神奈川

29 10月

【神奈川】「朝鮮学校学費補助停止は憲法や国際人権法に反する差別」 高橋哲哉教授が県を批判

1 名前:ねこ名無し ★:2017/10/29(日) 02:41:24.09 ID:CAP_USER.net
【時代の正体取材班=石橋 学】県が朝鮮学校に通う子どもへの学費補助金支給を打ち切った問題を考える講演会が27日夜、横浜市中区の市開港記念会館で開かれた。

講師の高橋哲哉・東大大学院教授(哲学)は「憲法や国際人権法に反する差別。支給を再開するべきだ」と県の措置を批判した。

県は教科書に拉致問題の記述がないことを理由にしているが、高橋教授は神奈川朝鮮中高級学校で使われている副教材を紹介し「拉致問題が日朝の歴史を踏まえ、日本の学校以上に丁寧に教えられている。なぜ教科書に書かれていないという理由で差別的に扱えるのか、理解できない」。教育内容に介入する県の姿勢への疑問も重ねて呈した。

愛国心教育を批判する「教育と国家」などの著書がある高橋教授は、高校無償化からの除外と合わせた朝鮮学校への弾圧は「言葉や文化、歴史を奪い日本への同化を強いた植民地支配当時の反復」と指摘する。

戦前から続く政府の民族差別的価値観や安倍政権下で強まる歴史修正の動きと北朝鮮への敵視政策がヘイトスピーチまではびこる社会の背景にあると解説。

朝鮮学校に対する差別政策を止めるには「民族教育権をはじめマイノリティーの権利保障は憲法や国際人権法で確立された原則だと認識を共有する必要がある。同時に植民地支配の責任に向き合うために歴史を知らなければならない」と市民社会の側に呼び掛けた。

講演会は神奈川県弁護士会の主催。同校の生徒も登壇し「面会した県の職員から差別などしていないと言われ、疑問と憤りを覚えた」などと訴えた。

https://www.kanaloco.jp/article/287514

http://www.kanaloco.jp/image/article/original/287/b2ff9120c182ac9e1bcc12d66e15929b.jpg

朝鮮学校の子どもへの補助金停止を差別と断じる高橋教授=横浜市開港記念会館


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1509212484

6 10月

【神奈川】在日コリアン市民の人権被害が拡大 「人種差別禁止の優先を」 川崎市議会へ条例制定求め市民団体

1 名前:ねこ名無し ★:2017/10/05(木) 01:23:25.53 ID:CAP_USER.net
【時代の正体取材班=石橋 学】市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は2日、人種差別を禁止する条例の早期制定を求める集会決議を川崎市議会と同市に届けた。10回目を数えた9月30日の市民集会で採択したもの。

ヘイトデモやインターネット上の差別書き込みで在日コリアン市民の人権被害が拡大する中、「市の人権施策を応援しようという市民の思いを受け止めてほしい」と求めた。

後藤晶一副議長(公明)とともに面会した松原成文議長(自民)は条例制定を前提に「議員提案で進める方法も考えられる。皆さんの思いを受け止め、各会派に周知したい」と応じた。

市内ではヘイトデモが14回繰り返され、1日も「条例制定阻止」を公言する極右政治団体・日本第一党の瀬戸弘幸最高顧問が川崎駅前で街宣。ヘイトデモ主催者の公園使用を不許可にした市の判断を「卑劣極まりない」などと人権を度外視する批判を展開した。

面会に同席した神奈川県弁護士会の本田正男・川崎支部長は「人権尊重と対極の状況で耐えがたい。市内で200人を超える弁護士の力を使ってほしい」と協力を惜しまない姿勢を表明。

