1 名前:蚯蚓φ ★:2018/07/10(火) 19:40:56.72 ID:CAP_USER.net
大韓体育会は10日、「2018アジア競技大会ジャカルタ・パレンバンン」メディアデーを開催し、選手団の合同インタビューなどが行われた。

今大会で韓国は金メダル65個、銀メダル71個、銅メダル72個の総合2位を目標にしている。5大会連続で2位の韓国は各大会ごとに70個以上の金メダルを獲得したが、今回は目標をやや低めた。

これについて金晟祚(キム・ソンジォ)選手団長は「現在日本は競技力の向上に努力している。韓国がどのように多くのメダルを獲得するのかを知るために韓国を訪問したりもした。今大会で日本が多くのメダルを獲得すると予想している。このため目標を低めたと聞いている」と説明した。

イ・ジェグン選手村長は「韓国は5大会連続2位で、金メダルを75個ほど獲得した。今回もそのような計画を立てた。しかし最近は各種国際大会で韓国が伝統的に強かった種目のボウリング、レスリング、サイクルなどで日本が急浮上している。かつて韓国が獲得していたメダルを日本が取る可能性が高い」と述べた。

続いて「日本は東京オリンピック(五輪)に向け、さまざまな種目に対して国レベルで全面的な支援をしている。練習システムも高度化している。大変な競技力向上を見せているところだ。当初は日本が50個、韓国が75個ほどと考えたが、日本が60個ほど獲得しそうだ。それで韓国の金メダル目標を65個に設定した。日本と激しく2位争いをすると予想している」と話した。

ソース:中央日報日本語版<アジア競技大会>韓国、総合2位目標…日本の急浮上でメダル目標数は縮小
http://japanese.joins.com/article/063/243063.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1531219256