前に、最初の訪問地である日本のNHK放送と2日(現地時間)にホワイトハウスで単独インタビューを行った。

放送によるとマクマスター補佐官は同日のインタビューで米国が対朝軍事攻撃を決めた場合、「日本に事前通知する」という意向を明らかにした。

マクマスター補佐官は「同盟国とは透明性の高い関係を維持している」とし、「日本とアメリカは共に戦っていて、日本は(米国の対朝行動を)あらゆるレベルにおいて知らされることになると思う」と述べた。続けて「トランプ大統領と安倍首相の関係は極めて強い。北朝鮮の威嚇に対する評価をめぐっては完全に連携している」と強調した。

マクマスター補佐官はトランプ大統領が訪日期間に北朝鮮拉致被害者の家族と面談することも、このような両国間の対北朝鮮共助の一環だと説明した。マクマスター補佐官は「子供たちが拉致されるということは想像もできない」とし、「トランプ大統領は拉致被害者の家族に連帯メッセージを伝えるだろう」と話した。それと共に「(面談を通じて)トランプ大統領は北朝鮮がどんな政権なのかを示し、そのような政権に核兵器の保有を許しても良いのかを問うことになるだろう」と付け加えた。

また、マクマスター補佐官は北朝鮮の相次ぐ軍事威嚇と関連して「北朝鮮政権は攻撃的ないかなる行為も米軍の圧倒的な反撃を受けることになるということを知るべきだ」とし、「抑止力を高めるために航空母艦が派遣され、アジア地域に米軍が駐留している」という点を強調した。これは米国がトランプのアジア歴訪を控え、現在航空母艦3隻を西太平洋海域に展開させている状況を強調した発言であるとみられるとNHKが報じた。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1509681468

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