ヘイト被害を訴えている在日3世の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(44)は差別ツイートや脅迫の電話や手紙で攻撃を受け続けていることを明かし、「在日や外国人市民全体へ攻撃であり、市の人権施策へ挑戦。議会のリーダーシップで人種差別禁止条例を優先的にまとめてほしい」と訴えた。

https://www.kanaloco.jp/article/281803

http://static.kanaloco.jp/image/article/original/281/58def64df547c1db3baa11401ffe60fa.jpg

(右から)松原議長、後藤副議長と面会する市民ネットワークのメンバー


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507134205

13 3月

【神奈川】朝鮮通信使行列の参加者募集・・・「ユネスコ世界記憶遺産登録へ前進しよう!」

1 名前:HONEY MILKφ ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 09:44:27.62 ID:CAP_USER.net
在日本大韓民国民団傘下のNPO国際協力センターは12日、来る5月3日に開催される
国際横浜パレードで共に行う、『朝鮮通信使行列』の参加者を募集すると明らかにした。

今回の行事は横浜の山下公園を出発して、伊勢佐木町6丁目までの3.4kmを歩く仮装行列
である。

NPO国際協力センターは、韓日両国間の交流の象徴である朝鮮通信使の世界記録遺産
登録を促進するため、在日同胞と日本人などの国籍とは関係なく、一般人の参加者を募集
している。

参加分野は通信使仮装行列30人、女性韓服(チマチョゴリ)行列30人で、小学生は4年生
以上のみ参加が可能である。

希望者はセンターのホームページ( www.mindan-kanagawa.com )、もしくは電話
(070-5*72-13*2)で問い合わせた後、インターネットから申し込めば良い。

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/001/2017/03/12/AKR20170310172000371_01_i_20170312111708398.jpg


ソース:NAVER/ソウル=聯合ニュース(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0009100948


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489365867

23 11月

【神奈川】朝鮮学校生徒ら学費補助問題 朝鮮学校、「拉致問題」記述の独自教科書使用を撤回

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/11/23(水) 01:38:20.28 ID:CAP_USER.net
来年度、朝鮮学校で使用する教科書に「拉致問題」の記述が確認できていないことから県が、生徒らの学費補助を一旦、見送っている問題。

朝鮮学校側はこれまで、県に対し、拉致問題を盛り込んだ独自の教科書を使用すると回答していましたが、一転してそれを撤回すると申し出ていたことが分かりました。

この問題は、先月、県内の朝鮮学校を運営する「神奈川朝鮮学園」が来年度以降の教科書を改訂することが困難になったと県に伝え、それにより、県が、県内の朝鮮学校に通う児童・生徒の学費補助の交付を見送っているものです。

県はこれまで、補助金の交付の前提として、教科書を改訂し、来年度以降は、「拉致問題」の記述を入れることを要望していました。

朝鮮学園は、今月7日の時点では、「拉致問題」を盛り込んだ独自の教科書を使用すると県に回答していましたが、今月15日、その回答を撤回すると文書で提出。

さらに文書には「補助金支給を留保することは、法律や条約に違反することから引き続き補助金を交付することを強く求める」と記載されていたということです。

学費補助の継続について県は、今年度中に判断する方針です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00010001-tvkv-soci


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479832700

23 11月

【神奈川】「差別なくす教育を」教員研修で思い訴え 川崎の在日3世

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/11/22(火) 22:55:12.96 ID:CAP_USER.net
【時代の正体取材班=石橋 学】ヘイトスピーチ(差別扇動表現)による被害の深刻さと救済措置の必要性を訴える川崎市川崎区の在日3世、崔江以子(チェ・カンイヂャ)さん(43)が21日、差別をなくす立場に立った教育の大切さを説いた。

同市立小中学校、高校の人権教育担当を集めた市教育委員会主催の教員研修に招かれ、被害当事者の思いを語った。

選挙カーの大音量にまたヘイトデモが来たとおびえる子どもがいる。公然と殺害まであおる差別に「自分が在日だとは死ぬまで明かさない」と出自を隠し続ける若者がいる。

崔さんは当事者が負った傷を語り「人権侵害を未然に防ぐため差別をしない子どもを育てる必要がある。差別は存在を知っただけではなくならない。差別は社会悪だという地平に立った教育が求められる」と呼び掛けた。

