米国

13 1月

【米国】違法マッサージ容疑で韓人(コリアン)の女2人逮捕(写真あります)

1 名前:HONEY MILKφ ★:2018/01/13(土) 14:09:35.80 ID:CAP_USER.net
■ 中国系も2人逮捕
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
フラッシング(クイーンズ)の韓人コリアンの女2人が、違法マッサージの容疑で逮捕された。

警察によれば、ニューヨーク州オレンジ郡ニュー・ウィンザータウン警察局は最近、違法売春集中
取り締まりを行い、ルート207スパ(Route 207 SPA )のパク某容疑者(47歳・女)とサン&ムーンスパ
(Sun & Moon Spa)のペク某容疑者(46歳・女)などを違法マッサージの容疑で逮捕した。逮捕された
これら中には、A&Aスパ(A&A Spa)とオレンジスパ(Orange Spa)の中国系2人も含まれる。

パク容疑者とペク容疑者は1万ドル(現金なら1,000ドル)の保釈金を支払い、釈放されて裁判を
待っている。

(関連写真=Hudson Valley Post)
http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/1.jpg

▲ Ogbun Park

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/2.jpg

▲ Liying Zhu

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/3.jpg

▲ Hyekyung Baek

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/4.jpg

▲ Jinshan Bai(注意!)

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/pjimage-3.jpg

▲ 総合

ソース:米州韓国日報(韓国語)
http://www.koreatimes.com/article/1098339

33 名前:HONEY MILKφ ★:2018/01/13(土) 14:22:07.35 ID:CAP_USER.net
【補足】
http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/1.jpg

▲ Ogbun Park(47歳)

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/2.jpg

▲ Liying Zhu(30歳)

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/3.jpg

▲ Hyekyung Baek(46歳)

http://hudsonvalleypost.com/files/2018/01/4.jpg

▲ Jinshan Bai(53歳)

※2と4は中国系


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515820175

4 1月

【米国】 韓国の北朝鮮代表団に対する五輪参加費用支援に反対 

1 名前:荒波φ ★:2018/01/04(木) 15:17:06.87 ID:CAP_USER.net
米国政府が平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に参加する北朝鮮の選手団と応援団の滞在費用を韓国が負担することに反対したと世界日報が4日、報じた。

韓国の日刊紙世界日報は4日、米国政府の高位当局者が「平昌五輪に北朝鮮の選手団と応援団が参加するのは米国が関与することでない」とし「しかし、韓国が政府レベルで北朝鮮代表団に対する財政的な支援をすれば、国際社会の対北朝鮮制裁に反する可能性がある」と話したと伝えた。

この当局者は「韓国は2000年オーストラリア・シドニーで開かれた夏季五輪当時、約500万ドル(約5億6000万円)程度を北朝鮮に支援した前例がある」としながら「今回の平昌五輪でもそれと似たようなことが発生してはならない」と強調したと世界日報は伝えた。

1日、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は新年の辞を通じて平昌五輪への参加意思を明らかにし、韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこれに応酬して南北板門店(パンムンジョム)のホットラインが3日、681日ぶりに再開通された。

南北は高位級会談を通して北朝鮮の平昌五輪参加および南北関係の懸案について協議していく予定だ。


2018年01月04日15時04分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/179/237179.html?servcode=500&sectcode=510


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515046626

3 1月

【米国】トランプ大統領 「ロケットマンは、韓国と話がしたいと言い始めた。様子を見てみよう」

1 名前:ばーど ★:2018/01/03(水) 07:24:05.72 ID:CAP_USER9.net
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が新年の演説で韓国との関係改善に意欲を示したことについて、アメリカのトランプ大統領はみずからのツイッターに「ロケットマンは、韓国と話がしたいと言い始めた。様子を見てみよう」と投稿し、北朝鮮の動向を注視する考えを示しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は、元日に発表した新年の演説で来月のピョンチャンオリンピックへの参加に前向きな立場を明らかにするとともに韓国との関係改善に意欲を示しました。

