中央日報

25 9月

【中央日報】日本だけに特権与える日米原子力協定、自動延長の可能性 韓国も同水準の原子力協定締結を米国に迫っている

1 名前:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/09/25(月) 17:36:19.02 ID:CAP_USER.net
来年7月に更新期限を迎える日米原子力協定が、両政府間の再協議はせず自動延長される見通しだと日本経済新聞が25日、報じた。同協定は日本が使用済み核燃料(原子炉で燃料として使われた後に廃棄される高レベル放射性廃棄物)を再処理することができる権限を包括的に認める内容で、日本政府は協定の自動延長を米国側に申し入れていた。

同紙は「協定の終了や再交渉の意図はない」という米国務省関係者の発言を引用しつつ、「協定は現行のまま延長となる公算が大きくなった」と伝えた。

北朝鮮の核・ミサイル挑発を阻止するために日米の緊密な連係が重要な状況で、両国関係に波風を立てるような協定見直しは避けたい意向があるというのが同紙の分析だ。

1988年に発効した協定は来年7月で30年の期限を迎える。期限6カ月前までに一方が破棄や再交渉を要求しない限り、協定は自動的に延長される。この協定のおかげで、日本は核兵器非保有国として使用済み核燃料の再処理に関する権限が唯一認められている。原子力発電所から出る使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを抽出し、これを再び燃料として活用する「核燃料サイクル政策」を可能とする根拠となる。

その結果、日本は国内外に原爆約6000発に該当するプルトニウム約47トンを保有していて、これをめぐる国際的な懸念も高まっている。

米国では核不拡散政策を推進したオバマ前政権の要人を中心に「日本側はプルトニウム削減に対する取り組みを十分に行っていない」という不満が噴出していて、韓国は「なぜ日本だけに再処理の権限を許容しているのか」として同水準の原子力協定締結を米国に迫っている。

同紙も「協定が延長された場合、日本が再処理の『特権』を維持する妥当性の議論もある」と指摘した。来年完工する予定の新しい再処理工場がフル稼働すれば、毎年8トンのプルトニウムが増える見込みであるため、論争はさらに大きくなる見通しだ。

同紙は「トランプ米政権も日本のプルトニウム使用計画について引き続き説明を求めていく方針」とし、「日本はプルトニウムの削減に向け、現実的な道筋を国際社会に示すことが求められる」と診断した。


2017年09月25日16時21分
http://japanese.joins.com/article/800/233800.html?servcode=A00&sectcode=A00


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1506328579

17 9月

【中央日報】日本、今回も北朝鮮ミサイルに迎撃せず…「どうせできない」との見方

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 22:47:22.40 ID:CAP_USER.net
15日、北朝鮮の弾道ミサイルが先月29日に続き、再び自国の上空を通過したが日本政府は自衛隊法に基づき、ミサイル破壊措置(迎撃)を試みなかった。日本は先月29日にも関連措置を取らなかった。

北朝鮮が先月9日、グアム周辺を狙った弾道ミサイル発射を予告した時は、日本は小野寺五典防衛省が出て「十分に迎撃可能だ」と主張した。菅義偉官房長官は14日、鳥取県の平井伸治知事に会った席でも北朝鮮が弾道ミサイルを日本領土側に発射する場合「迎撃も含めて対応するだろう」と話した。

ところで、その翌日、北朝鮮ミサイルが自国の上空をまた通過したが、結果的に日本政府と自衛隊は全く動かなかった。菅義偉官房長官はミサイル発射後の記者会見で「(ミサイル部品などの)落下による領土への被害が予想されなかったため、迎撃に出なかった」と主張した。

だが、果たして迎撃命令が下されたなら迎撃は可能だったのだろうか。この日午前、日本政府は北朝鮮が発射したミサイルに対して「最大高度800キロメートルから3700キロメートル程度を飛行した」と推定した。日本北海道上空を通過する当時は事実上、最も高い位置に到達した可能性がある。

