産経新聞

15 10月

【産経新聞】反日プロパガンダから実力行使へ、一線越えた朴政権 日本への「ヘイトスピーチ」はとどまるところを知らない

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2014/10/15(水) 00:19:10.66 ID:???.net
http://www.sankei.com/images/news/141013/wor1410130008-p1.jpg

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を在宅起訴したソウル中央地方検察庁=韓国・ソウル(桐山弘太撮影)

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の起訴は、韓国当局が反日プロパガンダにとどまらず、公権力を使った実力行使という一線を越えたことを意味する。

 また、度重なる出国禁止措置の継続は昭和23年の国連決議「世界人権宣言」が規定した「移動の自由」を侵害するもので、司法の名を借りた暴力といえる。

 実力行使に至るまでにはさまざまな反日プロパガンダがあった。今回の起訴が反日世論の影響を背景とした恣意(しい)的な措置とみられても仕方あるまい。

 最近では、政権末期、身内が強制捜査を受けた李明博(イ・ミョンバク)前大統領の変節と愚挙が記憶に新しい。

 大統領就任当初、日本に謝罪は求めないなどとしていた李氏自身が平成24年8月、韓国大統領として初めて竹島(韓国名・独島)に上陸し、その後、天皇陛下に謝罪要求の発言をした。

 朴槿恵政権になった直後の昨年3月、東日本大震災追悼式典に百数十カ国の外交関係者が参列する中、韓国は「事務的ミス」で欠席した。

 同年5月には、韓国紙「中央日報」が、日本への原爆投下は「神による罰」とする記事を掲載し、被爆者の怒りを買うなど、日本への「ヘイトスピーチ」はとどまるところを知らない。

 中でも、開催候補地のライバルでもない韓国が、2020年東京五輪開催の妨害行為と非難されても仕方のない行動に出た。
科学的根拠がないまま、候補地決定直前の昨年9月、韓国政府が東京電力福島第1原発の汚染水漏れを理由に、被災地などの水産物輸入の全面禁止を発表したのだ。

 目を転じて海外では、旧日本軍が強制連行したとして、物的証拠がないにもかかわらず、米国内の公共施設に慰安婦像や記念碑を乱立させ、国際社会での日本の尊厳と名誉をおとしめる言動にいそしんでいる。
慰安婦像の説明文には「20万人の婦女子を強制連行した」などと記されている。

 国際社会は「韓国の法律に懸念を示してきた」(米国務省報道官)と成り行きを注視している。朴政権は早晩、欧米各国の高まる批判に耐えきれず、自縄自縛に陥るだろう。

 朴政権よ。悪いことは言わない。速やかに処分を撤回することだ。(佐々木類)

http://www.sankei.com/world/news/141013/wor1410130008-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/141013/wor1410130008-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/141013/wor1410130008-n3.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1413299950

14 9月

【産経新聞】「日本は4万3千人もの朝鮮人をサハリンに強制連行し、戦後、朝鮮人だけを置き去りにした」という大ウソ

1 名前:シャチ ★@\(^o^)/:2014/09/14(日) 13:02:06.72 ID:???.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140914-00000510-san-soci
産経新聞の連載小説『アキとカズ』は、ついに双子の姉・アキが24年ぶりに樺太から祖国・日本へ帰国を果たす。
ソ連(当時)からも日本政府からさえも忘れられた樺太の日本人の存在を知らしめ、
固く閉じられた“鉄の扉”をこじ開けるきっかけとなったのは、アキがソ連の最高権力者・フルシチョフ宛てに打った一通の電報であった。

 このエピソードは大筋「実話」である。アキのモデルのひとりである堀江和子さん(平成19年、80歳で死去)が、
やむにやまれず打った“捨て身の作戦”。

 『サハリンの韓国人はなぜ帰れなかったのか』(草思社)著者、新井佐和子さんは、この時の堀江さんの思い切った行動がなければ、
いまだにサハリン(樺太)に残っていた人々は帰れなかったかもしれない、としている。

 さて、このとき(昭和32年~34年)、物語のアキと朴大成(パク・デソン)のように、ソ連は、日本人と
「日本人の配偶者である朝鮮人」の帰国は許したものの、それ以外の朝鮮人の引き揚げは依然、認めなかった。
彼らの多くは出身地の「韓国」への帰国を希望しており、激しく対立する北朝鮮への配慮から、ソ連が頑として出国させなかったからである。

 この問題が“自虐的な日本人”にあおられて、1990年前後になってから本格的に外交問題化してしまう。
曰(いわ)く、「日本は戦前から戦中、4万3000人もの朝鮮人を樺太に強制連行した上、
戦後、朝鮮人だけを置き去りにした。日本政府の責任において故郷へ帰せ」というものである。

 物語の中でも再三、書いてきたが、「強制連行」も「朝鮮人を置き去りにした」こともまったく事実ではない。
そして、いまだに語られる「4万3千人」という数字が戦後、“偽造された大ウソ”なのだ。

 戦後、樺太に残された朝鮮人は多く見積もっても約1万5千人。ところが、樺太を実効支配したソ連の政策によって、
戦後になり、中央アジアの朝鮮族や北朝鮮から「新たな朝鮮人」が樺太に移住してくる。

