中央時評

12 1月

【中央時評】 イヴァンカと金与正(キム・ヨジョン)の「平昌出会い」を夢見る~夢見なければ奇跡は起こらない

1 名前:蚯蚓φ ★:2018/01/12(金) 16:10:52.46 ID:CAP_USER.net
http://japanese.joins.com/upload/images/2018/01/20180112145040-1.jpg

▲金与正(キム・ヨジョン)とイヴァンカ

イヴァンカと金与正(キム・ヨジョン)、2人が平昌(ピョンチャン)で遭遇する可能性があるという推測性報道に接した時、事実と虚構をもっともらしく混ぜ合わせた「小説」だと考えた。ドナルド・トランプ米大統領の長女でホワイトハウス選任顧問であるイヴァンカ、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の妹で党政治局候補委員である金与正…。2人の女性実力者の出会いの可能性は希薄だ。トランプと金正恩が戦争危機が漂う韓国に自身の血縁を送るのは賭博に近い。ところで、このでたらめな虚構が少しずつ事実の枠組みを築いている。

端緒はトランプが切った。彼は4日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で「平昌冬季オリンピック(五輪)に家族を含む高位代表団を派遣する」と述べたが、「家族」という表現を使った。マイク・ペンス副大統領夫婦が代表団を率いることにしたが、家族は未定だ。トランプがイヴァンカを代表団の一員として派遣する案を議論したとロイター通信は伝えた。イヴァンカの確率が高いということだ。

私はイヴァンカの平昌訪問を待ちこがれている。イヴァンカは韓米同盟の象徴になることができる。平昌は南北が銃砲で対立する非武装地帯(DMZ)からわずか数十キロメートル離れたところにある。愛する長女をこのような危険地域に送りだす行為より同盟を誇示する強烈なジェスチャーがほかにあるだろうか。中国の習近平国家主席や日本の安倍首相がいない状況で韓国民に対するトランプの誠意は際立つだろう。

イヴァンカは反転のカードだ。北朝鮮に傾くスポットライトを分散させる効果がある。イヴァンカはフェイスブック、ツイッター、インスタグラムに1500万人余りのフォロワーをもつセレブリティでもある。昨年11月、日本訪問で確認した「イヴァンカブーム」は彼女の「商品性」を立証した。経済力・容貌・権力をすべて兼ね備えたイヴァンカのスター性を考えると、北朝鮮の宣伝・扇動は色あせる可能性がある。平昌のイヴァンカを北朝鮮が意識しないわけにはいかない理由だ。

金正恩は新年の辞で「同族の慶事(平昌五輪)を一緒に喜んで互いに助けるのは当然なこと」と述べた。また、選手団の他にも高官代表団、応援団、芸術団などを送ることにした。「高官代表団」に注目する必要がある。金正恩の意向が込められているため、重みのある核心勢力を送る可能性が高い。崔竜海(チェ・ヨンヘ)労働党副委員長など団長であれ、誰であれ、関心は金与正に注目される。金正恩の夫人、李雪主(リ・ソルジュ)が学生時代だった2005年9月に仁川(インチョン)アジア陸上選手権大会に応援団として訪問したことがある。金与正が韓国に来れない理由はない。
(中略:二人の略歴及び北朝鮮の本音)

イヴァンカと金与正にとって平昌は国際的な認知度と経歴を積める絶好の舞台だ。2人の女性が出会って「オリーブの枝(olive branch)」を分け合い、平和と和解を訴える絵を想像してみたい。このような場面を演出することさえできれば、平昌五輪は「地上最大のショー」になるだろう。当然、韓半島転者論も力を得ることになる。

外交は「可能性の芸術」と言われている。1970年代、ピンポン玉一つが米国と中国の修交に口火を切ったように平昌五輪を媒介に新しい歴史を書くことができる。夢見なければ奇跡は起こらない。先制的にイヴァンカと金与正を招待する文大統領の想像力、トランプと金正恩の思い切った決断を期待する。それが疾走する戦争危機を食い止める一つの方法になり得る。

コ・デフン/首席論説委員

ソース:中央日報/中央日報日本語版【中央時評】イヴァンカと金与正の「平昌出会い」を夢見る
http://japanese.joins.com/article/468/237468.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515741052