航空自衛隊が運用中であるパトリオット迎撃ミサイル(PAC3)の迎撃高度は20キロメートル、イージス艦に配備されたSM3ブロック1Aの迎撃高度も500キロメートル程度だ。つまり、理論的に迎撃が不可能な状況だったという専門家らの見方が多い。

事前兆候を捉えて追跡探知すれば弾道ミサイルの上昇局面でSM3で迎撃が可能になるかもしれないという見方もあるが、実戦状況では非常に難しいだろうという指摘だ。

http://japanese.joins.com/article/481/233481.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505569642

15 9月

【中央日報】北朝鮮のミサイル挑発に対応した韓国ミサイル「2発中1発は失敗」

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/:2017/09/15(金) 17:06:27.58 ID:CAP_USER.net
15日、北朝鮮がミサイル挑発を強行すると対応レベルで韓国軍が実施したミサイル発射が2発中1発は失敗したということが分かった。今日午前6時57分ごろ、北朝鮮がミサイルを発射すると6分が過ぎた午前7時3分、韓国軍は東海岸で北朝鮮の挑発原点を想定して「玄武(ヒョンム)2A」ミサイル2発を発射した。 

  1発は250キロメートルを飛行して目標ターゲットに命中したが、他の1発は発射して数秒後に東海(トンヘ、日本名・日本海)上に落下した。発射失敗にともなう被害はないということが分かった。 

  玄武2Aミサイルは有事の際、北朝鮮の核とミサイル施設を破壊する韓国軍の核心戦力と知られている。しかし、今回の発射失敗で北朝鮮に対する対応能力に疑問が提起されている。韓国軍関係者は「今回のように発射数秒後に墜落した事例は初めて」としながら「現在、原因を分析中」と明らかにした。

[ⓒ 中央日報日本語版]2017年09月15日 14時44分
http://s.japanese.joins.com/article/482/233482.html?servcode=500&sectcode=510

https://i.imgur.com/encrU1X.jpg

玄武2Aミサイル。(写真=陸軍提供)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505462787

8 9月

【中央日報】安倍首相に平昌五輪マスコット人形をプレゼントした文大統領

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/:2017/09/08(金) 12:04:37.87 ID:CAP_USER.net
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が安倍晋三首相に会って平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のマスコット「スホラン」「バンダビ」人形をプレゼントし、広報に出た。 

  文在寅大統領は7日(現地時間)、東方経済フォーラムが開かれているロシア・ウラジオストクで安倍首相との韓日首脳会談を終えた後、「スホラン」「バンダビ」人形を持って記念写真を撮影した。 

  両首脳の出会いは北朝鮮の相次いだ挑発など厳重な時期の中で行われたものが、平昌冬季五輪の開催を控えた文大統領は安倍首相と可愛い人形を手にした「認証ショット」も忘れなかった。 

  一方、この日、文大統領は安倍首相に「北朝鮮の相次ぐ挑発のために日本国民も、韓国国民も大きく心配している。日本国民に慰労の言葉を伝える」と述べた。

http://s.japanese.joins.com/article/181/233181.html
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年09月07日 15時30分

https://i.imgur.com/oBVvyJn.jpg

文在寅大統領が7日、ロシア・ウラジオストクで安倍首相と韓日首脳会談を行った。写真は文大統領が平昌冬季五輪のマスコット「スホラン」「バンダビ」人形をプレゼントして安倍首相と記念撮影をする姿。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1504839877

1 9月

【中央日報】<W杯サッカー>1人退場も揺れないイラン…韓国も冷静になるべき

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/01(金) 16:31:51.64 ID:CAP_USER.net
スポーツで精神力とは何か。必死に走ることでも、相手に激しくプレッシャーをかけることでもない。自分が持っているものを競技場で最後まで出し切ることだ。自分の能力と限界を正確に知って冷静に対処することのも精神力だ。

