国際

22 5月

【国際】 ニューヨーク・タイムズ紙 「北朝鮮の核弾頭搭載ICBMの開発は、全面戦争以外に阻止できない」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 10:49:05.20ID:CAP_USER.net
ニューヨーク・タイムズ紙の4月17日付解説記事が、北朝鮮の核・ミサイル計画は、
北朝鮮体制の崩壊という脅威に対処するためのものであり、トランプはいずれ、北朝鮮が力や脅しで解決できない、
より複雑な力学に動かされていることに気づくだろう、と言っています。要旨は以下の通りです。

北朝鮮の弱みこそが、国の歴史と国内の力学と相まって、同国指導者にコストを顧みず核とミサイル計画を追求させている。
トランプはいずれ、北朝鮮は力や脅しで解決できない、より複雑な力学に動かされていることに気づくだろう。

北朝鮮の核、ミサイル計画は、体制の崩壊という脅威に対処する戦略の中核をなすものである。
冷戦後、世界中で共産主義政権が倒れ、北朝鮮も続くと思われた。当時の指導者の金正日は、軍優先の「先軍」政策で対応し、
いつ起きてもおかしくない戦争への準備態勢を整えた。

この政策で、北朝鮮の物不足と配給が巨大な軍の維持に必要であることを説明するとともに、
国内の敵を一掃し、戦時によくある愛国主義を鼓舞するため、弾圧を正当化しようとした。

今日、北朝鮮は安定しているように見える。しかし、そのため、常に戦争に近い状態にあるという代価を払っている。
外国の脅しも譲歩も、この状況を変えられなかった。

ソ連の支援を失い、米国とその同盟国の脅威にさらされた金正日は、いかなる戦争もコストが大きすぎるようにしようとした。

当初、核・ミサイル計画は、米国との「大取引」の取引材料と考えられていた。しかし、戦争のリスクを伴う挑発が繰り返されるにつれ、
核・ミサイル計画は象徴的に有用であるのみならず、戦略的に必要となった。

北朝鮮は近隣国からの攻撃を恐れ、計画の中止は国の壊滅をもたらすとして、核・ミサイル計画を中止できなくなった。

米国の強さもまた逆説的に弱さを意味する。北朝鮮は短時間のうちに米国の全面攻撃にさらされることを知っている。
従って紛争の初めから核攻撃にエスカレートさせる以外に選択肢はない。また北朝鮮は米国が政権を打倒しようとすることを恐れ、核での報復を繰り返し警告している。

このように北朝鮮の弱みが米国の選択を制限している。
北朝鮮に対する懲罰的攻撃、あるいは核・ミサイル計画を妨害する攻撃は、北朝鮮の全面攻撃への恐れを呼び起こし、核紛争に至るであろう。

北朝鮮の核弾頭搭載ICBMの開発は、全面戦争以外に阻止できないだろう。サイバー攻撃は開発を遅らせるだけである。

情報分析家は、時間とともにリスクは大きくなると見ている。Arms Control Association のDaryl G. Camball専務理事は、
現在の「行動―反応」というパターンが続けば、朝鮮半島非核化の見通しを暗くするのみならず、破滅的な核戦争のリスクが増大するだろうと述べている。

John R. Bolton元国連大使は、北朝鮮の核兵器計画を終わらせる唯一の方法は北朝鮮を終わらせることであると言っている。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9663


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495417745

22 5月

【国際】慰安婦「性奴隷」と誤認 日韓合意見直し勧告の国連拷問禁止委員 韓国NGO報告に酷似

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 06:39:40.25ID:CAP_USER.net
 【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会で、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の見直しを韓国政府に勧告した委員が、慰安婦を「第二次大戦中の性奴隷制度の犠牲者」と表現していたことが21日、明らかになった。「慰安婦=性奴隷」という誤認を正す対外発信が改めて求められそうだ。