 当然のことながら、戦後やってきた彼らは日本と何の関係もない。

 だが、この問題が外交問題化し、日本が「道義的責任」から支援を余儀なくされると、どういうわけか「彼ら」も支援対象に紛れ込み、
『4万3千人』という数字が独り歩きしてしまう。オメデタイのは、日本政府がこれまでに約80億円もの巨額の支援をさせられながら、
彼らの出自を精査した気配がないことだ。

 かつて、外務省の担当者が「これぐらいの金額なら…」と放言したことがあった。
つまり、この程度の支出で韓国が文句を言わないでくれるのなら良いのではないか、という意味である。
日本と縁もゆかりもない朝鮮人に支払われ続けた80億円の血税は“はした金”なのだろうか? 
これこそ「事なかれ主義」の日本外交の象徴であろう。(『アキとカズ』作者、喜多由浩)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1410667326

25 1月

【産経新聞】「対馬の漁師にとって韓国人観光客はマイナス」韓国人釣り客、違法行為やりたい放題

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/24(金) 19:37:17.48 ID:???
長崎県・対馬の漁民を取り巻く自然環境と人的環境が日に日に厳しくなっていることはすでに報告したが、
それに輪をかけて漁民を悩ませているのは韓国人らによる違法行為だ。

 厳原(いづはら)町漁業協同組合の二宮昌彦組合長(55)は、
韓国人観光客が年々増えていることに、ある程度の経済的効果を認めながらも、
「漁師にとってはマイナスだ」という。

 観光客に交じって来島する何万人にものぼる釣り客が問題で、
外国人による撒(ま)き餌を禁止している「外国人漁業の規制に関する法律」(外規法)
を破るケースが横行しているというのだ。

 二宮組合長によると、海底に残った餌が岩に付着して海藻がはえなくなるなど、
自然環境に影響が出るほど過剰な撒き餌が行われているという。

 「水産庁に外規法を厳しくして取り締まる機関を作ってくれと言いよるとですよ。
でも、外国人の魚釣りの件は地元で調整してくださいという感じ。
国自体が調整をしきらんのに、地元が調整しきるわけがないじゃないですか」

 二宮組合長はさらに、たたみかけた。「韓国に気兼ねをしてなのか、
反対に外規法を取っ払うみたいな話があるようです。もし、外規法をなくした場合、
韓国人の釣り客はもっと押し寄せてくるでしょう」

一方、漁業不振で漁に出るのをやめた漁師の中に韓国人釣り客の違法行為を手伝う者も出てきたという。
二宮組合長によると、対馬にはこれまで、韓国資本で遊漁船を営む7つの業者があったが、
厳原町漁協の中からも昨年だけで組合員4人が遊漁船の許可を取得し、
韓国人釣り客の水先案内人をしているという。

 「韓国人を案内した方が確実にお金になるでしょ。これからも増えますよ。
もし、外規法がなくなるような事態になると、間違いなくもっと増えますね。
いずれ、漁師がいなくなってしまうか、韓国に雇われるようになってしまう」

まさに踏んだり蹴ったりの状態が続いているのだ。
(中略)
海は、いつ何時、他国からの不法侵入など不測の事態が勃発するか分からない危険性もはらんでいる。

 45年間、イカ釣り業を営む築城哲則さん(63)は「今は見かけないが、
過去には不審船を多く見かけた。外国船が動かないで同じ所に止まっているんですね」という。
吉村さんも「韓国の漁船も以前のように頻繁ではないが、来ますよ。
10年前から20年前はひどかったです。日本の警備艇や韓国の警備艇が来ると、逃げるとです」。

 市議会の国境離島活性化対策特別委員会委員長の長信義市議(64)は、こう警鐘を鳴らした。

 「魚が取れない上に、燃料が高いというダブルパンチで、漁に出られないという現実がある。
さらに韓国人釣り客らの違法行為がある。(漁師が)沖に出きらんから、
国境に面している島がこのままでは危ないですよと、私たちは言いよるわけですよ。
沖に出て不審船や何かを見つける役割を果たしているのは実は漁民なんです。
漁師が沖に出られないとなると、無防備になる。海上保安部の代役をしてきたのが実は漁民なんですよ」

 漁民は安全保障の“目”であり、
漁業不振は安全保障に大きな影響を与える危険性をはらんでいるのである。(宮本雅史)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000533-san-pol


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390559837

21 1月

【産経新聞】安重根記念館など後手後手の日本外交、外務省になお「中韓の反日活動が怖い」と消極論

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/20(月) 23:47:45.51 ID:???
菅義偉官房長官は20日、
初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根(アンジュングン)の記念館が
中国北東部のハルビンに開設されたことに対し、中韓両国に抗議したと明らかにした。

ただ中国外務省の洪磊報道官は同日の定例記者会見で、
「記念館設立は完全に正当で筋が通っている」と反論。
一連の動きは昨年6月から表面化していただけに、日本側の対応が後手に回った側面は否めない。

抗議は外務省の伊原純一アジア大洋州局長が19日、中韓両国の在日公使に電話で行った。
菅氏は会見で、「安重根はわが国の初代首相を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだ。
(中韓両国の動きは)地域の平和と協力関係の構築に資するものではない」と述べた。