8月最後の日にソウル上岩(サンアム)W杯競技場で行われた2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア地域A組最終予選第9戦の大韓民国-イラン戦。がけっぷちに追い込まれた韓国選手は必死に戦った。頑張るのは頑張ったが、効率的には戦えなかった。

韓国選手は精神的に武装していた。最近の代表チームの無気力なプレーで「太極戦士」に対する非難はピークに達していた。絶体絶命の危機に陥った韓国サッカーを守るために6万人以上の観客がソウルW杯競技場を埋めた。電光掲示板には「上岩の炎の地獄にようこそ」と表示された。大韓サッカー協会が配った赤いシャツを着た6万人の観客が立ち上がって一斉にクラッパー(応援用の紙)を振ると、競技場はあたかも炎の地獄のようにゆらゆら揺れた。

選手たちは闘志を燃やしていたが、冷静であるべきだった。しかし意欲が過剰だった。1トップの黄喜燦(ファン・ヒチャン、21、ザルツブルク)は猛烈に走ってイランのDFとぶつかったが、収穫はなかった。守備から攻撃につなぐ「ビルドアップ」過程は単純だった。ボールキープ能力が優れた具滋哲(ク・ジャチョル、28、アウグスブルク)を通さず、両ウイングの孫興民(ソン・フンミン、25・トッテナム)と李在成(イ・ジェソン、25、全北)は前半、ボールタッチが少なかった。

DFも焦ったプレーが続いた。主将の中央DF金英権(キム・ヨングォン、27、広州恒大)は3回のクリアミスで危機の瞬間を迎えた。右サイドバックのチェ・チョルスン(30、全北)はもともと体を張ってプレーするスタイルだが、この日もそのようなプレーが何度か見られた。闘志は見えるが、これは相手FWがフェイントをかければ間違いなくバランスを崩したりファウルを取られる危険な動作だ。チェ・チョルスンは結局、前半39分に激しいタックルをして警告を受けた。

むしろこの日、Aマッチデビュー戦となった中央DF金敏在(キム・ミンジェ、21、全北)があたかも百戦老将のように余裕のあるプレーを見せた。危機の瞬間にも落ち着いて相手の攻撃を断ち、前方に送るパスは「パスマスター」奇誠庸(キ・ソンヨン)を連想させた。前半19分のFK場面では身長(189センチ)を生かしたヘディングパスで張賢秀(チャン・ヒョンス、26、FC東京)に決定的なチャンスを作ったりもした。金敏在は後半6分、イランのMFサイード・エザトラヒの退場を引き出した。

数的優位になった韓国は激しく攻めた。しかし競技場を広く使うなどして1人少ないイランの守備を崩していくプレーは見られなかった。攻めてはいたが、これといった攻撃はなかった。

一方、イランはアジア最終予選A組8試合で無敗(6勝2分け)無失点を維持してロシアW杯本大会行きを決定したチームにふさわしい姿を見せた。

1人が退場した状況でも動揺することなく、自分たちの線の太いプレーを見せた。シンプルながらも相手陣営に向かう姿からは、一人の指導者の下で長期間築いてきた組織力が感じられた。

後半27分に李在成が抜け、196センチの長身FW金信旭(キム・シンウク、29、全北)が入った。しかし金信旭の頭に向けた正確なクロスを上げるには、韓国の攻撃があまりにも無秩序だった。

後半終了2分を残して、ついに「百戦老将」李東国(イ・ドングク、38、全北)が投入された。しかし李東国が何かを見せるには時間があまりにも短かった。後半ロスタイムに李東国が放ったシュートはゴールのはるか上を虚しく飛んでいった。終了直前に孫興民がペナルティエリア内でDF選手5、6人を引きつけたドリブルもゴールにはつながらなかった。

http://japanese.joins.com/article/954/232954.html

>>2以降に続く)

2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/01(金) 16:32:04.96 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