崔さんは同区桜本で地域の子どもたちを支える市ふれあい館の職員。昨年11月、今年1月と桜本を目がけて行われたヘイトデモの抗議活動に中学2年生の長男中根寧生(ネオ)さん(14)と参加した。

深く傷ついた寧生さんだが、翌日教員の「味方はいっぱいいるからな」というひと言に救われたといい、崔さんは「ヘイトスピーチをしているのは大人だ。子どもたちにとって一番身近な大人である先生たちが差別は許されないと示してほしい。それが被害の回復につながる」と訴えた。

約170人の教員を前に「ヘイトスピーチ解消法では、特定の民族・国籍の人たちを地域社会から排除することを扇動する差別的言動は決して許されないとされている。本市では多文化共生教育を大切にしてきた。あらためて、いかなる差別も許されないということを繰り返し指導してほしい」と話した市教委の川村雅昭人権共生教育担当課長は「いじめや差別の問題では加害者の指導や再発防止を優先して考えがちだが、崔さんの話を聞き、被害者の思いに寄り添い、受け止める対応が必要だと感じた」との受け止めを示した。

研修は市立桜本中が取り組む人権尊重教育の公開授業に合わせて行われ、同区の中学校から参加した男性教諭は「被害当事者の生の声を聞く貴重な機会になった。人権の問題は桜本地区だけの問題ではなく、広く市内で取り組まれるべきだ」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00013614-kana-l14

http://lpt.c.yimg.jp/im_sigg3QZMOZFuY.P.7hz.Hxem5g---x900-y596-q90/amd/20161122-00013614-kana-000-view.jpg

ヘイトスピーチの被害当事者として思いを語る崔さん(左)=川崎市立桜本中


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479822912

24 10月

【神奈川】横浜市教委副読本問題 「朝鮮人『虐殺』の記述こそが教訓」 歴史を学ぶ市民の会

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/23(日) 19:31:04.07 ID:CAP_USER.net
http://www.kanaloco.jp/image/article/original/207/d9b359e1a19d2ef2494faaa7b16cdc8c.jpg

読本改訂の経過を解説する後藤さん=かながわ県民センター

 【時代の正体取材班=石橋 学】横浜市教育委員会が作成中の中学生向け副読本の改訂を巡る問題を考える集会が22日、横浜市神奈川区のかながわ県民センターで開かれた。市教委は作成中の新副読本に朝鮮人虐殺の史実を記載する方針だが、主催の「歴史を学ぶ市民の会・神奈川」のメンバーは「『虐殺』という記述に戻るのかという課題が残っている。問題は終わっていない」と強調した。

 副読本改訂問題は朝鮮人虐殺に関する記述を自民党の横山正人市議が批判したのが発端。市教委は2013年度版から「虐殺」を「殺害」に書き換え、軍隊と警察の関与を記した部分を削除した。本年度リニューアルされる新副読本の原案に朝鮮人虐殺の記述が一切なかったことから、歴史学者や市民団体、市民から批判の声が上がっていた。

 元中学校教員で同会の後藤周さん(67)は歴史の教訓として伝え残すためにも「虐殺」の表現に戻す必要があるとし、「一つの政治勢力の大きな声で揺らぐようでは困る。教えるべき歴史を当たり前に教え、小さな声に耳を傾ける教育行政に戻していかなければ」と話した。

 代表の北宏一朗さん(75)は「朝鮮人虐殺が後のアジア侵略に行き着いた歴史を忘れてはならない」と指摘。歴史修正主義とヘイトスピーチ(差別扇動表現)に象徴される差別・排外主義の台頭は地続きの問題であることを強調した。

http://www.kanaloco.jp/article/207523


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1477218664

8 10月

【神奈川】「朝鮮人虐殺」記載へ 横浜市教委の副読本

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/08(土) 00:51:41.21 ID:CAP_USER.net
http://www.kanaloco.jp/image/article/original/204/45591d53074e58940fa6121284ab3d21.jpg