 産経新聞の取材に対し、同委員会が勧告後に開かれた記者会見の具体的な内容を明らかにした。それによると、日韓合意見直しの勧告を受け、韓国の記者が「生存する被害者が求めているのは賠償や補償ではなく謝罪。これについて意見は」と質問した。

 これに対し、会見に臨んだモルドバ出身の女性委員が「議論したが、第二次大戦中の性奴隷制度の犠牲者はまだ懸念が残っている」と述べ、慰安婦を「性奴隷犠牲者」との認識を示した。その上で「(生存する元慰安婦)38人の被害者にもっと積極的に補償や名誉回復がなされるべきだ。次回も引き続き追跡して注視したい」と語り、「最終的かつ不可逆的解決」をうたった日韓合意を否定する見解を示した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/world/news/170522/wor1705220001-n1.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495402780

15 5月

【国際】トランプ氏、韓国に緊急警告 北朝鮮との対話路線に“黙っていろ!”

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 12:47:47.81ID:CAP_USER.net
 ドナルド・トランプ米大統領が、「北朝鮮に近すぎる」とされる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に緊急警告を発した。文氏が、北朝鮮との対話に意欲を示していることに、不快感をあらわにしたのだ。

 米国が世界最強の軍事力で圧力をかけながら、北朝鮮の「核・ミサイル開発」の完全放棄に取り組んでいるなか、文氏が国際的な連携を崩すことに強烈なクギをさしたようだ。

 「北朝鮮情勢は韓国や日本、中国にとっても非常に危険だ」「対話するのは構わないが、『適切な環境』に基づかなければならない」

 トランプ氏は12日に放映されたNBCテレビのインタビューで、文氏にこうメッセージを送った。「適切な環境」については、「1カ月か2カ月すれば、きちんとした答えを言うことができるだろう」と語った。

 つまり、「いま、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を屈服させるために、日本や中国と連携して強烈な圧力をかけている。『極左・従北』派はしばらく黙っていろ!」という意味だ。

 文氏は、同国で最も「極左」とされた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の民情担当首席秘書官(司直の総括役)や、秘書室長(政権ナンバー2)を務めた人物である。

 就任式の演説でも、「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌(ピョンヤン)にも行く」と語った。この「従北」姿勢が、アジアの平和と安定を脅かしかねないのだ。

 北朝鮮は1950年代から核開発を始めた。90年代には、核開発を凍結させる見返りに経済的支援を約束させるなど、米国を手玉に取りつつ、ひそかに開発を続けた。2006年に初の核実験を強行。12年には、北朝鮮憲法に「核保有国」だと明記した。

 官邸周辺は「日米韓は北朝鮮にだまされ続けてきた。核・ミサイルという現実的な脅威が目の前にあるなか、文氏の『従北』姿勢は、北朝鮮の時間稼ぎに利用される。どちらの味方なのか分からなくなる。単純な対話路線では危機は排除できない。東アジアと世界の危機を高めるだけだ」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705151100004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705151100004-n2.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170515/frn1705151100004-p1.jpg

韓国大統領に緊急警告を発したトランプ氏だが、国内では逆風にさらされている(AP)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170515/frn1705151100004-p2.jpg

文大統領


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494820067

15 5月

【国際】トランプ氏、「第2のウォーターゲート事件」で窮地 「朝鮮半島有事」で目先をそらすか

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 09:37:25.92ID:CAP_USER.net
 トランプ米大統領が逆風にさらされている。ロシアによる大統領選への干渉疑惑を捜査していた、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を電撃解任したことを受け、米メディアが「捜査介入か」「第2のウォーターゲート事件」などと攻撃しているのだ。国民やメディアの目をごまかすために、トランプ氏が「朝鮮半島有事」などを演出する可能性もあるのか。