結局、試合は0-0で終わった。競技場を埋めた6万3124人の観客は喜ぶ表情なく帰ることになった。韓国代表チームと申台龍(シン・テヨン)監督の負担はさらに大きくなった。熱狂的なホームファンの応援と後半の数的優位にもかかわらず、韓国は結果を出せなかった。

5日に敵地ウズベキスタン・タシケントで必ず勝ってこそ、ロシアW杯に行くことができる。いま本当に精神力が必要な時だ。意欲だけで飛びかかる内容の薄い精神力でなく、最後まで冷静に集中する精神力のことだ。ケイロス監督が率いるイラン代表の選手たちがソウルで見せたようなものだ。

(おわり)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1504251111

14 8月

【中央日報】韓国人を侮辱する妄言を吐いたトランプ大統領 数十万人の韓国人が犠牲になってもかまわないという発言は非常識

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 10:49:48.58 ID:CAP_USER.net
言葉が爆弾やミサイルなら、韓半島(朝鮮半島)戦争はすでに始まった。トランプ大統領は北朝鮮が核・ミサイルで米国を威嚇すれば北朝鮮政権は炎を浴びて終末を迎えるだろうと警告した。10日には北朝鮮が想像もできないことが起こると警告の程度を高めた。北朝鮮の対応はさらに殺伐であり具体的だ。

キム・ラクギョム戦略軍司令官は中長距離弾道ロケット「火星12」4発でグアムを包囲攻撃することを「慎重に検討」していると、朝鮮中央通信を通じて発表した。「慎重に検討」という退路を開いておいたのをみると、先制打撃にはためらいがあるということだ。

問題はワシントンの好戦的な雰囲気だ。北朝鮮の核・ミサイル施設に対する先制打撃論がついにマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の「予防戦争論」に拡大発展した。こうした雰囲気でトランプ大統領は韓国人を侮辱する妄言をした。

8月1日の米NBC放送のインタビューでリンゼー・グラム上院議員(共和党)はトランプ大統領が自分にした話をこのように伝えた。

「北朝鮮がICBMで米国を攻撃するミサイルプログラムを継続すれば北朝鮮と戦争が起こるだろう。ミサイルプログラムを中断させるための戦争が起こるのなら、それは向こう(over there)で起こる。数千人が死ぬなら、それはここ(over here)でなく向こうだ」。グラム議員はトランプ大統領が私に直接(to my face)そのような話をしたとまで説明した。

言うまでもなくトランプ大統領が話した「向こう」は韓半島であり「ここ」は米国だ。戦争が起これば数千人でなく数十万人、核戦争なら数百万人が死亡することを考えれば、トランプ大統領は戦争に関する概念さえもない危険な大統領だ。すべての犠牲は「向こう」で発生するというトランプ大統領の言葉は正しい。

第2次世界大戦からアフガニスタン戦争まで米国がしたすべての戦争がそうだった。数十万人の米軍が戦死し、数百、数千万人の現地人が犠牲になっても、1941年のハワイ真珠湾を除いて米本土は血を一滴も流さなかった。米同時多発テロのような不意の事態でなければ米国が傷つくことはないという安堵感が米国人の潜在意識に深く刻まれている。

とはいえ、どうすれば米国の大統領という人物がためらいもなくそのような話ができるのか。米国本土防御のためには、韓国の領土が戦火に包まれて数十万人の韓国人が犠牲になってもかまわないという発言をするのは非常識だ。

8月5-11日付のエコノミスト誌は仮想的な韓半島戦争のシナリオを掲載した。米国と北朝鮮が核兵器を使用し、北朝鮮は短距離ミサイルで核弾頭だけでなく化学兵器と神経ガスを韓国に散布する。ソウル市民30万人が死亡し、多数の人々が放射能の落塵で徐々に死んでいく。