新副読本について報告がなされた横浜市教育委員会定例会=7日、横浜市中区

【時代の正体取材班=石橋 学】横浜市教育委員会が作成中の中学生向け副読本の原案で関東大震災時の朝鮮人虐殺の記載がなかった問題で、同市教委は7日、虐殺の史実を記載する方針を明らかにした。同日の市教委定例会で報告した。

 新副読本作成を担当している指導企画課の三宅一彦課長は「横浜で起きた痛ましい出来事を学ぶことで歴史の理解を深め、防災教育の面からも多面的・多角的に考えることのできる記載になるよう検討している」とし、記載を前提に編集作業を行っていると説明した。

 教育委員からは「人間は過去を正当化したがるものだが、(虐殺という)悲惨な事件を起こす可能性があるということを教訓として刻まなければいけない」と積極的に理解を示す意見も出された。

 新副読本を巡っては市民団体「歴史を学ぶ市民の会・神奈川」(北宏一朗代表)が原案を情報公開制度で入手したところ、従来の副読本にあった朝鮮人虐殺の記述がないことが判明。歴史研究者や市民団体から虐殺の史実と背景を記載するよう求める要望書が市教委に寄せられていた。

http://www.kanaloco.jp/article/204327


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1475855501

24 9月

【神奈川】「高津コリアン祭 サランフェスタ2016」に約950人が来場 “お互いを知れば豊かになる”

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/09/24(土) 06:08:44.82 ID:CAP_USER.net
“お互いを知れば豊かになる”

「高津コリアン祭 サランフェスタ2016」(主催・南武初級、後援・川崎市)が18日、南武初級で行われ、同胞、日本市民ら約950人が参加した。

http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/09/DSC_0160s_R.jpg

南武初級生徒の公演

「サランフェスタ」は、食や文化を通じての地域交流イベントとして2014年から毎年開催されている。

秋雨が降る中、屋内に設置された舞台では、南武初級の生徒たちによる民族楽器の演奏、踊り、合唱が披露された。珍しい朝鮮民族楽器の音色や、煌びやかな衣装をまとい躍る生徒の姿に会場からは温かい拍手が送られた。

昨年に続き来場したという神塚佳代さん(46)は「南武初級の生徒さんたちの舞台は今年も素晴らしい! 身近にいるけど、普段接点がない分、新鮮で大きな感動をもらう」とし、「お互いを知れば、お互いが豊かになる。来年も楽しみにしたい」と語った。

その後、舞台ではラニカイフラスタジオの生徒らによるフラダンス、東京朝高ダンスサークルによるヒップホップダンスが披露されるなど、多種多様な演目が披露された。ラニカイフラスタジオのマナ・モリヤ・岡崎代表は「私たちのスタジオには朝鮮学校の生徒さんも通っている。今回、声をかけていただいたことで私たちの踊りを広め、また朝鮮の文化にも触れるきっかけとなった。この交流を大事にしたい」と話した。

近づく距離

お昼時、昨年人気を博した七輪での焼肉や、チヂミ、スジ煮、キムパッなどの屋台は、朝鮮料理を買い求める人々で混み合い、遊戯コーナーや移動動物園、エア―ドームには子どもたちが列を作った。

http://chosonsinbo.com/jp/2016/09/sk2016923/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474664924

5 9月

【神奈川】差別撤廃への思い誓う 関東大震災後の朝鮮人虐殺で追悼集会

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/09/04(日) 21:18:50.65 ID:CAP_USER.net
http://www.kanaloco.jp/image/article/original/196/3af3d4aab61ffe718aa43667f2bba9b2.jpg

