平昌五輪

21 1月

【平昌五輪】“領土”アピール地図で「独島」表記、憲章違反か ロンドン五輪では韓国選手と韓国オリンピック委員会に警告

1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 16:49:05.68 ID:CAP_USER.net
2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の大会組織委員会が公式HPで、島根県・竹島を韓国名の「Dokdo」(独島)と記載していることに、
日本政府は強く抗議し、HPの修正を求めた。

政治的なプロパガンダを禁じた五輪憲章に違反すると判断した場合、国際オリンピック委員会(IOC)は組織委員会の大会運営を取り消す権限もある。

「スポーツの政治利用に反対する五輪憲章の精神に反している」岸田文雄外相は20日の記者会見で批判した。

これに対し、組織委員会の李煕範(イ・ヒボム)会長は
「独島は韓国領土だ。(要請は)一顧の価値もない主張で、対応する考えはない」と聯合ニュースに答えた。

組織委員会のHPでは、英語で記載された「韓国文化」のページで、竹島について
「独島は韓国人の心の中で特別な場所であり、韓国人は韓国最東端の領土を防衛する誇りを抱いている」と記述している。

また、開催地を説明するページでは、イメージ地図で平昌に近い沖合に「Dokdo」を配置し、海には日本海の韓国呼称「EAST SEA」(東海)と記した。

五輪憲章は、オリンピック区域や会場、その他の区域での
「いかなる種類のデモンストレーションも、あるいは政治的、宗教的、人種的プロパガンダも許可されない」と規定する。

組織委員会による憲章違反に対し、IOCが「大会の組織運営を取り消す権限を有する」ともある。

12年のロンドン五輪でも、IOCは、竹島領有をアピールした韓国選手と韓国オリンピック委員会に警告を与えている。

隣国はまったく反省していない。厳罰が必要だ。


2017.01.21
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170121/frn1701211530002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170121/frn1701211530002-n2.htm

関連記事
平昌五輪のHP「独島」表記 日本がIOCにも修正要請
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=62255&id=In


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484984945

29 12月

【平昌五輪】在日同胞の協力要請…李組織委員長が来団=民団新聞

1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 15:47:49.41 ID:CAP_USER.net
2018平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は12月16日、東京・港区南麻布の民団中央本部を訪れ、
呉公太団長や崔相英在日本大韓体育会長らと懇談し、五輪公式グッズやピンバッチを伝達した。

李委員長は「ショートトラックとフィギュアスケートが行われる江陵アイスアリーナは12月14日に完工、
さっそくショートトラックのワールドカップを開催し、本番への準備が着々と進んでいる」と
競技場や各種五輪施設建設やアクセス整備などの進捗状況などを説明した。

李委員長は「韓国が初めて開催した88年ソウル五輪で民団は、巨額の募金を寄せるなど多大な後援活動を展開していただいた。
韓国が初めて開催する冬季五輪となる平昌大会の成功には、在日同胞の皆さんのノウハウと関心と協力が欠かせない」としながら、
「広報大使や諮問委員の任命をはじめ五輪ムードを盛り上げるコンテンツの提供、皆さんの後援活動に必要な措置はすべて行うので、
積極的に協力してほしい」と要請した。

呉団長は「民団ではすでに在日韓国人後援会を立ち上げた。開催まで1年あまり。
この1年間、日本においても平昌五輪のムードを盛り上げるため民団は本腰を挙げ積極的に活動したい」と応じた。

また、李委員長は18年平昌、20年東京、22年北京と韓日中で2年ごとに五輪が継続開催されることで、
3カ国の組織委員会では相互協力体制づくりを展開していることも説明した。

その中で、各国での五輪ムードを盛り上げるため、3カ国で相互広報大使の任命も検討中で、
特に東京五輪の森喜朗組織委員長とは緊密に情報交換していると述べた。

崔会長も「アジアで続けて開催される五輪の先陣を切る平昌を、韓国民のプライドをかけて成功させなければならない。
在日同胞の後援活動は、韓国スポーツの発展にも大いに寄与する」と強調した。


http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=22759


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1482994069

8 12月

【平昌五輪】テスト大会の不備 ”停電” 本番なら「国際的な恥」 「崔順実スキャンダル」で業務は麻痺状態

1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2016/12/08(木) 12:44:43.32 ID:CAP_USER.net
2018年平昌五輪に向けた今シーズン初のテスト大会が11月25、26日に実施された。
国際スキー連盟(FIA)は一応の評価を下したが、準備不足から競技場に数々の綻びが指摘され、選手の不評を買った。
停電も発生して一部日程が中止され、韓国メディアは国際的な恥をかきかねないと懸念が募るばかりだ。
 
