北朝鮮

21 5月

【北朝鮮】飛しょう体発射と伝える 韓国の通信社

1 名前:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 17:37:22.59ID:CAP_USER.net
ソース元、NHK5月21日 17時34分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170521/k10010989861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


韓国の通信社、連合ニュースは先ほど、北朝鮮が21日午後、西部のピョンアン(平安)南道プクチャン(北倉)から何らかの飛しょう体1発を発射した、と伝えました。韓国軍が詳しい情報の収集を急いでいます。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495355842

20 5月

【北朝鮮】「日本も我々の攻撃圏内にある」 朝鮮中央通信が警告

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 19:28:49.53ID:CAP_USER.net
http://www.asahi.com/articles/ASK5N5W79K5NUHBI01X.html

 北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「火星12」が14日に発射されたことを巡り、朝鮮中央通信は20日、日本政府の対応を批判し、「日本も我々の攻撃圏内にある」と警告した。日本に対して「今からでも災いを招く愚かな行為をやめ、自粛する方が良い」と主張した。

 同通信は「日本は米国に追従して反朝鮮制裁策動に狂奔したことで、自らが我々の攻撃圏内に更に深く入る結果をもたらした」と指摘。「実戦配備された核兵器を含む我々の全ての軍事的攻撃手段は、米本土と共に日本に駐屯する米軍基地にも照準を合わせ、発射の瞬間だけを待っている」と強調した。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495276129

15 5月

【北朝鮮】「海外膨張野望を実現しようとする陰険な日本の再侵略野望実現の第一の対象は、わが共和国である」

1 名前:きゅう ★@\(^o^)/:2017/05/15(月) 19:51:43.57ID:CAP_USER.net
【平壌5月14日発朝鮮中央通信】先日、日本首相が憲法施行70年関連行事で朝鮮の「核・ミサイルの開発で安保環境が変化」したので、現行憲法を修正しなければならないと力説した。

一方、日本の「自衛隊」が日本水域と太平洋上で米国、英国、フランスとの4カ国合同軍事演習を繰り広げた。

14日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは上司の侵略戦争策動に積極的に便乗して地域情勢を引き続き悪化させ、それを口実にして敗戦国のくびきを完全に脱ぎ捨てて海外膨張野望を実現しようとする陰険な侵略企図の発露であると暴いた。

同紙は、日本の反動層が久しい前から憲法改悪のために術策の限りを弄したとし、憲法改悪の目的は交戦権と参戦権を取り戻して日本を戦争を行える「通常国家」につくるところにあると暴き、次のように強調した。

「自衛隊」を「大東亜共栄圏」の妄想の下で他国を血塗られた軍靴で踏み潰していた時の日本軍に変身させて海外膨張の道を開くこと、これが「日本が新たに生れる契機」をうんぬんして島国の反動層が唱える憲法改悪騒動の本質である。

日本は、合同軍事演習を通じて自国が今や第2次世界大戦時期の敵国とも遠慮なく集団的軍事行動を行える正常国家であるかのように宣伝しようとする狡猾(こうかつ)な政治目的も追求している。

日本の再侵略野望実現の第一の対象は、わが共和国である。

同紙は、日本にとって国際社会の一構成国として堂々と生きるための道は憲法改悪や合同軍事演習にあるのではなく、歴史の教訓を忘れず誠実に過去を反省するところにあると主張した。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494845503

7 5月

【北朝鮮】金正恩が愚かな米国に「無慈悲な宇宙核爆弾(電磁パルス兵器)」を降り注がせる計画を進行中

1 名前:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 23:26:46.66 ID:CAP_USER.net
未だ緊迫した情勢が続く北朝鮮とアメリカですが、今後北朝鮮が挑発を続けるのか、それとも米国が先制攻撃をするのか、それともどちらかが身を引いていくのかは不明です。
ただひとつ言えることはこのまま続けていけば、我々日本にも5日影響が出始める。
それは間違いないでしょう。
そんな中とんでもない計画を進行中とのこと。