 記念館の開設は、昨年6月に韓国の朴槿恵大統領が中国の習近平国家主席に
記念碑設置への協力を要請したのがきっかけだ。外務省は韓国側の動きが表面化するたびに、
両国に日本の立場を説明し、計画の撤回を求めてきた。

ハルビン駅がある黒竜江省を管轄する在瀋陽の日本総領事館員も、
地元関係者に日本の国民感情が悪化する懸念を伝えていたという。

しかし、当初は中国側が記念碑建立に消極的な姿勢だったこともあり、
「先手を打った大規模な抗議活動は行わなかった」(政府関係者)。
結果は、「記念碑」どころか記念館の建設となり、
外務省幹部は「情報入手が遅くなったことは否めない」と情報収集が後手に回ったことを認めた。

外務省は各国に駐在する日本大使に中韓両国の誤った主張に積極的に反論するよう指示を出している。
今年に入り、米英両国駐在大使が現地メディアで、
中国大使による対日批判に反論するなどその機会は増えつつある。

ただ省内には「目立ちすぎるとかえって反日活動に火を付けかねない」との消極論も消えず、
日本の対外発信は中韓両国に比べ、なお及び腰だ。
中韓が目に見える形で日本に宣伝戦を挑んでいる以上、
より踏み込んだ対策が求められるのは論をまたない。

中国外務省の洪報道官は安重根を「著名な抗日義士で、中国人民の尊敬を受けている」
と言い切った上で、安倍晋三首相の靖国神社参拝と関連づけて
「歴史を適切に正視して反省し、参拝問題に関する誤った立場を修正するよう、日本側に要求する」
と訴えた。(水内茂幸、北京 川越一)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140120/plc14012022570030-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140120/plc14012022570030-n2.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390229265

18 1月

【産経新聞】中韓以外に広がらぬ「安倍包囲網」 韓国メディアの論調に焦りも【01/17】

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/18(土) 00:40:44.15 ID:???
安倍晋三首相(59)の靖国神社参拝をめぐって激しい批判を続ける韓国メディアの論調に焦りが見え始めた。
中韓を除いて「安倍包囲網」が広がらないことも要因とみられ、米国に対し「もっと積極介入し、安倍氏に謝罪させろ」と迫る論調も出た。
一方で、日韓首脳会談開催を望む国内世論に押され、是々非々で日本の役割を活用すべきだと「用日論」を社説に掲げる大手紙も現れた。

昨年12月26日の安倍氏の靖国参拝以来、社説で安倍批判を繰り返す急先(せん)鋒(ぽう)が韓国の大手紙朝鮮日報だ。
12月28日付(電子版)では、中韓の警告を無視した参拝は「米国など主要国は自分を切り捨てないという自信」と
「第二次大戦で被害を受けた東南アジア諸国からも支持されていることに力を得た」と分析。安倍氏の「脱線」を止めるよう、韓国は国際社会に働き掛けるべきだと訴えた。

 特に米国に対しては30日付で、日本の軍事力強化を積極的に支援したことが「安倍氏の読み違いを招いた」とし、「日本の歴史歪(わい)曲(きょく)を人ごとのように放置してきた」とも指摘。
「安倍氏に参拝を謝罪させなければ、米国のアジア戦略は根本から揺らぐ。韓国民の心の傷によって米国で生じる被害は日本の資金で埋め合わせられない」と脅しつけた。

ただ、安倍批判の国際世論はさほど盛り上がらず、フィリピンの有力紙は「中国に同調して日本批判をすべきでない」との元大統領の寄稿を掲載。
米国務省も当初、「失望」を表明したが、ジョン・ケリー長官(70)は今年1月7日の韓国外相との会談後の記者会見で、日本の問題に一切触れず、質問も受け付けなかった。

■ナチスを例に暴論展開

これに最も「失望した」のが朝鮮日報だ。9日付で「ドイツの指導者らがナチス戦犯の墓を参り、ナチスの侵略を否定すれば、欧州各国はどう反応するか。欧州連合は間違いなく崩壊する。
米国はそうなっても欧州連合に歴史と安全保障を分けて考え、ドイツと協力するよう求めるだろうか」と極端な例に靖国参拝をなぞらえ、米国に積極介入を促した。
こんな暴論で同盟国に説教するようでは国際社会の共感を得られるはずはなく、朝鮮日報側にこそ「読み違い」があると言わざるを得ない。

 一方、別の大手紙中央日報は9日、「政府は『用日』の世論に耳を傾けるべき」と題する社説を掲載した。
冒頭、領土と歴史認識、慰安婦、戦時徴用訴訟問題を挙げ「韓日関係は今、4つのわなにかかっている」と指摘。
昨年、韓国への日本の直接投資が4割、日本人観光客が23%減ったことなどから「1965年の国交正常化以来、このような全面的な氷河期はなかった」と危機感を示す。

■「原則より国家利益」

 その上で、日韓首脳会談開催に賛成が5割、日韓関係改善に大統領が積極的に取り組むべきとの声が6割近くに上った民間研究所の世論調査を紹介。
経済や安保分野で日本の役割を活用する「用日」を提唱した。
「日本の正しい歴史認識を促していくものの、それが韓日関係全体を左右しないようバランスの取れたアプローチが求められる。原則よりも国家の利益がさらに重要だ」とも指摘した。