ただでさえ「崔順実スキャンダル」によって五輪成功に暗い影を落としているというのに、本番さながらのテスト大会で不備が明らかになり、
韓国のネットユーザーからは「朴槿恵大統領を退陣させた後は、平昌五輪返上を求めるロウソクデモをしなければならない」などという不満の声が聞かれた。
 
テストイベントとして開催されたのは、国際スキー連盟(FIA)スノーボード・ビッグエアのワールドカップ(W杯)。
平昌五輪で初めて実施され、スノーボードに乗ってジャンプし、空中で妙技を見せる種目だ。

朝鮮日報など韓国メディアによると、セラ・ルイスFIS事務総長は「競技場や宿泊などすべての面で肯定的な反応があった」と評価した。
 
ただ、新設される6競技場で工事の進捗度が問題視された平昌五輪。
今回のテスト大会でも「大会準備は時間に追われて急ごしらえで間に合わせた」という見方もあった。

競技場は観客席の傾斜を生かして造ったために動線をつくる細かい配慮を欠き、
選手らは競技後にスノーボードを担いで凍った観客席を歩いて登らなければならなくなった。
そのため「五輪の時は競技力に影響を与える要素をいっそう綿密に調べるといいだろう」と選手の不評を買った。

また、FIS側が「午後3時以降は太陽の光が選手の視界の邪魔になる」と指摘し、競技日程が変更される事態になった。
組織委の準備が大会直前にずれ込んだからだという批判が出ていた。
 
さらに、大会前日の11月24日にはスタートラインへ上がるエレベーターが突然停止し、練習試合日程の一部が取り消された。
組織委側は「電圧の問題で変圧器がダウンした」ためで、技術的な問題を否定したものの、
朝鮮日報は「試合の時にこのようなことが起これば世界中の恥さらしになるかもしれない」と問題視。

スノーボード専門家らは
「普通は3~4カ月前に発注して施設を完成させた後、選手たちが直接滑ってテストするが、今回はそれができなかった」と準備の遅れを指摘した。
 
韓国メディアは、最近の財政計画で支出が2兆8000億ウォンに達し、4000億ウォン不足していると指摘。
五輪組織委員会は企業スポンサー契約で賄う計画とした。

しかし、財界は崔順実被告所有の企業へ774億ウォンを強制的に支出させられ、さらに厳しい経済状況から余裕がなく応じられないだろうと予測。

また、崔被告の親族が関わるスポーツ団体に6億7000万ウォンを支援していた、
五輪を主管する文化体育観光部は崔被告関連予算892億ウォンを自主的に削減し、業務は麻痺状態に陥っているという。
 
組織委の関係者は、今の状態では企業も心理的に萎縮しスポンサー契約を締結しようという動きはならないと推測。
「11月に予定されていたスポンサー契約はしばらく延期された状態だ」と明かしている。
 
また、スポンサー契約を結んでいない電力企業や国策銀行などは開幕まで1年3カ月に迫る五輪に対し投資価値を見いだせないし、
毎年経営評価を迫られる状況では援助の寄付を多少変える程度で、数億ウォンを支出できないという経営判断をしているとみる。
 
SBSは「組織委の資金不足はややもすると五輪開幕直前まで続くかもしれないという懸念が出てきている」と伝える。
 
国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長も今回の「崔スキャンダル」に関して平昌五輪組織委の関係者に懸念を表明したという。
「韓国は本当に平昌五輪をまともに開催できるのかな」というネットユーザーのつぶやきが徐々に現実味を帯びる懸念が拡大している。

2016.12.8 12:00
http://www.sankei.com/premium/news/161208/prm1612080001-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/161208/prm1612080001-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/161208/prm1612080001-n3.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1481168683

17 9月

【平昌五輪】メインアクセスの韓国高速鉄道(KTX)で鉄橋崩落に続きトンネル手抜き工事も発覚…五輪までの開通に黄色信号が!