金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は軍参謀と共にバンカーで爆死し、北朝鮮政権は壊滅する。シナリオはトランプ大統領がツイッターに載せたコメントで終わる。「悪魔(evil)の金正恩がソウルを核兵器で攻撃したのは悪い。私は核で反撃するしかなかった。しかし私がとった行動で米国は無事だ!」

トランプ大統領は信頼できない同盟国の大統領だ。彼は中国の習近平主席が北朝鮮に十分に圧力を加えないと不平をいうだけで、習近平主席が手に負えないほどの経済的制裁を加えない。言葉だけなのは習近平主席もトランプ大統領も同じだ。中国の対北朝鮮原油供給中断が抜けた安保理の北朝鮮制裁決議案も歯が抜けたトラだ。

先制・予防打撃論者は、米国・韓国・日本が大きな被害を受けずに北朝鮮の核・ミサイル施設を先制打撃で除去できると錯覚する。北朝鮮のミサイルは北朝鮮の山岳地帯のあちこちに隠されている。7月28日に「火星14」を発射したところも朝中国境から30キロ離れた慈江道舞坪里(ムピョンリ)だ。

韓米連合軍は戦時に朝中国境50キロ以内の地域は攻撃しないという内規を定めている。中国の介入による戦争拡大を懸念しているからだ。

http://japanese.joins.com/article/294/232294.html
http://japanese.joins.com/article/295/232295.html

>>2以降に続く)

2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/14(月) 10:50:02.81 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

文在寅大統領がトランプ大統領との電話会談で北朝鮮の核・ミサイル問題は平和的に解決するべきだと強調したのはよいが、我々の要求はさらに一歩踏み込まなければいけない。トランプ大統領に対し、北朝鮮に最大限の圧力を加えながらも先制・予防攻撃はしないという立場を明らかにするよう要請する必要がある。

弱者である金正恩委員長はそういう話を先にできない。言葉の爆弾が火花を散らし続ければ、災難も起こりかねない。空母、B-1B戦略爆撃機、F-22戦闘爆撃機など強大な戦略資産を総動員し、北朝鮮を東海(トンヘ、日本名・日本海)・西海(ソヘ、黄海)と空中で圧迫しながらも、対話の扉を開いておくべきだ。

対北朝鮮圧力と戦略資産の展開は戦争防止のためであり、戦争のためであってはならない。今日の韓国人にとって至上命令は戦争予防と平和ではないのか。

金永熙(キム・ヨンヒ)/コラムニスト/論説委員

(おわり)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502675388

13 8月

【中央日報】韓半島安保危機に韓国内米国人疎開のうわさ…米大使館「事実無根」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/13(日) 12:54:35.74 ID:CAP_USER.net
韓半島(朝鮮半島)安保危機が高まっている中で米国が韓国国内にいる民間人の「疎開作戦」を準備しているという怪しげなうわさが出回っている。

朝鮮日報は12日、駐韓外交家とSNS上で「駐韓米国大使館職員と駐韓米軍の家族はすでに韓国を離れた」「駐韓米国大使館では職員の非常連絡先を点検している」など出所不明のうわさが拡散していると伝えた。

これに対し駐韓米国大使館関係者は同紙に「米国大使館は通常業務を継続している」とし、うわさは事実でないと一蹴した。

また、同関係者は「職員の規模と活動、駐韓米国市民に日常的に伝えられる指針などに何の変化もない。これが米国大使館の公式立場」と改めて強調した。

韓国内の米国人の疎開作戦は3~4月にもあった。北朝鮮が金日成(キム・イルソン)生誕105周年の4月15日を前後して挑発に出て、原子力空母のカール・ビンソンが北朝鮮を先制攻撃するという内容のうわさとともに米国人避難説が拡散した。

韓国政府関係者は「駐韓米軍人避難説や韓半島戦争説は韓米合同演習のたびに広がる。今回のうわさも今月の乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン演習を控えて流布しているようだ」と明らかにした。

http://japanese.joins.com/article/283/232283.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502596475