 「可能なら教えてもらいたい。私は捜査されているのか?」

 トランプ氏は11日放送のNBCテレビのインタビューで、コミー氏との夕食中に1回、電話でも2回、自らが捜査対象になっていないかと確認したことを明らかにした。

 そのうえで、解任理由を「目立ちたがり屋で派手な振る舞いをしたがる。ずっとFBIが混乱していた」と語った。

 米メディアは、1973年、リチャード・ニクソン大統領が踏み切った「土曜日の夜の虐殺」との類似性を指摘する。ニクソン氏がウォーターゲート事件の特別検察官を解任し、正副司法長官を辞任させたことが捜査妨害と受け止められ、弾劾の動きが加速した。ニクソン氏は翌年に辞任に追い込まれている。

 コミー氏解任による政治的影響をどう見るか。

 米国政治に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「共和党主流派の機関紙ともいうべきウォールストリート・ジャーナルは『解任は遅きに失した』という趣旨の社説を掲載している。共和党主流派のポール・ライアン下院議長もトランプ氏の人事を『正しかった』と言っている。上下両院で多数を占める共和党の中で大きくもめる事態はまず考えられず、政権が大きく揺らぐことはないだろう」と話す。

 ただ、メディアと野党・民主党などが今後、トランプ陣営とロシアとの「闇」を徹底追及することは予想される。

 米FOXニュースは12日、トランプ氏がインタビューで、ホワイトハウスの定例記者会見を取りやめるのは「良い考えだ」と述べたと伝えた。メディアに相当いら立っているようだ。

 島田氏は「トランプ氏の得意技で、スキャンダルめいた話が出てきたとき、別の大きな話題をぶつけて目先をそらすことがあるかもしれない」といい、続けた。

 「米国と中国の情報機関が裏で組んで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権を秘密工作で倒すことも考えられる。その場合、中国が北朝鮮にかいらい政権をつくることを黙認するというような話を、米国が持ちかけている-というようなことが米国で報じられている。そうした動きが起きる可能性もある」

 米国と朝鮮半島から、目が離せない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705150730003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705150730003-n2.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170515/frn1705150730003-p1.jpg

コミー氏(AP)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494808645

10 5月

【国際】韓国新政権「必要ならワシントン、北京、東京、平壌にも行く」

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/10(水) 17:05:13.02ID:CAP_USER.net
産経新聞 5/10(水) 12:56配信

 【ソウル=名村隆寛】韓国の新大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏は10日、ソウルの国会議事堂で行われた就任式の演説で、朝鮮半島の安保危機に触れ「必要であれば、ワシントン、北京、東京、平壌にも行く」と述べ、北朝鮮の核問題の解決に努める姿勢を示した。

 文氏は米韓同盟の重要性を指摘した上で、韓国に配備された最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の問題について、米国に加え、配備に反発する中国とも話し合っていくとした。また、韓国の自主防衛努力の必要性も強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000529-san-kr


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494403513

7 5月

【国際】「コリア・ファースト」対「アメリカ・ファースト」、韓国次期政権と米韓関係の行方=「コリア・ファーストなんてあるわけない」

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/07(日) 10:35:19.02 ID:CAP_USER.net
2017年5月5日、韓国・世界日報によると、5月9日に行われる韓国大統領選挙について、米国内で、ドナルド・トランプ大統領の推進する朝鮮半島政策への重大な障害になる可能性があるとする分析が出ている。

米国の朝鮮半島専門家と主要メディアは、次期韓国政府が対北朝鮮融和政策を推進する可能性があり、これはトランプ大統領の対北朝鮮強硬政策と真っ向から衝突する可能性があると指摘している。このような状況で、北朝鮮が核・ミサイルによる挑発を続けた場合、米韓関係は大きな試練を迎えるとみられており、「(韓国)次期政府の『コリア・ファースト』とトランプ大統領の『アメリカ・ファースト』路線が摩擦を生じる可能性が高い」と伝えている。