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/09/17(土) 09:11:34.92 ID:CAP_USER.net
 2018年平昌五輪の重要な交通手段である韓国高速鉄道(KTX)をめぐり、またも不祥事が発覚した。円周~江陵間のトンネル工事で測量ミスが生じたものの、発注庁へ報告せずに勝手に補修したことで施工会社の現場責任者ら15人が書類送検された。
その際にトンネルの屋根を支える鋼管を密かに切り取り、トンネル崩壊の危機まで招いていたというのだ。今年1月にはアーチ型鉄橋が崩壊。5月には入札談合で建設会社2社の関係者らが逮捕されていた。
五輪に113万人の観客動員を見込んでいるが、ソウル市と1時間弱で結ぶ高速鉄道があってこそ。成功の鍵を握るインフラ整備にもかかわらず、あまりの杜撰さにネットユーザーも「予定通りに開通させるのは難しい」とさじを投げるほどだ。

 2017年末の完工を目指す平昌・江陵方面線。時速250キロが想定される高速鉄道によってソウル~江陵間を66分で結び、平昌までは1時間弱となる予定だ。建設費は総額3兆9410億ウォン(約3546億円)と巨額だ。
中央日報によると、この高速鉄道が開通するまでバスを2、3回乗り換えなければならず、3、4時間はかかる。平昌周辺で絶対数の不足が予測される宿泊問題解決の一翼を担っている。

 平昌五輪にとって、それだけ重要なファクターである高速鉄道建設でまたも支障が出た。
聯合ニュースなどによると、円周~江陵間の梅山トンネル(全長610メートル)で2014年5月から1カ月間の掘削工事の過程で、測定エラーによって123メートルの区間で最大で86センチのズレが生じた。
施工会社の現代建設はこの事実を発注庁の鉄道施設公団に報告せず、補修・補強を工事を実施したことが法律違反となった。

 補修の際に、トンネルの荷重を支える長さ6メートルの鋼管420本を10センチ~2メートル切断していたというのだ。荷重に耐えられず天井が崩落してもおかしくない事態を招いていたことになる。
警察の調べに対し、工事関係者は「安全に問題がないと判断して鋼管を切断した」と供述しており、危機意識の希薄さをあからさまにした。ネットユーザーには、この希薄さが295人の乗員・乗客が死亡した「セウォル号」事故を招いたと責める声が出ていた。

 現代建設は手抜き工事を隠蔽するため、監視警戒所を建てて発注庁などの現場訪問を監視し、工事工期のつじつまを合わせるために夜間工事まで行ったと警察は説明していると報じられる。

 補修工事で出た廃棄物約1万6500トンを近くの道路工事の盛土部分に不正に埋めた疑いも持たれている。あまりの悪質さに呆れるばかりだ。

 原州~江陵区間の工事では今年1月24日、アーチ型鉄橋が崩壊した。早朝だったため人的被害はなかったが、開通後に起こっていたら大惨事を招いていた。
地元紙・江原日報によると、施工業者は突然の寒波で鋼製・スチールの鉄骨が収縮現象を起こしたと推測されると説明したという。
常識外れの説明に、土木系大学の教授は疑問を呈し、設計ミスや図面通りに工事が施行されたか、詳細な調査の必要性を説いていた。

 さらに今年5月には同区間の入札談合に絡み、現代建設の社員2人が逮捕されていた。

 先進国としての潜在能力が問われる国家事業で、何一つきちんとやり遂げられない印象ばかりが積み上げられていく。
財政難、競技場の建設遅延、五輪組織委員会の金銭不足、開・閉会式の演出家辞任、メダル量産のための特別帰化の促進など枚挙にいとまがない。
これに対し、ネットユーザーは、手抜き工事による大惨事を心配する声のほかに、平昌五輪のために「不正があらゆるところで発覚し始めた」とし、「今からこの状態では五輪が終わった後にものすごいことになりそうだ」と懸念した。

http://www.sankei.com/premium/news/160918/prm1609180003-n1.html

http://www.sankei.com/images/news/160918/prm1609180003-p1.jpg

平昌五輪のメインアクセスの役割を担う韓国高速鉄道。鉄橋崩落に続き、トンネル工事で手抜きが発覚。開幕まで完成するか懸念される(聯合ニュースのホームページから)
http://www.sankei.com/images/news/160918/prm1609180003-p2.jpg

今年1月、韓国高速鉄道の原州~江陵間で工事中だった鉄橋の崩落現場(news1のホームページから)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474071094

1 8月

【平昌五輪】競技場で屋根崩落の恐れと指摘…杜撰な工事の呆れた実態 韓国で「五輪やめてくれ」の悲鳴がやまない

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/07/31(日) 12:37:51.58 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/images/news/160731/prm1607310017-p1.jpg

数多くの難問を抱える平昌五輪。今度は拙速で杜撰な工事のツケで、競技場の屋根が崩落するとの指摘が出た(SBSのホームページから)
http://www.sankei.com/images/news/160731/prm1607310017-p2.jpg

監査院から安全性が指摘された中峯アルパイン競技場(聯合ニュースのホームページから)