 「原則より」とは歴史認識という原理原則にこだわり、首脳会談に応じない朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領(61)の姿勢を婉(えん)曲(きょく)にたしなめたと読み取れる。
首相の靖国参拝後、韓国で安倍批判を取り下げる空気にはない中、最大限、大統領に譲歩を迫った形だ。

 「日本を用いるべき」とは上から目線に違いはない。ともかく現実路線から「用日」世論に耳を傾けるか、原理原則に固執して国際社会に“告げ口外交”を続けるか。
朴大統領のリーダーシップが問われているが、今のところ姿勢に変化の兆しはない。(国際アナリスト EX)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140117/frn1401171532008-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140117/frn1401171532008-n2.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389973244

11 1月

【産経新聞】「嫌韓」の奔流 メディアが韓国称賛する中、2chなどネットで違和感増大

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/11(土) 11:44:43.38 ID:???
 韓国前大統領の李明博(イ・ミョンバク)(72)が2012年夏に竹島に上陸して以降、日韓関係は最悪といわれるほど冷え込んでいる。
これまでと大きく違うのは、少なくない日本人が「嫌韓」感情を隠そうとせず、李や歴史認識を盾に首脳会談に応じない現大統領の朴槿恵(パク・クネ)(61)の態度を公然と批判し始めたことだ。
日本人が戦後長らくタブー視してきた「嫌韓」が表面化するきっかけは何だったのか。
 
「問題作」といわれる漫画が05年に出版された。在日韓国・朝鮮人は強制連行されたといった韓国側の歴史観を批判し、朝鮮半島の近代化に対する日本の貢献を主張した「嫌韓流」だ。
広告宣伝がほとんどなかったにもかかわらず、出版前からインターネット上で話題を集め、現在までシリーズ約100万部を売り上げた。
米紙ニューヨーク・タイムズは当時、1面で「韓国などへの対抗心をあおる漫画が日本でベストセラーになっている」と報じた。

「嫌韓流」は冒頭、日韓が共催した02年のサッカー・ワールドカップ(W杯)について描く。
韓国選手の相次ぐラフプレーが反則とされなかったり、韓国応援団がドイツチームを「ヒトラーの子孫」と罵倒したりした逸脱行為を取り上げなかった日本のメディアに疑問を呈したのだ。

 「韓国を非難することは言ってはいけない空気があった。何かおかしいとの思いが決定的になったのがW杯報道だった」。
デザイン会社に勤めていた著者の山野車輪(42)は執筆の動機をこう振り返る。

1998年、日本語を解し知日派で知られる金大中(キム・デジュン)が韓国大統領に就任。
当時の首相、小渕恵三との間で日韓共同宣言が署名され、メディアはこぞって日韓新時代の到来を強調した。
金政権は、国際通貨基金(IMF)の介入を招いた金融危機から早期に脱し、世界企業としてサムスン電子が台頭。日本の経済界からは「ルック・コリア(韓国を見習え)」との声が上がった。
2000年には海外旅行先として韓国がハワイを抜いて首位になる。そんな日韓新時代を象徴するメーンイベントが共催のW杯だった。
 
03年の韓国ドラマ「冬のソナタ」の放映後には、空前の韓流ブームが巻き起こる。
韓流に詳しいライターの児玉愛子は「甘ったるいセリフを連発するなど日本にはない演出とハリウッド・スターにはない親近感が中高年女性の心をつかんだ」と分析する。
「近くて遠い国」と称されてきた韓国が「近くて近い国」として認識され始めた。
日本人の韓国観を研究してきた首都大学東京特任教授の鄭大均(65)は1998年以降を、加害者意識からくる「負い目意識の時代」をへて「韓国称賛の時代」に移ったとみる。

(続く)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n2.htm

2 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/11(土) 11:45:27.34 ID:???
>>1の続き

「韓国称賛」の絶頂期にあった2002年、山野は「嫌韓流」の原案を複数の出版社に持ち込んだ。
だが、まともに取り合う社はなく、「『嫌韓』漫画はタブー」だと思い知らされた。そんな山野が活路を見いだしたのがネット空間だった。
ホームページで公開し始めると反響が広がり、これが出版社の目に留まり、出版にこぎ着けた。

ネットの世界では既に韓国の「反日」の異質さを取り上げる掲示板が存在し、日本統治時代に発展した韓国の街並みや、
慰安婦が強制でなかった「証拠」として当時の慰安婦を募集する張り紙の画像が出回っていた。
02年のW杯を契機にネット掲示板「2ちゃんねる」などで韓国の不都合な面を報じない日本メディアに対する書き込みが一気に増え始めた。
山野は「『嫌韓』は韓国や韓流ブームに対してというより、韓国批判をタブー視する大手メディアの風潮に対して起こった」との見方を示す。
 
「本当はヤバイ! 韓国経済」などベストセラーを生み、
経済の切り口から韓国に批判的な言論活動を続ける「嫌韓」のもう一人の“カリスマ”、三橋貴明(44)も最初の出版動機について「韓国称賛」に対する違和感を挙げる。