7 8月

【中央日報】広島原爆投下から72年…韓国人被害者「昨日のように覚えている」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/07(月) 09:41:56.29 ID:CAP_USER.net
チョ・オギさんは72年前の「その日」を昨日のように覚えている。当時、広島のある小学校に通っていたチョさんはその日の朝、騒がしいサイレンの音に目覚めた。月曜日の朝の空はとりわけ快晴だった。あまりにも空襲警報がしばしば鳴っていた時期だったので待避はしなかった。

午前8時が過ぎるとサイレンの音がだんだんなくなった。チョさんの家族が朝ご飯を食べるために食卓を囲んで集まったその時だった。「ドン」という音と同時に壁掛け時計が左右にひどく揺れた。地震が起きたかのように家全体が揺れ、窓の外では巨大なキノコ雲が上がった。

「真っ赤な火柱が立ち昇った。台風が来たかのように風が吹きつけると突然真夜中のように四方が薄暗くなった。さじを手に握ったまま父や母、兄たちについて防空壕まで這って行った。風がどれほど強かったのか、体をまともに支えることができないほどだった。

空には大きな火だるまが飛んでいたが、その中で2つが村の海辺に落ちた。海水がグツグツ沸いた」

外でシャツを解き放して暑さを冷ましていた叔父は爆発熱と放射能にそのまま露出して激しい火傷をした。それから被爆後遺症に苦しめられて早く亡くなった。その後に生まれた叔父の子供たちはみんな精神障害を病んだという。チョさんは室内にいて大きな災いには遭わなかったが、後遺症は残った。

「その日から小さい音にもびっくりしてしょっちゅう目が覚める。不安障害を病んでいるから心筋梗塞が発病して日本に行って治療も受けた。約20年前からは帯状疱疹も生じたが、治療しても効果がなかった。今は神経痛を病んでいる」

米軍のB-29爆撃機が世界最初の核兵器である「リトルボーイ」を広島上空に投下したのは第2次世界大戦が最終段階に至った1945年8月6日だ。爆発によってできた雲は16キロメートル上空まで上がり、半径1.6キロメートル以内のすべてが焦土化した。

広島に住んでいた韓国人約2万人が死亡した。3日後に投下された長崎原爆による被害者まで合わせれば、韓国人原爆被害者は計5万人に達する。今年7月現在、2358人の原爆被害者が生存している。

韓国原爆被害者協会は広島原爆投下から72年となる6日、韓国東南部の慶南陜川(キョンナム・ハプチョン)に「陜川原爆資料館」を開館した。韓国で初の原爆被害者資料館で、被害者の陳述資料などを集めた。

現在、生存している原爆被害者の25%程度が陜川に住んでおり、陜川は「韓国の広島」と呼ばれている。陜川原爆被害者福祉会館では第72回原爆犠牲者追慕祭が開かれて亡くなった原爆被害者の御霊を慰めた。

5日、広島現地でも韓国人原爆犠牲者に対する慰霊祭が開かれた。慰霊祭に参加した徐張恩(ソ・ジャンウン)駐広島総領事は「(原爆被害者の)犠牲を絶対に忘れず、我々を脅かしている核兵器の恐怖に立ち向かって戦っていく」と述べた。

大韓赤十字社は原爆被害生存者の健康診断を支援して診療費・診療補助費・援護手当などを支給している。被害者が亡くなる場合、遺族に葬儀費も支援している。原爆被害者に申告されていない人もさらに受け付けている。

爆発当時、2キロメートル地域以内にいた人と胎児などが対象だ。昨年成立した「韓国人原子爆弾被害者支援のための特別法」が5月30日から施行され、被害者の年齢と都合などに関する実態調査と医療支援の法的根拠も設けられた。

2002年、日本で援護法が改正されたことを受け、長くて数十年間援護手当を受けることができなかった被害者も遡及支援を受けることが可能になった。チョさんも毎月30万ウォン(約2万9000円)前後の援護手当を受けている。だが、日本政府を相手に被害事実を立証するためには依然として困難がある。