 2018年2月に開催される韓国・平昌五輪。準備期間はあと19カ月と残り少なくなり、急ピッチで仕上げに入る時期だろう。
ところが、韓国監査院が7月20日に発表した平昌五輪の準備状況の点検結果によると、一部の競技場で事故の危険性が懸念されるといい、杜撰な実態がまたも明らかになった。
当然のごとく安全確保が勧告されたが、同時に発表された財政計画の点検では事業費が最低でも2244億ウォン(約210億1100万円)も不足するというのだ。
これでは補修費の支出もままならないが、国際的に恥をかく訳にはいかず、政府が渋々支出せざるを得ない。国民の負担は増えるばかりで「五輪やめてくれ」の悲鳴がやまない。

 韓国メディアも戸惑うばかりだろう。今度は競技場の安全性が問題視されたのだから。
平昌五輪では12競技場のうち、6競技場を新設している。だが、建設は順調ではなかった。天候不順や自然保護団体からの反対などで建設着手が遅れ、今年2月の五輪テスト大会があわや中止かという非常事態が懸念されたほどだ。
24時間の工事施工によってどうにかテスト大会実施にこぎ着け、五輪組織委員会は順調な準備状況をアピールしていた。

 しかし、突貫工事の歪みは当然のごとく露わになった。朝鮮日報などによると、監査院は滑降競技場、アイスホッケー場で「安全基準に達しておらず、事故の危険が懸念される」と指摘した。

 まず中峯アルペンスキー競技場では安全性を十分検討せずに、傾斜面を設計図より19.2メートル以上も高くした。これによって、雨の多い日には斜面が崩落する恐れがあるという。
さらに22の傾斜面と10個のゴンドラ鉄柱で安全基準を満たしておらず、事故発生が懸念されるという。さらに照明塔30のうち25個で風による過重に耐えられず、強い風によっては倒壊する恐れがあると指摘された。

 アイスホッケーの第2競技場では屋根を造る際に積もった雪が溝にたまった場合の荷重を考慮せず、枠組み53個のうち約41%を占める22個が荷重に耐えられずに破損する恐れがあるというのだ。
雪がなくては冬季五輪は成立し得ないだけに、観戦中に屋根が落ちてきては、おちおち観戦どころではない。このアイスホッケー場の第1練習場では鉄骨の支柱に耐火塗料が塗られているが、設計より72%も少ない。
韓国メディアは火災時に大きな被害が懸念される状況と伝えるが、これでは安心して使用できず、五輪後も使用できるのか疑問視せざるを得ない。

 これだけの杜撰さ。韓国のネットユーザーも「ちゃんとやれることが一つもない」とか「工事をすれば必ず手抜き」などの批判が渦巻いた。

 この惨状では事故でもあったら、それこそ国際的に恥をかく。監査院は完全性の補強案の策定を勧告。
中峯アルペンスキー競技場については「全面的な再検討に着手しており、アイスホッケー第2競技場では屋根の部材を補って施工するという話を聞いている」と朝鮮日報は関係者の話を報じる。

 補修するにしても資金があるのか。五輪組織委員会は必要な経費を過小に見積もりすぎたり、国際放送センターの撤去費用や電気料金など8分野の事業費711億ウォンを計上しておらず、2244億~2944億ウォンの事業費不足が予想されるという。

 五輪の総収入は2兆2731億ウォンで、総支出も同額に設定されている。赤字が発生した場合は当然、政府が補填することになる。

 最近も五輪委が政府に6000億ウォン以上の追加支援を要請したことが明らかになり、経費削減の努力を怠るなどしていながらの行動に「恥知らず」と批判を買ったばかり。
膨らむばかりの五輪事業費に、国民は「国民の負担ばかり増える五輪なんて本当にやめて」と切実な声を上げるばかりだ。

http://www.sankei.com/premium/news/160731/prm1607310017-n1.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1469936271

11 7月

【平昌五輪】競技場や選手団の宿所に銃を発射し標的を狙撃する「キラーロボット」などの警備ロボット配置を検討中

1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2016/07/11(月) 18:43:57.10 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

2018年2月に開催される平昌冬季五輪の競技場などに警備ロボットが配置される。

韓国の産業通商資源部は11日、平昌冬季五輪ロボット支援団の総監督を
韓国科学技術院(KAIST)の呉俊鎬(オ・ジュンホ)教授に委嘱し、同支援団を発足させたと発表した。