中小企業のコンサルタントをしていた三橋は「好調の裏で韓国経済は実はおかしい」といったネット上の議論に興味を持ち、2ちゃんねるなどに書き込んでいった分析を元に本を書き上げた。
出版の経緯は山野と重なるが、専門外の韓国経済について書こうと思い立ったのは「大手新聞社が韓国企業の礼賛ばかりで、危機についてどこも書かなかったから」だという。
“素人”で韓国語もできない三橋を“第一人者”に押し上げたのもネットだった。ネットの翻訳機能で大まかな韓国語の意味が理解できる。
大手韓国紙は競うように日本語サイトを立ち上げ、主要な記事は日本語で読めた。足りない情報を提供してくれるネットユーザーもいた。

山野は「ネットというツールがなければ『嫌韓』が盛り上がることはなかっただろう」と語る。
ネットの翻訳機能を使って歴史問題などをめぐって日本人と韓国人が議論しあう掲示板が登場。ネット上で韓国紙の日本語記事を引用し、韓国特有の「反日」を揶揄(やゆ)する現象が広がった。
「韓国称賛時代」のさなか、ネット空間では逆に「嫌韓」が人気トピックとして確固とした位置を獲得していった。
ネット空間で蓄積されてきた「嫌韓」が李明博の竹島上陸やそれに続く「天皇は謝罪が必要だ」との発言を引き金に大手メディアの論調でも韓国批判が現れ始めた。

鄭は「李前大統領の竹島上陸は、2ちゃんねるやブログに封じ込められていた嫌韓感情を一気に大衆化してしまった。日本人の側にはそれが一線を越えるものとみなされた」と指摘。
「敵意・不信を応酬する時代が到来したといえ、摩擦の日韓関係はしばらく続くだろう」と予測する。

一方で、現在の日韓関係について「一概に不幸な時代ともいえない」とも話す。
日本はこれまで、行き過ぎた韓国の『反日』があっても無関心か、その場しのぎを続けてきた。だが、そうした姿勢のままでは、韓国人の日本観に変化を期待しようがない。
「日本人が言うべきことを言う時代はもっと早くに来るべきだったのではないか」。鄭はそう感じている。=敬称略(桜井紀雄)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n4.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n5.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389408283

30 12月

【産経新聞】黒岩神奈川県知事が朝鮮学校生徒へ学費補助を提案、朝鮮総連の影響下なのに「在日朝鮮人の子供に罪ない」で支給は疑問

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/12/30(月) 00:27:24.01 ID:???
朝鮮学校への補助金支給を見送っていた神奈川県が、外国人学校への経常費補助制度を全て廃止し、
来年度から生徒に対する学費補助を行う方向で検討している。
「罪のない子供」にしわ寄せが行かないよう県がひねり出した苦肉の策だ。

ただ、問題となっていた北朝鮮の独裁者をたたえる教育内容や朝鮮総連の影響下にある学校運営は
不透明なままで、結局、公金が学校側に流れてしまう疑念も拭えない。

 県は今回の方針を今月11日の県議会県民企業委員会で報告。
県幹部は「国際・政治情勢に左右されずに子供たちが教育を受ける機会を安定的に確保するのが目的」
と説明し、保護者の世帯収入に応じた学費補助を行う方針を示した。

 県は平成24年度、県内にある朝鮮学校5校に対し、補助金計約6300万円を支給した。
しかし、今年2月に北朝鮮が核実験を強行したことを受け、「県民の理解が得られない」
として25年度は経常費補助の予算計上を見送った。
黒岩祐治知事は10月の定例会見で26年度の支給についても見送る方針を示していたこともあり、
学費補助の提案はあまりに唐突だった。

県私学振興課の説明では、高校相当の生徒には、現行の私立高に通う生徒の授業料を補助する制度をモデルとし、
保護者の収入に応じて年間で最高18万2400円を支給。
中学までは、最高で県内の私学の平均授業料分を補助する方向で検討している。

黒岩知事は今月12日、記者団の取材に応じ、「一つの提案。これから議論をスタートさせたい」と述べ、
結論ありきではなく、あくまで検討段階であることを強調した。
外国人学校に通う児童生徒を対象にした学費補助は全国的に珍しく、
過去に導入した自治体もあったが、現在実施しているところはないという。

 一方で、県議会では補助金支出の条件として拉致問題に関する授業と教科書記述を強く求める意見が出ていた。
これらの問題は完全に解決していないが、黒岩知事は
「子供に罪はないという理念を形にしたもの。朝鮮学校への補助金を再開するというものではない」と説明。
拉致問題の授業と教科書への記述は引き続き強く要望していく姿勢を示した。
県によると、朝鮮学校からは今年度、「拉致問題を扱った授業をした」と報告を受けたという。

 ただ、朝鮮学校での教育内容は県として詳しく確認できていないのが現状。
来年度から朝鮮学校の教科書が改訂される予定だが、拉致問題の記述が掲載されるかははっきりせず、
確認することができるかどうかも不透明だ。

 さらに、朝鮮総連の影響下にある朝鮮学校の学校運営にも不確かな部分が多い。
学校側が学費補助を理由に授業料の値上げをした場合、公金が間接的に学校側に吸い上げられることになるが、
学校運営に関わる問題に県が口出しすることもできないという。