この演説を受けて韓国側は、2日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が歓迎すると表明し、今月9日に南北の高位級会談を開くことを提案しました。

こうした中、北朝鮮への圧力を強めているアメリカのトランプ大統領は2日、みずからのツイッターにキム委員長の演説について「ロケットマンははじめて韓国と話がしたいと言い始めた。これはよいニュースかもしれないし、そうではないかもしれない。様子を見てみよう」と書き込み、今後の動向を注視する考えを示しました。

また、トランプ大統領は「制裁やそのほかの手段による圧力は北朝鮮に大きな影響を及ぼし始めている」と強調し、経済的、外交的な圧力が北朝鮮に影響を与えているとの認識を示しました。

1月3日 5時14分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180103/k10011277781000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514931845

23 12月

【米国】 ホワイトハウスのクリスマスツリー …原産地は韓国

1 名前:LingLing ★:2017/12/23(土) 21:05:11.47 ID:CAP_USER.net
■白亜館聖誕ツリー 原産地は韓国

・ツリー80~90%は「コリアン・ファー※」 
・1917年米国に渡って改良
・手入れ必要ないきれいな円錐形

※コリアン・ファー(Korean fir)=学名:Abies koreana E.H. Wilson,韓国名:クサンナム,和名:チョウセンシラベ、朝鮮白檜。
以下、「チョウセンシラベ」とします。

http://www.koreadaily.com/_data/article_img/2017/12/22/204215068.jpg

先月30日、ドナルド・トランプ大統領とファーストレディーのメルラニア女史が参加した中、ホワイトハウスの近隣で開かれたナショナル・クリスマスツリーの点灯式[AP]
-------------------------------------------------------------------

クリスマスツリーは、遠くから見ると調和のとれた三角形だ。 近くで見ると非常に高くて雄大に見える。裾が広く、上部に行くほど狭くなる円錐形であるためだ。

クリスマスシーズンになると、生木を採取したり、購入して家にクリスマスツリーを飾るため、ツリー市場の80~90%を特定の種の木が占めている。その木の原産地はまさに韓国だ。英語圏でコリアン・ファー(korean fir)、つまり、「韓国モミ」と呼ばれる木であるが、韓国ではクサンナムと呼ぶ。韓国固有の木だ。

涼しい所を好むので主に高山に生息して、漢拏山、無等山、智異山、徳裕山などの海抜500~2000mの間の高地帯で自生する。最近は俗離山でも発見された。

韓国固有種のこのチョウセンシラベが、西欧でクリスマスツリーの材料として人気を集めるのは、その形のためだ。 元々、クリスマスツリーは、松、モミ、トウヒなど常緑針葉樹を採取してから、適当に枝を切って円錐形にして用いられたが、チョウセンシラベはそのように手を入れて円錐形に作る必要がない。 最初からデザインがきれいな円錐形に育つからだ。先端は、細く尖って、下部に降りるほど枝が横に広がるのは、クリスマスツリーの典型的な姿と同じだ。 それこそ「最適」という言葉にぴったりのクリスマスツリー用の木だ。ただし、育っていくと高さが10~20mまで達して、枝が多岐に分かれて四方に均等に伸長するから、成長前のこじんまりとした状態でクリスマス・ツリーとして使わなければならない。

そうすると、韓国特産チョウセンシラベがどうして米国に渡って、西欧代表のクリスマスツリーになったのだろうか? 19世紀の帝国主義時代、西洋人は新たな世界に渡ると必ず植物や動物などの生物資源を見つけて、研究しながら採取し持っていく作業をした。欧州や米国にある巨大な植物園は、実際、新大陸や植民地、貿易のために進出した地域から採取した植物資源を保存して観察し、栽培試験をするために建てたと言っても過言ではない。