支援団は、ロボット活用策を模索し、五輪の成功を支援する。

韓国ロボット産業振興院(大邱市)に事務局が設置される。来月中旬までにロボット活用策の総合計画を立て、本格的な活動に入る。

人質救出作戦のような対テロ戦や近接戦闘で銃を発射し標的を狙撃する「キラーロボット」、
人工知能(AI)を搭載した「無人ロボット」などを開発し、五輪の競技場や選手団の宿所などに配置する案や予算、
準備期間などを考慮した小型監視ロボットを配置する案などさまざまな案を検討中だ。

呉教授は「多様な可能性を念頭に置き、対テロ用ロボットを配置するか、小型ロボットを配置するかを検討する。

予算問題などを考慮しつつ、韓国のロボット産業の技術力を披露できる最善の案を選択する」と述べた。

平昌冬季五輪では警備ロボットのほか、広報・案内サービスを提供するロボットも競技場やプレスセンターに配置される。


2016/07/11 18:15
http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2016/07/11/0600000000AJP20160711003900882.HTML


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1468230237

14 6月

【平昌五輪】韓国特別帰化 外国人選手の帰化続く…「平昌ドリームを求めて」

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 13:42:06.40 ID:CAP_USER.net
2018平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)を19カ月後に控え、世界各国スポーツ選手の韓国特別帰化が続いている。

体育界はこれをめぐり「実力のある選手を迎えて五輪で好成績を出すことができる」という立場と、「短期的な成果にすぎず韓国のスポーツ発展に役立たない」という意見が対立している。

すでに法務部は5月までに外国人選手16人に対し、体育分野優秀人材として特別帰化を許可している。

国内アイスホッケー選手として活動しているダルトン・マシュー(30、カナダ)と大韓バイアスロン連盟所属のスタロドベチ・アレクサンドル(23、ロシア)らが代表的な例だ。

これは2011年に改正された国籍法(第7条1項3号、科学・経済・文化・体育など特定分野で非常に優秀な能力を保有する者で、大韓民国の国益に寄与すると認められる者に限り特別帰化を許可する)施行に基づくものだ。

うち13人は外国人が韓国国籍を取得した特別帰化に該当する。残りの3人は過去に韓国国籍から外国国籍を取得し、また韓国国籍を回復したケースだ。

法務部は「今後も成長動力の確保および国家競争力強化のために世界的な優秀人材を積極的に発掘して誘致する計画」と説明した。

◆「コリアンドリーム」求めて帰化相次ぐ

平昌五輪が近づく中、今後、特別帰化を希望する選手はさらに増える見込みだ。

ボブスレーやスケルトンなど雪上種目団体は最近、韓国国籍取得を希望する欧州の選手から帰化の問い合わせが相次いでいると伝えた。

冬季種目が脆弱な韓国は他国に比べて代表選手になりやすく、平昌五輪で使用されるトラックをあらかじめ経験できるため有利だと判断する選手が多いというのが、関係者らの説明だ。

大韓体育会スポーツ公正委員会は1日、ドイツの女子リュージュ選手エイリン・プリシェ(24)の特別帰化審査を通過させた。プリシェは法務部の最終承認を受ければ「太極マーク」を付けることになる。

大韓リュージュ競技連盟の関係者は「法務部の承認まで約2、3カ月ほど時間がかかると思われる。

まだ法務部の最終承認が残っているので見守っている」としながらも「プリシェが代表チームに合流すれば、女子一人乗りとチームリレーでメダルが期待される。遅くとも下半期に帰化が実現すれば、すぐに国内で練習させる予定」と説明した。

韓国女子リュージュは不毛地に近い。それだけに期待が大きいということだ。ドイツ女子代表チームのリュージュは世界的レベルであるため、プリシェが帰化する場合は波及効果が大きいというのが体育界の判断だ。

リュージュ連盟の関係者は「プリシェは選手だけでなく指導者として力を発揮できる。特別帰化申請が受け入れられれば、平昌五輪を越えてコーチとして韓国女子リュージュの発展を助けることができる」と述べた。

大韓スケート競技連盟も外国人選手の特別帰化を推進している。フィギュアアイスダンス選手キリル・ミノフ(23、ロシア)とアレクサンダー・ケムニン(23、米国)だ。

連盟のある関係者は8日、「(2人の)特別帰化が遅れる場合、6カ月以上かかることもある。しかしできる限り早く国籍問題を終えて平昌五輪に備えたい」と話した。

ISPLUS/中央日報日本語版 2016年06月14日
http://japanese.joins.com/article/876/216876.html

ウィルソン・ロヤナエ・エルペ
http://dimg.donga.com/egc/CDB/JAPANESE/Article/14/58/51/28/1458512886542.jpg