ワシントンのある外交消息筋は「トランプ大統領が朝鮮半島政策を推進する中、(北朝鮮に軍事力を行使する場合)同盟国である韓国と事前協議を行うと強調しているが、これは単なる修辞にとどまる公算が大きい」とし、「トランプ大統領は、北朝鮮から米国本土を攻撃できる核弾頭を装着した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発が差し迫ったと判断すれば、韓国が反対しても北朝鮮への軍事オプションを押し通すものとみられる」と述べた。この消息筋はまた、「トランプ大統領が、これとは正反対に、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談を持とうとする場合、この時には米朝間の最高位級の対話チャンネルが稼働しており、韓国が介入できる余地がないこともある」と主張した。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「『コリア・ファースト』なんてあるわけない」「これまでの保守政権でも『コリア・ファースト』と言えるような政策がなかったのに、進歩系政権になったら『コリア・ファースト』はもっと望み薄」など、「コリア・ファースト」への疑問の声が寄せられた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177317&ph=0


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494120919

6 5月

【国際】北朝鮮がこの先生きのこるためには

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/05(金) 22:05:05.03 ID:CAP_USER.net
北朝鮮が生き延びる道 --- 高 永チョル

アゴラ 5/4(木) 16:20配信

北朝鮮と金正恩氏は生き残れるか(Prachatai/flickr:アゴラ編集部)

政治外交史を見ると、強大国同士が秘密戦略や協定を結び、30年~40年の秘密保持期間の解除後に一般公開されることが度々ある。

第二次世界大戦では、米国の対日石油禁輸措置によって生存危機に陥った日本は危機脱出の選択肢として真珠湾攻撃に踏み切った。当時、米国は参戦の大義名分をつくるためにわざと対日禁油措置を取っていた事実が秘密解除文書で公開されている。

現在、北朝鮮の核とICBMをめぐる米朝間の緊張が高まる中、日韓中露の周辺4カ国が絡んで地域の緊張状態がエスカレートしつつあり、一触即発の危機にまで拡大する危険性を孕んでいる。

今後、北朝鮮は危機を正面突破するために第6回核実験とICBM発射に踏み切る可能性があり、それを受けて中国が対北石油パイプを遮断すると北朝鮮の挑発は本番に入る恐れが強い。すると米国は待った無しのチャンスと受け止め、軍事行動に踏み切ることも十分あり得る。

真珠湾攻撃の先例に照らしてみれば、米国の軍事的な圧力は北朝鮮の軍事挑発を誘い出そうとしているのかもしれない。経験が浅い若い指導者のわがままな冒険が大変な事態の火種になる恐れがあるわけだ。

しかしながら、「危機は危険ながら機会になり、災い転じて福になる」こともある。危機が逆に北朝鮮の核施設を取り除く機会となり、独裁者は自ら自分の首を絞める悲惨な結果を招くこともあり得る。米朝と関係周辺国が危機管理を上手く処理できれば、地域平和定着のきっかけになることも期待出来るのだ。

米国は現在、大規模の戦力を半島周辺に展開している。米国本土まで届く恐れがある北朝鮮の核とミサイルを除去しない限り戦力を撤退しないだろう。ボールは既に北朝鮮側にある。米太平洋軍のハリス司令官は26日の米下院軍事委員会公聴会で「先制攻撃の様々な選択肢があるが公聴会では言えない」と発言した。

湾岸戦争で米軍は電子撹乱機を飛ばしてイラク軍の指揮、通信、電算網を麻痺させピンポイント空爆の開始後1時間で戦勝を収めた。この作戦は、外科手術前の麻酔と同じで、外科手術的攻撃(Surgical Strike)は30分~1時間で終わった例もある。米軍のハイテク兵器は27年前に比べて17倍以上、進歩している。韓国より40倍以上も貧しい北朝鮮の軍はほとんど中古車・中古兵器で、石油も足りない経済状況で本当に国家存亡の戦争が出来るのか、疑問だ。