1904年、韓国で植物資源を採集していたフランス人の神父らは、チョウセンシラベの標本を採取して、1907年、米国の植物学者ヘンリー・ウィルソンに送った。これを受けたウィルソンは1917年、韓国に来て直接チョウセンシラベを採取しに行って、この木を別物の種として分類して、自身の名前が入ったアビエス・コレアナE.H.ウィルソン(Abies koreana E.H. Wilson)という学名をつけて1920年、植物園学術誌で発表した。 アビス(Abies)はモミ属という意味で、コレアナ(koreana)は種の名前で「韓国モミ」として紹介したのだ。 このような過程を経て、米国へ渡ったチョウセンシラベは、クリスマスツリーとしての価値を発見した米国はもちろん、欧州人たちの間でも人気を集めるようになった。

皮肉なことに、気候温暖化の乱伐から、チョウセンシラベの原産地である韓国では世界自然保存連盟によって絶滅危惧種に指定された反面、海外に渡った「コリアン・ファー」はクリスマスシーズンになると、莫大な金を稼いでくれる林業資源になったということだ。 しかも「コリアン・ファー」種子についての権利は、スミソニアン博物館が持っている。

チェ・インテク記者

ソース Korea Daily,LA中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5893515

【植物】 クリスマスツリーの故郷は済州?!世界的に最も多く使われる木は、韓国自生種「チョウセンシラベ」[12/22]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1513952346/
【ジングルベル!】クリスマスツリーは韓国生まれ!?=韓国ネットも「初めて知った」と驚き[12/10] [無断転載禁止](c)2ch.net
https://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449756873/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1514030711

3 12月

【米国】 日本食レストラン「スシ・サムライ」経営の韓人夫婦、脱税で罰金100万ドル

1 名前:LingLing ★:2017/12/03(日) 17:06:23.56 ID:CAP_USER.net
■日食堂運営韓人夫婦脱税で罰金100万ドル
[LA中央日報]

日本食レストランを経営していた韓人夫婦が脱税容疑で摘発されて、およそ100万ドルに達する罰金刑が言い渡された。

連邦司法省は、ミシガン州オーチャードレイク「スシ・サムライ」日本食店オーナーの韓人チャン某(46)さん夫婦に、98万479ドルの罰金刑が下されたと明らかにした。彼らは15日の公判で、追加罰金と実刑を宣告される可能性がある。

検察によると、「スシ・サムライ」という店を経営してきたこの夫婦は、ゼファー(zapper)と呼ばれるコンピュータプログラムを利用して、顧客の支払い記録を削除する手法で売り上げを偽った。2012~2016年の4年間では250万ドルの売上報告を怠った。

今年の4月に起訴された彼らは、10月の人定尋問で64件の重罪容疑について有罪を認めた。

ビル・シュエット司法長官は、「顧客が支払った売上税を横領した疑いで、彼らに強い処罰が下された」とし、「私益のために税法に違反する行為が、厳しい結果としてかえってくることを示す事例になるだろう」と強調した。

イウス記者

http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5836234

【国際】韓国人が米国で営業!日本食文化を破壊する「独島寿司」のトンデモメニュー
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511999632/
【東亜日報】 日本のサムライは、「百済のサウラビ」が根?韓国ネットの主張を検証[11/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511184791/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1512288383

30 10月

【米国】日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず=中央日報

1 名前:荒波φ ★:2017/10/30(月) 08:57:28.33 ID:CAP_USER.net
トランプ政権が構想中の新しいアジア政策が米国・日本・豪州・インドの4カ国の連携に重点を置いていると、米政府の元・現官僚らが明らかにした。米国のアジア政策は中国の海洋進出に対する強力な牽制戦略という点で関心を集めている。

ホワイトハウスのアジア担当選任補佐官を務めたデニス・ワイルダー・ジョージ・ワシントン大教授は27日(現地時間)、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)のインタビューで、「米国の新しいアジア政策のキャッチフレーズは『自由で開かれたインド洋・太平洋地域』」とし「この構想は米国・日本・豪州・インドの4カ国間でかなり以前から議論されてきた」と明らかにした。