チェルシー・リー
http://dimg.donga.com/egc/CDB/JAPANESE/Article/20/15/12/29/2015122942978.jpg

キリル・ミノフ
http://image02w.seesaawiki.jp/c/g/costume_skating/5347db5046491a38.JPG

アイスホッケー 韓国代表
http://brief-comment.com/blog/wp-content/uploads/2016/04/kankokudaihyou.jpg


続く

2 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 13:42:24.35 ID:CAP_USER.net
>>1


◆「副作用」の声も

特別帰化が招く副作用を懸念する声も多い。帰化を希望する選手はほとんど自国代表から漏れたケースだ。言い換えれば、大会出場資格、個人のメダル獲得のための道具として「特別帰化」を選択する選手が少なくないということだ。

特に特別帰化は国籍を放棄せず多重国籍を維持できるという点で外国人選手には魅力的だ。ひとまずメダルという所期の目的を達成すれば、大韓民国の国籍を放棄して自国に戻ってもいかなる制約もない。このため「太極マーク」を付けた選手としての使命感を期待できるのかという指摘がある。

「モンジュイックの英雄」黄永祚(ファン・ヨンジョ)国民体育振興公団監督(40)は11日、韓国日刊スポーツ(IS)の電話インタビューで、「外国人選手の帰化はある程度のレベルの選手が目の前の大会のために一時的に国籍を変えるだけだ。長期的な観点で韓国のスポーツ発展に役立たない」とし「有望株を育てずに海外から選手を受け入れれば、韓国スポーツの底辺は枯死するしかない」と主張した。成績を残して不人気種目の関心を高めることはできるが、これも「一時的なものにすぎない」というのが黄監督の考えだ。

帰化を希望する選手の過去の問題点も確認する必要がある。ケニア出身のマラソンランナー、ウィルソン・ロヤナエ・エルペ(28)は2012年の禁止薬物服用履歴のため大韓体育会の推薦を受けることができなかった。女子プロバスケットのチェルシー・リー(27、KEBハナ銀行)は推薦対象者だったが、法務部国籍審議委員会が出生証明書など書類の偽・変造疑惑を提起した。結局、KEBハナ銀行は先月31日、韓国女子プロバスケット連盟(WKBL)に提出した登録選手名簿にチェルシー・リーを含めず任意脱退を公示した。検察の捜査を受けている状況で年俸再契約交渉をするのは難しいと判断した。

黄監督は「韓国はスポーツ強国を越えて先進国にならなければいけない。帰化を通じて成果を出すことばかり考えるべきではない」と強調した。


ISPLUS/中央日報日本語版 2016年06月14日
http://japanese.joins.com/article/876/216876.html

おしまい


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1465879326

1 6月

【韓国/平昌五輪】間に合うのか? メインスタジアムは今なお着工できず 私有地の44%は未買収 突貫工事でまたも手抜きか

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/06/01(水) 02:08:25.72 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/images/news/160530/prm1605300001-p1.jpg

平昌五輪の開・閉会式のイメージ図(聯合ニュースのホームページから)

 開催まであと1年9カ月を切ったというのに、平昌五輪では開・閉会式を実施するメインスタジアムがまだ着工もされていなかったというのだ。5月22日付の朝鮮日報(電子版)は「早ければ」という条件付きで6月末に始まると報じた。
財政支出を抑えようとして事業計画が二転三転した杜撰さが影響し、着手がドンドン遅れた結果だ。開会式の予行演習のために来年9月までに完成させなければならない。猶予は1年2カ月。
ところが、私有地の44%近くが買収できておらず、強制的な手段で接収すれば所有者などからの反発が予想されるという。突貫工事では逆に経費がかさむうえ、安全を軽視した、いい加減な工事で事故を招いたら、それこそ世界の笑いものになる。

 平昌五輪では競技場12カ所のうち、6カ所が新設だが、事業計画や用地買収の遅れなどで工事の遅延が社会問題になっている。
新設するメインスタジアムも15年1月に工事が始まるとされたが、建設場所の紆余曲折や、事業費の削減検討、設計の変更などの諸問題で着工時期が遅れた。

 このため、当初計画から収容人員は4万人から3万5000人に減り、施設規模も縮小された。事業費は1477億ウォン(約130億円)で、国が558億ウォン、組織委が327億ウォンを拠出し、開催地の江原道は524億ウォンを支出しなければならない。

 メイン会場が建設される横渓里の人口はわずか4000人しかおらず、ここに収容人数4万~5万人規模の競技場やスポーツ施設を建設しても、その後の維持が大きな難題になると批判が絶えない。