北朝鮮は最悪の冒険シナリオを避けて半島の非核化に前向きな舵取りをするのが生き延びる選択肢である。韓半島の危機が平和的なソフトランディングの結末を迎えることを期待する。

(拓殖大学客員研究員・韓国統一振興院専任教授・元韓国国防省分析官)

高 永チョル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170504-00010011-agora-int


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493989505

2 5月

【国際】トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩氏との会談に前向き

1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 04:06:57.01 ID:CAP_USER.net
Bloomberg 5/2(火) 2:31配信

トランプ米大統領は1日、適切な状況になれば北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に前向きな意向を明らかにした。北朝鮮の核兵器開発問題を巡っては緊張が高まっている。

トランプ大統領はブルームバーグ・ニュースのインタビューに応じ、「金委員長との会談が私にとって適切ものであれば、当然そうするだろう。実現すれば名誉なことだ」と述べた上で、「ただし会談は適切な状況の下で行われることになる」と続けた。

大統領はさらに、金委員長との会談に前向きな姿勢を表明したことについて「ほとんどの政治家は絶対に口にしないだろう。しかし適切な状況の下であれば金委員長との会談に臨む。これは速報ニュースだ」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-59894413-bloom_st-bus_all


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493665617

30 4月

【国際】 北朝鮮 「米国がわれわれを試すなら本当の戦争味わうことになる」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 11:26:41.69 ID:CAP_USER.net
北朝鮮「米国がわれわれを試すなら本当の戦争味わうことになる」


北朝鮮国営朝鮮中央通信は29日、米トランプ政権の強力な対北朝鮮警告に対し、
「われわれの正義の核と無敵の軍事力の前に戦慄した者たちの脆弱性を見せるもの。その程度に驚くわれわれではない」と明らかにした。

この日朝鮮中央通信は「強者には虚勢は通じない」という見出しの論評で、
「米国がいつになく虚勢を張りもがいているのは彼らの強大性を見せるものではない」としてこのように主張した。

続けてペンス米副大統領に対し、「力が弱い民族を選んで打撃し力自慢をする米国の中身のない空元気」とこき下ろした。

ペンス副大統領は先日の訪韓時に「北朝鮮はわれわれの大統領(トランプ)の決議を試さない方が良いだろう」と警告していた。

朝鮮中央通信は北朝鮮が水爆から大陸間弾道ミサイル(ICBM)まで持つことは、すべてを持ち高度な激動状態にあるとし、
「どのような挑発にも喜んで対応する準備ができている」と強調した。

その上で、「警告するが米国が社会主義祖国を守護しようとするわが軍隊と人民の意志をあえて試そうとするならば本当の戦争を味わうことになるだろう」と威嚇した。
http://japanese.joins.com/article/637/228637.html?servcode=500&sectcode=500


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493519201

30 4月

【国際】「米は朝鮮半島から手を引け」 首脳会議でドゥテルテ比大統領

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/04/29(土) 23:49:08.93 ID:CAP_USER.net
 フィリピンの首都マニラで29日開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、議長を務める同国のドゥテルテ大統領が「米国は朝鮮半島から手を引くべきだ」と発言した。ASEAN外交筋が明らかにした。

 ドゥテルテ氏はこれまでも反米姿勢を繰り返し示しているが、トランプ米政権が空母を派遣、北朝鮮を巡る緊張が高まっている時期だけに、発言は波紋を呼びそうだ。

 同筋によると、ドゥテルテ氏は金正恩朝鮮労働党委員長を念頭に「北朝鮮のあの男を止めるのは中国に任せるべきだ。核戦争に勝者はいない。(派遣された)米国の軍艦は恐怖を呼んでいるだけだ」などとも述べた。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170429/wor1704290076-n1.html

http://www.sankei.com/images/news/170429/wor1704290076-p1.jpg

29日、マニラで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の開幕式で演説するフィリピンのドゥテルテ大統領(ロイター)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493477348

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