同紙はワイルダー教授を引用し、トランプ大統領が来月のアジア訪問中にこうした内容の新しいアジア政策を発表する予定だと伝えた。トランプ大統領は来月3日から14日にかけて韓国、日本、中国、フィリピン、ベトナムのアジア5カ国を訪問する。

これに先立ちアリス・ウェルズ米国務次官補代行(南・中央アジア担当)もこの日、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ政権の新しいアジア政策を説明しながら「米国とインドは民主主義、透明性、航行の自由、経済開発などの価値を共有する国」とし「我々は日本、豪州など重要な同盟国と共にこの価値をインド洋-太平洋全域に広めなければいけない」と強調した。

続いて「米国と日本、インドはすでに定例合同海上訓練『マラバール』を毎年実施するなど生産的な3カ国協力を強化してきた。3カ国が共有する価値をみると、豪州も自然に友邦になるだろう」とし「価値を共有する4カ国間の実務級会談を近く開くことを検討中」と説明した。しかしウェルズ代行は価値を共有するアジア・太平洋の国に韓国を挙げなかった。

AP通信などは「米国が推進する4カ国協力の強化は、東・南シナ海での領有権紛争と中国のインド洋進出に対する牽制などと無関係ではない」と分析した。


2017年10月30日08時16分
http://japanese.joins.com/article/888/234888.html?servcode=A00&sectcode=A20


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1509321448

7 10月

【米国】なぜ?ハリケーン被害の米国で自動車販売が急増する中、韓国・現代車だけ急減

1 名前:ねこ名無し ★:2017/10/07(土) 08:09:25.20 ID:CAP_USER.net
2017年10月4日、韓国・イーデイリーによると、ハリケーンが襲った米国テキサス州南東部を中心に自動車買い替え需要が大きく増え、先月の米国の自動車販売が12年ぶりに過去最大を記録する中、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車の不振が際立った。

3日(現地時間)、米調査会社「オートデータ」によると、今年9月の米国の自動車販売台数は季節調整後の年率基準で1857万台を記録した。これは2005年7月以降で最多で、市場予想の1690万台を大きく上回る数字だ。

また米国の自動車情報サイト「エドモンズ」によると、大型ハリケーン「ハービー」襲来から3週間、被害の大きかったテキサス・ヒューストン地域での新車販売が前年比で2倍以上増加している。

メーカー別にみると、9月のトヨタ自動車の販売は昨年より15%増、ゼネラルモーターズ(GM)は12%増加、フォードは8.7%増、ホンダも7%近く増加しており、専門家は、米国での自動車販売の好調は今年11月までは続くと予想している。

一方で韓国車の状況だが、現代傘下の起亜(キア)自動車は昨年から6.6%増の5万2468台の販売を記録したが、現代自動車は5万7007台にとどまった。前年同月比では14.4%の急減となり、不振が際立っている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「車をあんなふうに作っておいて、むしろ売れてる方がおかしい」「韓国国民の血を吸って米国にあれだけささげてもこのざまか」「米国輸出用はいい部品だけで作ってるんじゃないの?」「心配無用、現代は車メーカーじゃなくて不動産会社だから」「こんな会社、いっそのことつぶれてしまえばいいのに」など、意外にも自国メーカーへの厳しい意見が寄せられている。

また「現代自労組のせいだと思う」「単純組み立て工に年俸1億ウォン(約1000万円)も払っているから、こんなことになる」「労働組合をなくせ」など、現代自動車労組への批判の声も多数。

その他に、「日本車の完成度は高いからね」「僕も日本車かドイツ車を買おうと思ってお金をためている」「日本車やドイツ車、米車の方がデザインもいいしね」など、日本車に関連したコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

http://www.recordchina.co.jp/b192920-s0-c20.html

http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201710/20171005-065111507.jpg