チョさんも当時の被害事実を立証するために私費を投じて広島に行ってきたという。カン・フィウ韓国原爆被害者協会長は「今後、時間があまり残っていない被害者のために関係機関がより積極的に取り組んでほしい」と話した。

http://japanese.joins.com/article/077/232077.html

http://japanese.joins.com/upload/images/2017/08/20170807092707-1.jpg

広島爆撃当時、原爆雲の姿。(写真=中央フォト)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502066516

4 8月

【中央日報】大韓帝国は無気力に滅びたのではない 日本軍に戦いらしい戦いをした軍隊は米軍を除いて大韓帝国の国民軍しかない

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/04(金) 14:21:15.19 ID:CAP_USER.net
大韓帝国に対する新たな研究は2000年ごろに始まった。以前はさげすむばかりだった。亡国の責任をすべて押し付けられた高宗(コジョン)と彼の時代は嫌悪の対象だった。恥ずかしく頭の痛い過去だと思い込み、振り返ってみようとさえ思わなかった。

2000年、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大名誉教授が出した『高宗時代の再照明』が新たな突破口を開いた。その後、韓永愚(ハン・ヨンウ)ソウル大名誉教授、徐栄姫(ソ・ヨンヒ)韓国産業技術大教授などが相次いで大韓帝国関連の新しい研究の流れを継承していった。

黄台淵(ファン・テヨン)東国(トングク)大教授(62)の新刊『百姓の国 大韓帝国』『甲辰倭乱と国民戦争』は、そのような流れに乗ってはいるが、研究の量と質で従来の作業を圧倒している。

著者はこれに先立ち、昨年『大韓民国国号の由来と民国の意味』を、ことし1月には『甲午倭乱と俄館亡命』を出した。ともに大韓帝国関連の本だ。執筆中の『韓国近代化と政治思想』も来年出版する予定だ。

これらの本を通じて、大韓帝国に対する誤解とさげすみはこれ以上幅を利かせることはできなくなると著者は自信を持つ。

これまで、私たちが大韓帝国時代を振り返ることさえ忌み嫌っていた理由は何か。全く同感できず、前後がかみあわない事件だけが羅列してあったからだ。韓国の近代的な歴史叙述は、日本の学者の手で始まったという点が悲しい。

どうしたらこのように無気力に滅びえたのか、このような感情を誰もが一度は持ったことだろう。黄教授はその点に執拗に掘り下げている。日帝植民史学者が脱落させ、解放以降の韓国学者が気づけなかった2つの事件を復元させた。

1894年の甲午倭乱(東学党の乱)と1904年の甲辰倭乱(日露戦争)だ。漢文・英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語など外国語に精通している長所を活かした。

「朝鮮は1894年の甲午倭乱で滅亡し、大韓帝国は1904年の甲辰倭乱で滅亡しました。この2つの倭乱がこれまでの歴史から跡形もなく消えてしまいました。その間、2回の滅亡だけが目に映るだけで、義兵戦争と光復(解放)戦争を通して激しく抵抗して勝利した2回の復活は目に入ってきませんでした」

1894年6月、甲午倭乱の時に侵入してきたが、明成(ミョンソン)皇后殺害に怒った百姓(ペクソン)の武装蜂起と、高宗(コジョン)の俄館亡命で一時退却した日本軍は、1904年(甲辰年)2月に再び侵入して韓半島(朝鮮半島)全域を占領した。

日帝の全面侵攻に国軍と民軍(義兵)が力を合わせ、全国各地で6年間にわたってすさまじい「国民戦争」を繰り広げて抵抗した。その時敗北したからと言って、大韓帝国国軍をただの烏合の衆だと下に見るべきではない、と著者は言う。