7 5月

【中央時評】韓国の保守はなぜこれほど無能なのか

1 名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2016/05/06(金) 21:34:42.52 ID:CAP_USER.net
韓国には1つの神話が存在する。「保守は有能で、進歩は無能だ」という神話だ。本当に韓国の保守は有能で、進歩は無能なのだろうか。国家運営能力を判別する核心基準は安保と経済だ。今日は経済に限って民主化以降の保守と進歩政権の成果を客観的に比較しよう。

そうすると無能なのは進歩ではなく保守だ。無能といっても相当な無能だ。個別の政権を比較しようが保守政権の2つ〔金泳三(キム・ヨンサム)・李明博(イ・ミョンバク)〕と進歩政権の2つ〔金大中(キム・デジュン)・盧武鉉(ノ・ムヒョン)〕の平均を比較しようが、保守が上回った指標はない。進歩が有利な民生・福祉・平等指標ではなく、保守が注力する成長・輸出・外国為替・株価部門でさえ進歩政権のほうがはるかに有能だ。通貨危機も保守政権の時だった。保守が執権する時は世界経済の環境が悪かったのだと答えるならば、その問題は別に議論しなければならない。

まず保守の金科玉条である経済成長率は保守政権の平均5.15%に対し進歩政権は6.01%だ(以下、金泳三・金大中政権両方の責任と帰結されうる1998年の指標は除外。外国為替統計は98年を含む)。輸出増加率は保守10.88%vs進歩12.06%だ。外国為替保有の増加額は保守582億ドルvs進歩2420億ドルだ。外国為替保有の増加率は保守19.76%vs進歩314.81%だ。株価上昇率は保守マイナス3.94%vs進歩37.84%だ。

国民の生活にとって最も重要な1人あたりの国民総所得(GNI)の増加率は保守5.25%vs進歩12.65%だ。進歩が2倍を超える。就業者の増加率は保守1.6%vs進歩1.9%だ。最低賃金の引上げ率は保守7.15%vs進歩9.92%だ。消費者物価の上昇率は保守4.16%vs進歩2.71%だ。すべての指標が進歩の優位もしくは圧倒的優位だ。公的支出・公平・貧困・福祉・民生指数ももちろんだ。「保守有能-進歩無能」神話は完全に虚構である。

それならば重大な質問が残る。韓国の保守はなぜこれほど無能なのか。またこれほど無能な業績なのにどうして執権し続け、第1党を維持してきたのだろうか。

最初は反共主義と安保商業主義のためだ。民主・進歩・改革勢力を左傾・容共・従北・左派という烙印を押した虚偽の理念攻勢だけが成功できるならば、それによる理念の動員と支持結集のおかげで保守はあえて能力を証明する必要はなかった。実際に保守政権は執権時に経済公約を達成したことがなかった。無能を理念で隠したのだ。
(中略:保守が執権してきた残り3つの理由)

第20代総選挙は従北・左派理念攻勢の作動不能、若者世代の若干の投票増加、一部地域の地域主義の崩壊程度でも保守の無能が報復を受けた。無能な韓国の保守を有能にさせる方法を探してみよう。まずは「韓国保守=無能」の命題に対する深層討論を展開しよう。

パク・ミョンニム延世(ヨンセ)大学教授(政治学)

ソース:中央日報日本語版【中央時評】韓国の保守はなぜこれほど無能なのか
http://japanese.joins.com/article/367/215367.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1462538082

26 9月

【中央時評】経済回復の希望を持とう=韓国

1 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2015/09/25(金) 22:44:07.95 ID:???.net
 秋夕(チュソク、中秋)の明るい月が浮かぶ。今年の秋夕は月が地球と最も近く、一年で最も大きな月を見ることができる。
月は満ちて、欠けて、また満ちる。

 経済も好況と不況を繰り返す。景気が良い時、さらに良くなると見込んで企業が生産と投資を増やせば、在庫が積もって
景気が沈滞する。生産コストと価格が下落して在庫が消耗すれば、また景気が上向く。低い利子のお金が住宅や証券に流れ、
価格を上げて活況を形成し、根本価値以上に上がった資産価格のバブルが突然消えながら不況がくる「好況-不況循環
(boom and bust cycle)」もよく発生する。