写真は米国。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507331365

4 10月

【米国】韓国系客、米スターバックスで人種差別に?コーヒーに「Ching」と書かれる

1 名前:荒波φ ★:2017/10/04(水) 17:29:17.71 ID:CAP_USER.net
2017年10月4日、米華字メディアの僑報が、米国のスターバックスで韓国系男性が差別的待遇を受けたと伝えた。

9月26日、韓国系男性のJake Kim氏は、自身のフェイスブック上で、スターバックスで差別的待遇を受けたと主張した。この日の午前7時30分ごろ、Jake氏はニューヨークにあるスターバックスでコーヒーを注文。この時、店員は3度名前を聞き直し、金氏は自分の名前を英語で書いて渡したが、受け取ったコーヒーには「Ching」というアジア人に対する差別用語が記されていたという。

Jake氏はフェイスブック上で、「アイスコーヒーを1杯注文したら非常に長く待たされた。ふとカウンターを見るとChingと書かれたコーヒーがあり、店員がそれはあなたのだと言ってきた」とつづった。このため、Jake氏は、Chingは自分の名前ではないので名前を書きかえるよう要求。店員は新しいコーヒーを出して笑いながら「Jake」と書いたという。

その後Jake氏は、スターバックスのカスタマーサービスへ抗議。スターバックスのマネージャーは、そのような差別はスターバックスで発生するべきではないと述べたものの、何ら措置を取ることはなく、ただ20ドル(約2200円)のスターバックスカードが渡されただけだという。

これについてスターバックス側は、差別的なラベルは誤解の可能性があると主張。Jake氏がコーヒーを注文した時にJake氏は電話をしていたので、店員はJake氏の名前を聞き間違えた可能性があるとした。

別のスターバックスのスポークスマンは、Jake氏のフェイスブックに、「スターバックスはいかなる形の差別も容認せず、直ちに調査をする」とのコメントを残した。この件についてスターバックスは重視しており、すでにJake氏と直接連絡を取っているという。


2017年10月4日(水) 16時50分
http://www.recordchina.co.jp/b192407-s0-c30.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507105757

3 10月

【米国】ラスベガス銃撃事件=LA韓国総領事館、「韓国人旅行客10人余り連絡取れない」

1 名前:HONEY MILKφ ★:2017/10/03(火) 10:52:41.65 ID:CAP_USER.net
アメリカ・ネバダ州・ラスベガス管轄の在外公館であるロサンゼルス(LA)総領事館は、ラスベガスで
起きた米国史上最悪の銃乱射事件と関連して2日未明(現地時間)、「現在、連絡が取れない韓人
旅行客が10人余り程いる」と明らかにした。

総領事館の関係者は、「一晩で100人以上の韓国人旅行客の身の安全が確認されたが、まだ連絡が
取れない旅行客が一部おる」と、このように話した。

先立ってLA総領事館は、「外交部本部と在外公館が事件発生と同時に現地領事協力員、韓人会
などを通じて我が国民の被害有無を把握していて、現在まで確認された韓人の被害はない」と明らか
にしている。

LA総領事館は、「我が国民の被害有無を継続して確認し、安全確保を期して行く予定だ」と話した。

ソーシャルメディアには、ラスベガスのストリップ地域に宿泊している韓人観光客がマンダレイ・
ベイホテルで銃撃事件が発生した直後、警察の統制で避難したり近隣ホテルの客室で状況を見守
っているという書き込みがあった。

一部の韓人観光客は、ラスベガス・マッカラン国際空港で航空機の出・到着規制で足止めされて
いたが、現在は航空便が正常運航されている。

ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=011&aid=0003124523


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1506995561

30 9月

【米国】「韓国の歴史と文化をもっと教科書に載せてほしいです」 米教育界に浸透する韓国の「声」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/30(土) 17:12:45.70 ID:CAP_USER.net
「韓国の歴史と文化をもっと教科書に載せてほしいです」。この夏、米カリフォルニア州などに住む韓国の小中高生約50人が、米国の公立学校で使用される社会科教科書の出版社6社に、こんな手紙を送った。韓国系のボランティア教師らが夏休みに主催した研修キャンプに参加した生徒・児童らだという。