 平昌五輪の事業費は当初の8兆8000億ウォンから13兆8000億ウォンに膨張。
このうち地元・江原道は25%を負担するが、文化日報(15年1月付)は江原道の負債率が韓国でも4番目に高く、1000億~1200億ウォン規模の五輪関連の地方債をすでに発行している状況だとする。近い将来の財政破綻は必至な情勢だ。
膨大な税金が投入されることに国民からは「たった一瞬の(五輪の)ために莫大な税金を投入するのは売国行為」などの厳しい声は多い。

 それだけの巨額な投資をしているにもかかわらず、国民の関心は10%に満たない。「国民の妹」と称され、いまだに絶大な人気を誇るキム・ヨナを活用して雰囲気醸成に懸命だが、効果は芳しくないようだ。

 厳しい財政状況に拍車を掛けるように、メインスタジアムの建設地の買収が順調ではない。朝鮮日報などによると、国・公有地は事前協議で確保したが、私有地4万2328平方メートルのうち1万8727平方メートルは協議中とか。
江原道が5月末まで補償協議を終える予定のようだが、まとまらなければ行政手続きにより確保をする方針という。

 ここまで協議に応じていない住民が簡単に折れるとは思えない。強制執行には当然、強い抵抗行動が予想され、韓国の国民性からいって激しい乱闘シーンが懸念される。
五輪問題だけにメディアには大きく取り上げられ、ますます“世界の祭典”は汚されることになる。

 3代目の平昌五輪組織委員長に就任した李煕範氏は5月20日の就任会見で「平昌五輪が歴史に長く残る大会になるよう全力を尽くす」と力説した。しかし、目標額8530億ウォンの企業スポンサー契約は昨年末で57%と目標の70%に達しなかった。
首都圏から遠く、投資価値が薄いと企業側に判断されている状況で、今年末までに90%とする目標は厳しいだろう。

 2014年仁川アジア大会は事業計画の指揮を執る市長が3人代わり一貫性を欠き、本番では杜撰な運営で世界的な不評を買った。
前任の趙亮鎬・五輪組織委員長が就任した際、体育会関係者は「仁川組織委の失敗を踏襲しないためにも、新任の組織委員長中心で準備が進められなければならない」と強調したが、
ネットユーザーが以前に投稿していた「競技場の手抜き工事で選手たちがけがをしないように祈るしかない」状態は今も変わらないのかもしれない。

http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160530/prm1605300001-n3.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1464714505

12 4月

【平昌五輪】そりコースにひび割れ 転倒の危険性高く使用不能に

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/04/12(火) 12:13:38.24 ID:CAP_USER.net
産経新聞 4月12日(火)10時5分配信

 開催まで2年を切ったというのに、不備のニュースが絶えない韓国・平昌五輪。韓国メディアでは今、そり競技会場として使用されるスライディングセンターが問題視されている。トラックの氷が部分的に溶けてひびが入り、当分、練習ができなくなった。韓国代表チームは仕方なく海外へ遠征。当初予定したコース習熟の走行練習が7カ月延期され、平昌五輪のメダル獲得に暗雲がたれこめたと懸念されるほどだ。国際オリンピック委員会(IOC)が「氷質」の問題点を指摘していたが、くしくも現実のものとなった。均一でない氷面は、時速130~150キロで滑走するそり競技では転倒の危険性を高め、選手の命に関わる重大な欠陥となる。韓国ネットユーザーは平昌五輪の準備が「うまく進んでいるとの記事を一度も見たことがない」と呆れるばかりだ。

 京郷新聞など韓国メディアによると、今回のトラブルは氷をつくる冷凍プラントに異常が生じ、長さ1857メートルのコースの上部で氷が割れているのが発見された。トラックにつながっている管に異常が生じ、冷媒が正しく転送されなくなったのが原因だという。

 このため、当初3月10日に予定されたIOCの事前承認が中止され、コースは使用できない状況に陥った。ラトビアなどの外国選手は試験走行ができず、無駄足を踏むことになった。

 最も深刻な影響を受けたのは、韓国代表チームだ。そり種目はコースの習熟度が大きくものをいう。中央日報はロシア代表チームを例に挙げ、10年バンクーバー五輪で銅2つに留まったのが、地元開催となった14年ソチ五輪では新設された施設で夜間練習を行って習熟度を高めたことで、ボブスレー、スケルトン、リュージュの3種目で金3、銀2と大躍進したと指摘した。つまり、ホームコースの利点を最大限に生かせるはずが、目算がはずれた格好なのだ。