また、経常費補助から学費補助への切り替えは、インターナショナルスクールや
中華学校など他の外国人学校5校への影響も大きい。
県は各学校に説明して理解を求めているが、賛否両論の意見が出ている。

 本来、朝鮮学校への公金支出をめぐる議論で問われてきたのは、
北朝鮮と深くつながりのある朝鮮総連の学校運営や教育内容への影響であったはずだ。
県側もこれらの課題を棚上げにするつもりはないものの、疑義が残るまま支給に踏み切ってよいのか疑問だ。

来年度予算に外国人学校への学費補助が計上されるかどうかは、年明けの県議会で審議される。
強い反対の立場を取っている自民党県議団のある県議は
「朝鮮学校にお金が流れる可能性がある限り容認できない。反対派の議員は他にもおり、もめそうだ」
と話す。県議会での議論に注目したい。    (田中俊之)

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131229/kng13122922140004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131229/kng13122922140004-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131229/kng13122922140004-n3.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388330844

16 12月

【産経新聞】韓国から逃げ出す外資系金融機関…GDPからは見えない韓国経済の危険度

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/12/16(月) 11:44:00.67 ID:???
韓国で外資系金融機関の事業縮小、撤退が相次いでいる。
英金融大手HSBCが小口金融(リテール)から撤退するほか、シティバンクは20店舗以上を閉鎖するなど、
まるで韓国から逃げ出すような撤退ラッシュが続く。「金融市場に影響を与えることはない」(シンクタンク)
と平静を装うが、韓国経済が劇的に上向く要素は乏しく、撤退の動きは収まりそうもない。

英HSBCは7月、リテール業務の新規顧客の受け入れを停止。韓国国内の店舗の大半を閉鎖し、
現在は法人営業に軸足を置いている。韓国シティバンクは業績不振を理由に昨年末から店舗削減に乗り出し、
今年9月末までに20店舗以上を閉鎖。さらに子会社において希望退職、一部のサービスからの撤退などリストラを進めているという。

英スタンダード・チャータード銀行は8月、業績不振に陥った韓国スタンダード・チャータード銀行が
支店数を約100店舗削減するとともに、営業権の帳簿価格を大幅償却する方針を決めている。

朝鮮日報(電子版)によると、2003年以降、銀行13行、保険会社5社、
証券会社6社、資産運用会社4社など、計31の外資系金融機関が韓国を離れた、という(今年8月時点)。

その上で撤退ラッシュについて、韓国金融研究院が公表した報告書の『韓国の金融規制が、
過剰また韓国人と外国人間の不平等といった問題ではなく、国際的な整合性が不足しているという問題がある。
規制の予測可能性や一貫性の問題も外資系金融機関の韓国離れと関連が深い』といった分析を引用している。

つまり、韓国の金融規制が欧米を中心とするグローバルスタンダードとかけ離れ、その時々で変更されるため、
外資系金融機関の営業に支障が出ているというわけだ。日本の金融関係者は
「確かに金融研究院が分析しているような理由は大きい。それが店舗閉鎖や事業縮小の要因となっているのは間違いない」
と指摘する。しかし、その上で「ただ、それだけなのか…」と疑問を呈す。

韓国の国内総生産(GDP)は、8四半期連続で前期比1%増を下回った後、今年4~6月に1.1%増を記録。
7~9月も1.1%増と横ばいを維持しており、経済は上向きつつあるとみられている。

2000年代以降、サムスン電子や現代自動車などが躍進し、脚光を浴びた韓国経済。
しかし、これは韓国政府の為替介入による通貨安(ウォン安)政策で輸出競争力を高めただけ。
サムスンやLG電子などの低価格戦略などで煮え湯を飲まされた関西の家電メーカー関係者も
「韓国企業の実力は政府のウォン安誘導でかさ上げされていた」と話す。

韓国ではGDPに占める10大財閥の割合が7割超に達し、サムスン電子グループだけで2割超という。
しかも、サムスンの約7割はスマートフォン(高機能携帯電話)といわれ、
サムスンのスマホがつまずけば韓国経済がつまずくという危うさをひめている。

(続く)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131216/wec13121607000000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131216/wec13121607000000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131216/wec13121607000000-n3.htm

2 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/12/16(月) 11:44:23.57 ID:???
>>1の続き

一国の経済としてはきわめて脆弱(ぜいじゃく)な状況からか、米中央情報局(CIA)が毎年まとめる
「ザ・ワールド・ファクトブック」によると、12年の韓国の経済成長率は189カ国のうち117位にとどまった。
10年は57位、11年は102位と08年の米リーマン・ショック後は年を追うごとに後退。
来年についても10月に国際通貨基金(IMF)は、韓国の成長率見通しを下方修正している。

関西で働く大手銀行関係者は「経済が低成長になり、うまみがなくなったのではないか。
欧米系の銀行は商業銀行でなく、目先の利益を追いかける投資銀行が多い。
M&A(企業の合併・買収)などのニーズが減っているのだろう」と推測する。