送付先には、高校の世界史で慰安婦について、「日本軍が強制的に募集し、徴収し、制圧した」「天皇からの贈り物として提供した」などと表記するマグロウヒル社も含まれていた。

「載せてほしい」内容は、慰安婦の歴史のほかに、日本植民地時代と独立運動家の活躍や、独島(竹島)、朝鮮戦争(1950~53年)などで、「米国の友人たちと一緒に学びたい」としている。生徒・児童の声を出版社はどう受け止めるのだろうか。

「反日教育」を米国に持ち込む韓国側の意図が透けてみえるが、「またか」と辟易(へきえき)している場合ではない。韓国側の米教育界への浸透度は相当なものだ。

韓国政府は今年7月、米国の歴史教科書や朝鮮戦争の教育資料を製作している大学教授や教師ら約30人を韓国に招待した。米国の歴史教育において多大な影響力を持つ社会科教員団体「全米社会科協議会(NCSS)」のテリー・チェリー会長も含まれていた。

関係者によれば、韓国教育省幹部はチェリー氏らとの懇談で、米教科書に韓国の歴史などの記述を増やすよう改めて要請したという。

チェリー氏の訪韓は初めてではない。4月にも韓国学中央研究院が主催した「米国の教科書専門家招請韓国文化研修」に参加した。

その研修に同行した教授2人が執筆し、来年出版される米国の高校世界史教科書「ウェイズ・オブ・ザ・ワールド」(ベッドフォード・セントマーチン社)には、韓国の文化や、政治・経済の発展など現代史がより詳しく記述されると、韓国政府は発表している。分量にして約2ページ。

これまで「日本海」表記だった地図は、「東海・日本海」併記に改められるという。

米教科書の専門家を招く研修は少なくとも6年前から続いており、韓国側と教科書執筆者、出版社のつながりが緊密になっていることは明白だ。マグロウヒル社の教科書に続き、「慰安婦」問題などで不適切な記述のある教科書や、「徴用工」問題が韓国側の都合のいいように書かれた教科書が登場する懸念は強まる。

カリフォルニア州教育委員会が昨年夏に策定した高校の歴史・社会科カリキュラム指針には、「慰安婦」問題が盛り込まれ、「性奴隷」と明記された。最初に公示された指針案が「慰安婦=性奴隷」となっていたのは、韓国系の教育関係者や児童・生徒の父母らが長年にわたって、同教育委員会に陳情などを繰り返した「成果」だった。

対する日本側は、といえば、指針策定の最終盤になって、ようやく外務省高官が秘密裏に霞が関から州都サクラメントを訪れるなどしたが、2015年12月の慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった「日韓合意」を指針に盛り込むのが精いっぱいだった。

指針は、教育内容の骨子を示すもので、まさに教科書執筆者や出版社が記述する内容を決める際に参考にするものだ。慰安婦問題は当時の日韓両政府間では決着済みでも、その歴史においては「性奴隷だった」と表記される余地は残る。指針に沿った教科書選定の作業は来春まで続くといい、韓国系の陳情は現在、水面下で活発化している。

「不適切だ」「虚偽だ」と外国政府が抗議しても、自国の教科書の内容を疑う児童・生徒はどれだけいるだろうか。だからこそ、韓国側は教科書への記述にこだわり、躍起になる。「真実」として独り歩きした内容を削除・修正するよう働きかけることの難しさは、マグロウヒル教科書問題で経験した。日本政府に危機感はあるか。(なかむら かつし)

http://www.sankei.com/column/news/170925/clm1709250005-n1.html

http://www.sankei.com/images/news/170925/clm1709250005-p1.jpg

セント・メリーズ公園展示スペースに設置された慰安婦像=22日、米カリフォルニア州サンフランシスコ(中村将撮影)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1506759165

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