■宇宙核爆弾とは

宇宙核爆弾とはどんなものでしょうか。
名前の響きから想像するに、宇宙から核爆弾を投下させるというとんでもない計画のように感じ、そもそも弾道ミサイルが失敗続きの北朝鮮にそんな技術があるのか。と疑問ではあります。
しかし実際にはそうではなく、どうやら大気圏内で核爆発を発生させ、空中に放出した電子パルスが一気に都市を攻撃、未曾有の危機をもたらすということです。

シナリオによると、電気系統は故障、ネットワークは停止しすべての機器が使用不能に。
つまり米国は反撃すらできず、なすがままに。

■とはいえそれは本当にうまく行った場合

実は1960年代に米国が、核兵器「スターフィッシュ・プライム」を大気圏で爆発させるという実験を実施しておりました。
その際はハワイの電気系統数百台が故障しただけでなく、周回している衛星にも影響が出たそうです。

これはあくまで科学者の憶測でしかないのですが、現実的にありえるということです。
ただもしこれを実施した場合、ピンポイントでアメリカを狙うというのは可能なのか。
むしろ周辺諸国への被害が甚大になり、さらなる批判を撒き散らしそうではありますね。

http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/1/1/1144ffbb.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/8/b/8b0c6d85-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/8/b/8b0c6d85-s.jpg

http://www.yukawanet.com/archives/5209736.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494080806

7 5月

【北朝鮮】今は、5月である→4月は過ぎ去った→だから、4月戦争説を流していた米国の空威張りは敗北に終わった

1 名前:きゅう ★@\(^o^)/:2017/05/07(日) 01:25:54.09 ID:CAP_USER.net
【平壌5月6日発朝鮮中央通信】6日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、米国のトランプ行政府が歴史のごみ箱に押し込まれた対朝鮮敵視政策を引き続き踏襲していると糾弾した。


同紙は、トランプと彼の手下の部下がオバマ行政府が進めた「戦略的忍耐」の時代は終わったと公言して樹立したと報じられる対朝鮮政策の内容を見れば、別に新しいものはないと指摘した。


また、あえて差異点を探して見るなら対朝鮮敵視政策の商標が異なり、持続性と無謀さが異なるとし、次のように指摘した。


「戦略的忍耐」という商標をつけたオバマの対朝鮮政策は文字通り、軍事的威嚇・恐喝と制裁・圧迫を持続的に加えながら、われわれが屈服する時まで根気強く待つということであった。


反面、「最大の圧迫と関与」という商標を付けたトランプの対朝鮮政策は軍事的威嚇・恐喝と制裁・圧迫の度合いを最大限強め、はては軍事力をためらわずに使用してでも短期間内にわが体制をなんとしても転覆させるということである。


トランプ行政府は、対朝鮮政策に愚かで、粗暴な自分らの性格とわが共和国の戦略的地位を無視した非現実性をそのまま反映した。


トランプ行政府が自分らが惨敗の道を歩んでいるということをいまも意識できないなら、われわれが明らかに悟らせることができる。


今は、5月である。


4月は過ぎ去った。


だから、4月戦争説を流していた米国の空威張りは敗北に終わった。


トランプ行政府は、自分らの対朝鮮政策がいかに実益がなく、荒唐無稽(むけい)なのかを全世界に自らさらけ出した。


トランプ行政府が羞恥を免れようとまたもや5月戦争説を熱心に吹くとしても、それを真に受け入れる人は今やいないであろう。


トランプ行政府が無謀にも軍事的ヒステリーを起こし、より度合い強い制裁・圧迫に執着している状況で、自衛的核抑止力の強化に向けたわれわれの足取りも最大に速くなるだろう。---


http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494087954

6 5月

【北朝鮮】 「米中央情報局(CIA)を掃討する」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:09:19.11 ID:CAP_USER.net
朝鮮中央通信によると、北朝鮮の秘密警察に当たる国家保衛省の報道官は5日、声明を発表し、
「最高首脳部を対象とした生物・化学物質による国家テロ計画」が摘発されたと主張した。
金正恩朝鮮労働党委員長を狙ったテロ計画を指すとみられる。