 そり代表監督は3月31日までの約20日間で、ボブスレーは650回程度滑る予定だったとした。それが中止になったことで「150~180回は乗れないことになった」と不満をあらわにした。そして、「メダルを取る確率が100%だったとすれば、今や80%程度に落ちたようなもの」と悲嘆に暮れた。

 韓国が冬季五輪でボブスレー競技に初参加したのは10年ハンクーバー大会。歴史が浅いため競技人口は少なく、韓国内では「そり競技不毛の地」と自虐的に評されるほどだった。ところが、今年1月22日にカナダで行われたボブスレーのワールドカップ(W杯)男子2人乗りで、韓国はスイスと同タイムでアジア勢初の優勝を果たした。すると、にわかに平昌五輪で金メダル候補に急浮上と大いに期待される存在になった。それだけに今回のトラックの不備で習熟が遅れることで「平昌五輪のメダル獲得に悪影響の懸念」と報じられた。

 スライディングセンターをめぐる暗雲はこれだけではない。五輪後の活用法に関して、3月29日付のコリア・タイムズ(電子版)は江原発展研究院の調査として、年間赤字が14億ウォン(1億4000万円)の巨額に達し「効率的に管理できる財源確保方案の作成が急がれる」という同研究院の警鐘を伝える。

 管理する地元自治体は国際大会の誘致のほかに冒険レジャースポーツ施設としての活用を考えているが、コリア・タイムズは「専門の選手にも危険で苦難なトラックで、熟練度の低い一般の人を対象に開くイベントがどのような効果を上げるのか疑問だ」と指摘する大学教授の言葉を紹介する。すでに建設費1228億ウォンを国民の税金から拠出する施設が廃墟になる危険性をはらんでいる。

 これらの暗澹たる事態に韓国ネットユーザーは「税金を無駄遣いする人たちを厳しく処罰すべきだ」とか「今からでも五輪開催資格を返上してほしい」「今さら、平昌五輪自体が欠陥なのに」などと根強い不満の声が寄せられていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000517-san-spo


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1460430818

23 2月

【平昌五輪】ジャンプ台は木造韓屋の屋根、いたるところに「Kスタイル」

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/02/23(火) 20:59:39.13 ID:CAP_USER.net
(画像)
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2016/02/23/2016022300633_0.jpg


 2018年平昌冬季五輪フリースタイル・スキーやスノーボード・スロープスタイルの競技場となる普光フェニックス・パークでは、
コースの真ん中に「木造の韓屋(韓国の伝統家屋)」が建つことになりそうだ。選手たちは雪に覆われた韓屋の屋根の上を
スキーやスノーボードで飛び越えていくという妙技を披露することになる。

 このコースの設計を手がけるドイツ・シュネステルン社の最高経営責任者(CEO)ディルク・ショイマン氏は「五輪コースに
韓国の美しさを最大限に反映させたい。2018年の冬季五輪では全世界が韓屋の屋根の上を舞う選手たちの姿を
見ることになるだろう」と語った。

 斜面のあちこちに「Kスタイル」を取り入れるという同氏の構想は、普光フェニックス・パークのコースに既に登場している。
五輪のテストイベントだった国際スキー連盟(FIS)フリースタイル・スキー、スノーボード・ワールドカップ(W杯)コースに
韓屋をかたどった「雪像」を作っておいたのだ。コースをよく見てみると、「あ、韓屋の形だ」と気付く「試作品」が建っている。

 ショイマン氏は「もともとは今回のW杯時に韓屋を建てようとしたが、準備の時間がなかったので、まずは韓屋形の雪像を
作ってテストした。最近は、さまざまな韓国の伝統家屋の写真をよく調べている」と語った。

 平昌五輪時は縦20メートル×横10メートルという大きさの木造韓屋を建てる予定だ。雪で韓屋をかたどるのではなく、
実際に韓屋を建て、屋根だけの雪で覆う、と同氏は話す。今回のW杯時に設置された青の鉄製の太鼓も、五輪時は
「コリアン・スタイル」に変わり、韓国の伝統的な太鼓の形になる予定だ。

 ショイマン氏は「平昌五輪コースは過去と未来、韓国の文化を一つにした競技場になるだろう。単にスキーやスノーボードが
上手な選手より、創造的な戦略を立てる選手の方が有利だと思う」と語った。

平昌=崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/02/23 08:09
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/23/2016022300662.html

関連スレ
【韓国】平昌五輪の強敵は安全面に不安があるジャンプ台[2/19]©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1455883344/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1456228779

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