今年2月に発足した朴槿恵(パク・クネ)政権は、情報通信技術と科学技術をベースに、
新製品・新サービスを生み出して雇用を拡大するという経済政策「創造経済」を打ち出した。
同時に財閥系企業の優遇を改める方針を示したが、いずれも効果が上がっているとは言い難く、
相変わらずの財閥頼み、サムスン頼みが続いている。

外資系金融の相次ぐ撤退について、朝鮮日報によると韓国金融研究院は
「韓国の金融市場に大きな影響を与えない」と見方を示しているという。
しかし、撤退ラッシュは一段落したわけではなく、日本の金融関係者は
「現状のままなら外資系金融機関は再び増えることはあり得ない。今後も縮小に動くだろう」と突き放すように話した。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131216/wec13121607000000-n4.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387161840

25 10月

【産経新聞】韓国の対日プロパガンダ信じた海外政治家・知識人「間違っていた」…韓国メディアも変節「日本と対話せよ」

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/10/25(金) 09:23:51.34 ID:???
「反日」姿勢を続ける韓国メディアだが、最近、弱気な姿勢も出始めている。自国の不遜で、横着な態度を、
外国人の知識人に批判させ、また、日本との対話を頑(かたく)なに拒む朴槿恵(パク・クネ)大統領に行動を促してもいる。
歪(ゆが)んだ教育で「反日」論理を振り回してきたが、それが国際的な孤立につながる道だということにようやく気がついたのかもしれない。
ただ、自国を「世界一」と勘違いしている国のことだ。過剰な自信と「反日」論理の新手の表現方法かもしれないが…。

「外国人に15分間、ウリ(韓国・韓国人を表す韓国語)と言ったら逃げられる」
「世界で唯一だと宣伝すれば国粋主義に傾倒しているように思える」

朝鮮日報(電子版)で、ドイツ人の韓国研究家で、漢陽大の元碩座教授のウェルナー・サッセ氏はそう苦言を呈している。
サッセ氏は韓国文化への造詣が深く、定年後の2006年から韓国に定住し、10年には韓国人と再婚。韓国大衆文化に関するエッセーも出版している。

そのサッセ氏は同紙の取材に対し「韓国人の行き過ぎた国粋主義は問題」と指摘している。
さらに、漢陽大学で指導していた当時も、若い韓国人たちが自らの文化に無知なことに驚いたことなどを紹介。
「5千年の歴史」を取り上げ、科学的な証明が必要とした上で、
「過度に自慢すれば外国では笑いぐさになるかもしれない。誇張せず、体系的に、事実に基づいて韓国の歴史を紹介したほうがいい」と忠告している。

実は、外国人による韓国批判はこれだけではない。
米ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、「韓国の危険 日本に対する自らの立場の過剰な自信」と題した
韓国在住の政治学者のカール・フリートホーフ氏の記事を掲載した。同氏は、安倍晋三首相と朴大統領の首脳会談開催を呼びかけ、
「大胆なリーダーシップを示すべきだ」と、頑なに拒否し続ける朴大統領の姿勢を批判している。

同氏は、朴大統領の反日姿勢について、中国との結びつきを強めるだけで、対北朝鮮で問題が起きたときの日本、米国との連携を薄め、
国際的な孤立を招く可能性があるなどとも指摘。首脳会談については「(会談を)実施したからといって、過去を忘れることを意味しない。
国家レベルでの高い代償を支払う前に、会談は日韓関係を元に戻すための確かな手法だ」と丁寧に諭している。
2人の警告は、歪んだ教育をすり込まれ、ただムードだけで「反日」論理を振りかざす韓国人を端的に言い表してもいる。

あらゆる事柄を「反日」論理にすり替え、日韓の関係を悪化させているのは一番の原因は韓国側にあるが、
韓国メディアもその異常さに気がつき始めたようだ。
朝鮮日報は10月11日付の社説で、相変わらずの日本の安倍首相批判を展開しつつ、一方で、朴大統領に対しても
「韓日関係があまりに異常な状況にあること。最終的に双方にとって良くない結果をもたらす」と警告している。

(続く)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131025/waf13102507010001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131025/waf13102507010001-n2.htm

2 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/10/25(金) 09:24:27.52 ID:???
>>1の続き

中央日報も「嫌な人とも対話するべき」と題した記事で「韓国・日本の間で対話が必要ということだ」と主張。
その上で、「北東アジア平和協力の一国である日本とは、平和に進むどころか、言葉さえ交わさないようだ。
あたかも国会、特に野党に対するように、北朝鮮に対するようにしている」と指摘している。
両紙とも、日韓関係の悪化は「日本が悪い」と相変わらず横着な持論を展開しているが、
いずれも朴政権が対話に乗り出すように呼びかける形をとっている。

確かに、朴大統領の態度は不遜だ。10月初め、インドネシア・バリ島で開かれた
アジア太平洋経済協力会議(APEC)関連会議の冒頭、
隣の席に座った安倍首相と朴大統領は数十秒間会話し、7日の首脳夕食会でも社交程度の会話を交わしている。
いずれも安倍首相側から声をかけているが、朴大統領は会話にほとんど応じず、せっかくの接触の機会を自ら封じた。

関係改善をしようなどという真摯(しんし)な態度もなければ、隣国との関係を強(したた)かにこなそうという意図もみえない。
要するに、一国のリーダーらしさに欠け、さらに日米間の親密さが増していることもあって、
韓国メディアを苛立(いらだ)たせているのだろう。