献花する追悼会参加者=横浜市西区

 1923年の関東大震災直後に虐殺された朝鮮人らを追悼する集会が3日、横浜市西区の久保山墓地で開かれた。
虐殺の真相究明に取り組む市民グループや神奈川朝鮮中高級学校の生徒ら約150人が参加。慰霊碑に花を手向け、歴史の暗部を語り継ぐとともに差別撤廃への思いを誓った。

 集会は、市民グループ「関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会」が主催し今年で4回目。横浜でも起きた朝鮮人の虐殺は、震災発生直後から事実無根の流言が広がり、自警団の住民らによる殺傷事件が多発。
軍や警察も関与したケースもあるとされる。犠牲者は最大数千人規模。その多くが朝鮮人で、半数が横浜で命を落としたといわれるが、詳細は分かっていない。

 同会メンバーによる調査結果を朗読劇方式で報告。「反町遊郭(現在の反町公園近く)で惨殺された」「当時の横浜駅に焼死体が多数」「浅野造船所で100人以上が襲撃された」といった内容の目撃証言や当時の新聞記事などをもとに披露し、真相に迫った。

 同会代表の山本すみ子さんはあいさつで、韓国朝鮮人に対するヘイトスピーチが繰り返される排外的な状況に言及。
「93年前に虐殺した事実を隠蔽(いんぺい)したことに始まる差別の実態は今なお続いている」と指摘し「皆で立ち向かい、闘っていきたい」と活動継続への思いを新たにした。

 民族舞踊やアリランの合唱なども行われ、犠牲者を供養した。

http://www.kanaloco.jp/article/196988


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1472991530

2 7月

【神奈川】日韓の僧侶が交流・・・川崎大師平間寺で

1 名前:HONEY MILKφ ★@\(^o^)/:2016/07/02(土) 08:33:38.93 ID:CAP_USER.net
(写真)
http://www.townnews.co.jp/0206/images/a000570788_02.jpg


第37回日韓・韓日仏教文化交流川崎大師平間寺大会」が先月17日に行われた。大本山川崎大師平間寺
(貫首 藤田隆乗大僧正)を会場に、日韓合わせて約200人の僧侶や信徒らが参加した。日韓仏教交流
協議会主催。(財)全日本仏教会・平間寺後援。

日韓・韓日仏教文化交流大会は、仏教を通じた日本と韓国の文化交流を目的として開催。毎年両国を
会場に交互に行っており、川崎大師平間寺では1984年以来2回目。平間寺貫首 藤田隆乗大僧正が
日韓仏教交流協議会の会長に2年前に就任したことから、川崎大師平間寺を今回の会場としたという。

当日は僧侶により、世界で起きているテロや紛争に対して恒久平和の実現を願い、災害や争いの犠牲者
を追善する平和祈願法要が執り行われた。また、仏教を通じた交流のみならず両国それぞれの仏教
信仰について勉強し合うことを目的として、学術交流大会も行われた。仏教信仰の多様性をテーマに、
日本側は高野山恵光院住職で専修学院講師の近藤大玄師、韓国側は中央僧伽大学校仏教社会学部
教授の柳承武師が講演した。

講演後には大会を振り返る内容の共同宣言が採択され、日韓仏教交流協議会の渡邊真行事務総長と
韓日仏教文化交流協議会の金香雲事務総長が務めた。共同宣言の中には「4月に起きた熊本・大分
両県大震災に対し、大会参加者一同は被災された多くの住民の苦痛を共有した」との一文も盛り込ま
れた。

日韓仏教交流協議会の藤田隆乗会長は、出席者らを前に大会辞として「仏教文化交流を通じて両国が
固い絆のもと歩みを一にして、仏光に照らされた輝かしい未来を実現していくために精進を重ねる」と
述べた。

ソース:タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0206/2016/07/01/338411.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1467416018

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ
ぶるーれいニダ






















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