1901年、すでに韓国軍は日帝以外のアジアのどの国も持てなかった3万大軍の「新式軍隊」であり、乙巳勒約(第二次日韓協約、1905年)以降、3万国軍と民軍が合わさって組織された国民軍は14万1815人に達した。

清軍とロシア軍に勝った日本軍に戦いを挑み、戦いらしい戦いをした軍隊は、その後米軍を除いては大韓帝国の国民軍しかなかったが、このような事実を私たちは知らずにいる。

黄教授の本は知的な喜びと道徳的意味とともに、私たちの近代史の隠蔽された世界へ読者を誘う。大韓帝国は無気力などころか、かえって当代アジア2位の経済強国として急浮上していたことを国内外の記録と統計資料を基に立証する。

また、旧本新参の改革路線で、独自の近代化(光武改革)に成功しながら、近代的身分解放の「民国(百姓の国)」だったことも興味深く確認させてくれる。2017年が大韓帝国宣言120周年という点で、その意味はさらに深まる。

http://japanese.joins.com/article/035/232035.html
http://japanese.joins.com/article/036/232036.html

http://japanese.joins.com/upload/images/2017/08/20170804140645-1.jpg

黄台淵・東国大学校教授(写真=中央フォト)

2 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/04(金) 14:21:29.76 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

著者をマルキシズム哲学者と記憶している者が多い。それはかなり昔のことだ。1974年ソウル大外交学科に入学後、学生運動を経てドイツに留学し、フランクフルトのゲーテ大学でマルクスの政治・社会理論を分析した『支配と労働』(91年)で博士学位を取得する時まではそうだった。

帰国後、94年に東国大教授として赴任してからは東洋思想と韓国近代史を新しく勉強し始めた。東洋と西洋の古今を網羅し、文明の形成過程を再構成した研究結果が『孔子と世界』(全5巻・2011年)、『感情と共感の解析学』(全2巻・2015年)だ。

(おわり)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501824075

3 8月

【中央日報】韓国のビールはまずい?

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/03(木) 19:13:02.71 ID:CAP_USER.net
韓国のビールはまずいという嘲弄が続いているが、驚くべきことにビールのオリンピックと呼ばれる世界ビール醸造大会(NHC)で優勝した人がいる。

ソウル・聖水洞(ソンスドン)のクラフトビール専門店「アメージングブルーイングカンパニー」の共同創業者であるパク・サンジェ氏(29)だ。2014年にホームブルーイングを初めて始めたという彼は、韓国大会をさらうと2017年4月に米ミネソタで開かれたこの大会で韓国人として初めて優勝をした。

そんな彼が韓国のビールを激賛しながらその理由を分析した。

パク氏は「消費者調査をしてみれば顧客は『暑い夏の日ののどの渇き解消用』や『チキンとともに』『1杯グイッと』などを好む。そうした嗜好にぴったり合うように多くの施設と設備を入れ苦くないライトラガーを作ったもの」と説明した。

似た方式で韓国で黒ビールが人気がない理由も解説した。

まず酒と一緒につまみを食べる韓国式飲酒文化のためビールそのものを楽しむクラフトビールには限界があるという主張だ。黒ビールが代表的だ。黒ビールこそ食べ物と組み合わせる酒ではなくビール自体を楽しまなければならない酒だ。

黒ビールだけでなく一般的なクラフトビールもやはりライトラガーである既存の国産ビールに比べ香りと味が濃いため組み合わせる食べ物も悩みだ。しょっぱくて辛い韓国料理特有の刺激的な料理はクラフトビールとはよく合わないためだ。

http://japanese.joins.com/article/981/231981.html

http://japanese.joins.com/upload/images/2017/08/20170803110750-1.jpg

ビールのオリンピックと呼ばれる世界ビール醸造大会(NHC)で優勝したアメージングブルーイングカンパニー共同創業者のパク・サンジェ氏。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501755182

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
最新記事ニダ
いあふぉんニダ




















ぶるーれいニダ






























あくせす集計ニダ
  • ライブドアブログ