行き過ぎた「反日」論理に対する反省の声は海外からも上がっている。

今年7月に大阪府東大阪市の姉妹都市で、慰安婦の像を韓国以外で初めて設置した
米カリフォルニア州グレンデールのウィーバー市長は「像の設置は間違っていた」と発言、
韓国内で波紋が広がっているという。朝鮮日報が報じた。

同紙によると、ウィーバー市長は先月、日本のインターネットテレビのインタビューで
「蜂の巣をつついてしまった。少女(慰安婦)像を建てるべきではなかった。
グレンデールが日本人の最も憎む都市になったことは残念だ」と述べたという。同市は韓国系の住民が多く、
その要望を踏まえ、像を設置したが、市長の反省の弁は、韓国系住民の声に踊らされた「軽挙妄動」を恥じているのだ。

 当たり前だが、外交とは当事者同士が顔で笑っていても、実はどつきあうような“激しい”ものだろう。
時に本音で語り合い、時に化かし合う。国家間も、リーダー同士もそうやって信頼関係を醸成していく。
そのスタートである対話にさえ応じようとしない人物にリーダーの資格はない。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131025/waf13102507010001-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131025/waf13102507010001-n4.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382660631

23 10月

【産経新聞】「韓国は戦争状態」「反日・衛生心配」滋賀県立高の修学旅行に保護者反対、「殆どの生徒は賛成」と強要の学校と対立

1 名前:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/10/23(水) 13:32:21.67 ID:???
滋賀県立国際情報高校(同県栗東市)が11月に予定する韓国への修学旅行をめぐり、
保護者の一部から反対の声が上がっている。
韓国での反日感情の高まりや南北関係の情勢悪化による安全面への懸念などを理由に上げるが、
学校側は「問題ない」として予定通り実施する方針で、説明会を開くなどして理解を求めている。
しかし保護者側は「修学旅行は保護者の十分な理解を得ること」とする文科省の通知にも違反するとして計画変更を迫っており、学校側と対立を深めている。

昭和62(1987)年度に創立された国際情報高は、平成元(1989)年度から韓国への修学旅行を実施しており、
米同時多発テロのあった13年度と新型肺炎が流行した15年度以外は毎年訪れている。

今年度は、11月12日から3泊4日の日程で修学旅行を計画。2年生がソウル市内を訪れ、
伝統舞踊やキムチ作りなどを体験するほか、姉妹校提携しているソウルの文一高校の生徒らと交流する。

学校側は今年5月、保護者を対象に修学旅行の説明会を開催。その際、数人から韓国行きを反対したり、
不安視したりする意見が出たという。現地で反日感情が高まっていることや、
南北関係が悪化の兆しを見せていることなどから安全面を懸念する声があったほか、衛生面での不安を口にする保護者もいたという。

これらに対し、学校側は「外務省が『今すぐに危険はない』と説明している」
「食事は衛生管理されたホテルやレストランでとり、生ものは食べない」などと説明し、理解を求めた。

しかし一部の保護者らは納得せず、その後も学校側に行き先を変更するか、
コースを2通り設定するかなどの対応を求めた。さらに文科省に対し、
「この修学旅行は『保護者の十分な理解を得ること』とする文科省の通知に違反している」との申し入れも行った。

こうした動きを受け、学校側は9月9、10の両日、再度の説明会を開き、
8月に学年主任らが現地を下見した際に撮影した映像を流すなどして、改めて理解を求めた。

だが、韓国行きに反対する保護者らは納得せず、ある保護者は
「竹島をめぐる問題で、現地の対日感情は非常に危うい状態なのでは」と不安を訴えた。
また別の保護者は2010(平成22)年に起きた北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンビョンド)砲撃事件などを例に挙げ、
「戦争状態にある国に行くのはいかがなものか」と話したという。

さらに保護者らは行き先の希望調査をするよう求めたが、学校側はこれを拒否し、
逆に保護者らに対し、韓国行きの修学旅行の同意書を提出するよう求めた。
保護者の一人は「学校は最後までアンケートで保護者の意見の実態を明らかにすることを拒んだ。
文科省の通知違反は明らかだ。生徒の間にも不安の声が広がっている」と指摘。

一方、同校の奥野仁史校長は「保護者に考え方の違いがあるのは承知しているが、
何度か説明会を開き理解を求めている。楽しみにしている生徒がほとんどで、安全面に配慮して修学旅行を実行したい」と話す。

ただ来年度以降の行き先については、他国への変更も検討しているという。
学校側は「韓国がだめだというわけではないが、新教育課程に『英語のコミュニケーション能力を高める』
と明示されたことから、英語圏への旅行も選択肢の一つになる」と説明する。
これに対し保護者は「変更するということは、学校側も韓国の問題点に気付いているのだろう。今年度の生徒がかわいそうだ」と憤る。

今回の問題では学校側と同じ立場をとる県教委にも、県内外から100件近い苦情の電話やメールが寄せられているといい、
出発日が近づく中、騒ぎはいまだ収まる気配がない。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131023/wlf13102307000001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131023/wlf13102307000001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131023/wlf13102307000001-n3.htm


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382502741

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