報道官は、米中央情報局(CIA)と韓国の国家情報院が主導したと非難、
両機関掃討のための「対テロ攻撃戦」を開始すると警告した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050500670&g=prk


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494029359

6 5月

【北朝鮮】 「アメリカのCIA(中央情報局)と韓国の国家情報院が、われわれの最高首脳部を相手に、生物化学兵器によるテロを計画した」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 00:11:41.54 ID:CAP_USER.net
北朝鮮「米韓が首脳部テロ計画」


北朝鮮メディアが5日、「アメリカと韓国の情報当局が、北朝鮮の最高首脳部の暗殺計画を企て、実行に移そうとした人物を摘発した」と報じた。

朝鮮中央テレビなどは5日、「アメリカのCIA(中央情報局)と韓国の国家情報院が、われわれの最高首脳部を相手に、生物化学兵器によるテロを計画した」、
「彼らは、北朝鮮の人を買収し、軍事パレード後に最高幹部に対し、生物化学兵器などで攻撃しようとした」としたうえで、その人物を摘発したと伝えた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00357338.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493997101

2 5月

【北朝鮮】北朝鮮の核実験で火山噴火の恐れ?、専門家が懸念

1 名前:みつを ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 18:39:33.18 ID:CAP_USER.net
http://www.cnn.co.jp/m/world/35100685.html

(CNN) 北朝鮮が6回目となる核実験を実施すれば、その巨大な振動が大地を伝わり、中国との国境にある火山の噴火活動を誘発しかねない――専門家の間でこうした懸念が浮上していることが2日までに分かった。

米シンクタンク、ランド研究所の上級アナリスト、ブルース・ベネット氏は、北朝鮮が核実験を行った場合、その規模によっては中朝国境に位置する白頭山が噴火する可能性があると警鐘を鳴らす。

ベネット氏はCNNの取材に対し、実際に起こるとすれば「間違いなく大噴火になるだろう。中国と北朝鮮の両国で、数万人とは言わないまでも数千人の死者が出る恐れがある」と明言。「中国側はもう何年も、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が火山の噴火を引き起こす事態を懸念している」と述べた。

米スミソニアン博物館の火山調査を手掛けるプログラムによれば、白頭山の100キロ圏内にはおよそ160万人が暮らす。また白頭山と北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場は、115~130キロ程度しか離れていない。

北朝鮮が国際社会で孤立しているため、白頭山に関しては科学的な知見が十分に得られていないのが実情だ。キングス・カレッジ・ロンドンで地理学と環境危機を専攻し、2000年代には白頭山の噴火活動を調査する国際研究チームにも加わったエイミー・ドノバン博士は「白頭山の地下からマグマが供給されるシステムについてはあまり知られていない。マグマだまりの大きさや深さ、状態もほとんど分かってはいない」と指摘する。

北朝鮮による直近の核実験で生じた爆発の威力は、推計でTNT火薬10キロトン分。ドノバン氏は、この規模であれば白頭山が噴火する公算は小さいとみている。ランド研究所のベネット氏によると、50~100キロトン分の威力が生じた場合、深刻な影響を及ぼす可能性がある。

スミソニアン博物館のプログラムによれば、白頭山が最後に噴火したのは1903年にさかのぼる。噴火の規模としては、直径5キロのカルデラが形成された946年の噴火が最大と考えられている。

2017.05.02 Tue posted at 17:38 JST

中朝国境に位置する白頭山。北朝鮮の大規模な核実験で噴火する恐れがあるという
http://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/02/7b74d397f56ae0b159811eb768e8fa4f/t/320/180/d/north-korea-mount-paektu-map.jpg