 世界経済は不況の暗いトンネルを抜け出している。2008年にグローバル経済危機が発生してから7年が過ぎたが、
世界経済の回復はまだ遅い。サマーズ元米財務長官をはじめとする悲観論者は需要不足と新技術の発展鈍化で先進国経済が
低成長を抜け出すのは難しいという「構造的長期沈滞論」を主張する。最近は中国経済が失速し、世界経済の見通しはさらに
暗くなっている。中国政府が発表した今年上半期の公式成長率は7%だったが、実際には4-5%という外部機関の推定値が出ている。

 世界経済の悪材料が海外依存度が高い韓国経済の足を引っ張っている。輸出は今年に入ってさらに減少した。内需はこれまでの
拡張的財政・金融政策の効果で良くなっているが、回復ペースはまだ緩やかだ。今年の経済成長率は2%序盤と、2009年以来の
最低水準に落ちるという見方が出ている。肌で感じる景気はさらに厳しい。

 少ない月給で生活する勤労者や零細商人は生活が厳しく、庶民は子どもの教育、職場、結婚の心配で秋夕連休中も安心できない。

 韓国経済の沈滞は高齢化や生産性低下で長期にわたり成長潜在力が下落する現象とかみ合い、さらに見通しがよくない。
韓国開発研究院は日本の「失われた20年」が始まった時期と現在の韓国経済の姿が似ているという研究結果を出した。

 外部の環境は厳しいが、すべてが悲観的というわけではない。米国経済の回復はよいニュースだ。中国経済の不確実性は大きいが、
中国政策当局が適切に対応すれば急激に墜落したり大きな危機を迎える可能性は非常に低いというのが、多数の専門家の見解だ。
いま韓国経済の内部環境は高齢化を除いて20年前の日本とは大きく異なる。日本の「失われた20年」は不動産バブル崩壊、
金融改革不振、生産性低下、国家債務の増加とともに、タイミングを何度も逃したマクロ経済政策など、さまざまな要因が重なって発生した。
我々は日本の失敗を繰り返さなかった。

 実際、我々は今まで多くの経済危機を迎えたが、最も速く模範的に克服した。経済開発の初期には政府・企業・勤労者が
熱情的に働き、戦争の廃虚を克服して国家経済を再建した。1988年の通貨危機で平均国民所得が7%近く落ち、776カ所の
金融機関が閉鎖し、失業者が続出したが、国民全員が力を合わせ、危機を乗り越えて速やかに成長した。2008年のグローバル
経済危機当時は先制的な構造改革と政策対応で、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち真っ先に危機を克服した。

(>>2以降に続く)

 李鍾和(イ・ジョンファ)高麗大経済学科教授/元アジア開発銀行チーフエコノミスト

中央日報/中央日報日本語版 2015年09月25日11時13分
http://japanese.joins.com/article/203/206203.html
http://japanese.joins.com/article/204/206204.html

2 名前:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2015/09/25(金) 22:44:35.21 ID:???.net
(>>1の続き)

 高い教育熱と優秀で勤勉な人的資源が韓国経済発展の核心だった。誠実な勤労者、危機に屈しない財界人、効率的で
使命感のある官僚組織、みんなが挑戦を恐れず各分野で最善を尽くした。中央日報が創刊50周年を迎えて経済専門家に
アンケート調査をした結果でも、韓国経済の最大の強みに「高い教育熱と優秀な人材」「変化に対する速やかな適応力」が選ばれた。

 我々が持つ長所を生かし、不十分な点は着実に改善していかなければいけない。世界経済フォーラムが各国の競争力を比較した
指標によると、韓国は政策決定の透明性、政治家の信頼度、金融・労働市場の効率性などの制度的な側面で先進国に
大きく遅れをとる。教育制度も創造経済にふさわしい人材を育てるには十分でない。

 国の興亡盛衰は、立派な人材を育成し、既得権と慣行を打破して誰もが存分に力を発揮できる制度を作り、良い政策を
展開できるかどうかにかかっている。改革を着実に推進し、韓国の経済規模と先進国の地位に合う制度を作らなければならない。
変化する環境に合わせて適切な景気対応策をとり、新しい成長動力を準備することが求められる。

 今の韓国経済の現実は暗い夜空に薄い三日月が浮かんでいる状況だ。しかし今回も意志を持って努力すれば困難を克服できる。
韓国経済が明るい月のように再び飛躍することを望む。

(おしまい)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1443188647

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