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493717973

2 5月

【北朝鮮】北朝鮮紙、朝鮮半島で核戦争なら「日本は放射能の雲に覆われる」と威嚇

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/02(火) 14:31:37.86 ID:CAP_USER.net
http://www.sanspo.com/geino/news/20170502/sot17050212370006-n1.html

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は2日、日本の海上自衛隊が米空母と共同訓練を実施するなどして「核戦争に突き進む朝鮮半島情勢をあおっている」と非難し、「朝鮮半島で核戦争が起きた場合、米軍の兵たん基地、出撃基地となっている日本が真っ先に放射能の雲に覆われるだろう」と威嚇した。

 同紙は、安倍晋三首相が北朝鮮は「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に保有している可能性がある」と述べたことや、北朝鮮情勢を踏まえ北欧訪問を見送ったことなどを挙げ「朝鮮半島危機説を先頭で鼓吹している」と主張。「軍国化を推し進める絶好の機会にしようとしている」と反発した。

 また「米国も照準器内に収めるわが武力が日本を攻撃するのは問題にもならない」と警告。「日本が自国の利益を考えるなら、朝鮮半島問題の平和的解決のため努力するべきだ」と強調した。(共同)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493703097

30 4月

【北朝鮮】強者には虚勢が通じない

1 名前:きゅう ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 16:32:05.57 ID:CAP_USER.net
【平壌4月29日発朝鮮中央通信】シリアとアフガニスタンに数十発のミサイルと超大型爆弾を投下した米国が今、意気軒昂となって虚勢を張るのが見ものである。

先日、アジアを訪問した米副大統領のペンスは、世界がシリアとアフガニスタンを通じて「大統領の決断力」について目撃したと言いふらし、「北は米国の意志を誤って判断してはいけない」だの、「トランプの決心と米軍の威力を試そうとしてはいけない」だのとほらを吹いた。

国連駐在米国大使をはじめ高位政客らも、毎日のように「戦略的忍耐の時代は終わった」「軍事行動を含むすべての選択案が卓上に置かれている」と青筋を立てて、誰それに対する「強力な警告」をうんぬんしている。

これは核のない国、力の弱い民族を選んで打撃して力自慢をする米国の生意気な空威張りであって、そんなことに驚くわれわれではない。

米国は、相手をはっきり見なければならない。

われわれはすでに、米帝との全面戦争で勝利した伝統があり、長々数十年間、米帝との最後の聖戦を覚悟して国力を百倍、千倍に固めてきた。

過去の朝鮮戦争こそ、力量上比べようもない小銃と原爆の対決であったが、われわれは15の追随国軍隊と南朝鮮のかいらい軍、日本軍国主義者まで投入して襲いかかる米帝に立ち向かって戦って侵略者に苦い惨敗を与えた。

核を持てなかった20世紀の各年代にもわれわれは、米帝の核脅威に屈せずに「プエブロ」号事件、EC121大型偵察機事件、「板門店事件」をはじめ戦争挑発策動を超強硬対応で粉砕した。

こんにち、絶対兵器と呼ばれる水爆から大陸間弾道ロケットに至るまで持てるものは全部持ち、高度の臨戦状態にあるわれわれにはいかなる侵略も迎え撃つことのできる朝鮮式のすべての選択案があり、米国が加えてくるいかなる挑発にもよろこんで対応する準備ができている。

米国がいつよりも虚勢を張りながらあがいているのは彼らの強大さを見せるものではなく、その反対にわれわれの正義の核と無敵の軍事力の前に戦慄(せんりつ)した者の脆弱さを見せるものである。

米国は、「北朝鮮は決してシリアやアフガニスタンではなく」「トランプの悪態は北朝鮮にとって単なる無意味な叫びにすぎない」とした世界世論の評を銘記しなければならない。

自分の力を信じて勝利を確信する強者には、虚勢が通じない。

警告しておくが、米国が社会主義祖国を守り抜こうとするわが軍隊と人民の意志をあえて試そうとするなら、本当の戦争の味をみることになるだろう。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1493537525

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