【外交】野田首相、玄葉外相の外交演説での竹島言及、韓国側が要求していた撤回を拒否…「受け入れることはできない」

1 名前:諸君、ていうかお前ら!? φ ★:2012/01/26(木) 21:22:21.73 ID:???
 野田佳彦首相は26日の衆院本会議で、玄葉光一郎外相が外交演説で竹島(韓国名・独島)に触れた部分に韓国政府が
抗議・撤回を要求していることについて「撤回を受け入れることはできないことを明確にした」と述べ、拒否したことを明らかにした。

 外務省によると、25日夕に在韓国日本大使館の大使代理が韓国外交通商部に呼ばれた際に伝えたという。首相は同時に
「平和的解決をはかるため、今後ともねばり強い外交努力を行っていく」と語った。

 玄葉外相は外交演説で「韓国側に対し、受け入れられないものについては受け入れられないとしっかりと伝え、粘り強く対応
していく」と主張していた。

ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/politics/update/0126/TKY201201260498.html
関連スレッド
【竹島問題】韓国が竹島(独島)領有権で日本に抗議「深い失望と遺憾」★2[01/25]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1327496704/


【経済】日本が薄型テレビを縮小するのは円高のせい?いいや、品質でも韓国製品の方が上。若い研究者の迫力に差が出ているのでは。

1 名前:諸君、ていうかお前ら!? φ ★:2012/01/26(木) 15:12:59.74 ID:???
 「学生さんはコンパで六千円の料理を注文されますが、会社員の方は四千円でできないか交渉してきます」。学生時代にも
利用した金沢の料理店店主から聞いた話。私の学生時代は、ほとんどの下宿部屋にテレビすらなく、質素な生活だったのに。

 話は変わるが、日本の大手家電メーカーが薄型テレビの生産を縮小しだしている。円高で韓国製品に価格で対抗できないため
と報道されているが、品質でも韓国製品の方が上との指摘を、ある大学教授から聞いた。若い研究者の迫力に差がでているのでは。
あれから気になっている。

ソース(中日新聞、「コラム 風紋」 経済部長・室石和夫氏)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/column/fumon/CK2012012602000165.html


【経済】韓国勢の有機ELテレビ、日本上陸の破壊力…圧倒的な薄さや画質の高さをアピール、“国産信仰”強い日本人に転向迫る

1 名前:諸君、ていうかお前ら!? φ ★:2012/01/26(木) 15:27:31.96 ID:???
ソース(日経ビジネスオンライン) http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120123/226417/

 年始恒例の米家電見本市「CES」は、韓国勢の有機ELテレビに話題が集中した。年内にも製品が投入される日本市場は、
韓国勢が攻めあぐねていた「最後の未開拓地」。圧倒的な薄さや画質の高さをアピールし、“国産信仰”が強い日本人に転向を
迫る。

 米ラスベガスで1月10~13日に世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が開かれた。今年の話題
をさらったのは、韓国のサムスン電子とLG電子が展示した有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビだ。

 映像のコントラストを左右する黒色の表現や、薄型化に優れており、次世代テレビの本命と目されている。厚さ数mmという
極薄デザインと、漆黒が映える画面に、来場者たちは度肝を抜かれた。

 パナソニックの大坪文雄社長は現地視察中、記者団から有機ELテレビへの対抗策を再三問われ、最後は「テレビ、テレビって
言うけれども、(パナソニックが出展に力を入れた)エネルギー関連事業のことも聞いてくれ」と苦笑いするほかなかった。

 他社の展示をかすませるほどの存在感を放った有機ELテレビ。韓国勢は2012年後半に各国で発売する計画だ。早ければ
同時期に日本市場にもお目見えする。

図表=韓国勢が市場を立ち上げる
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120123/226417/01.jpg


 世界のテレビ市場でシェア1位、2位を独占する韓国勢も、これまで“国産信仰”が根強い日本市場の攻略には手こずった。

 販売不振からサムスン電子は2007年に、LG電子は2008年に国内テレビ市場からの撤退を余儀なくされた。だが、サムスン電子は
有機ELテレビの発売を機に再参入する計画だ。2010年に日本で発売したスマートフォン「ギャラクシー」は順調に販売を伸ばす。
携帯端末でブランド力を高め、テレビなどほかの製品の販売につなげるというサムスン電子お決まりの市場攻略法を、ここ日本で試す。
2010年に国内テレビ市場に再参入したLG電子も、有機ELテレビの投入で攻勢を強める。

 両社の初代モデルは55型だ。米調査会社ディスプレイサーチは、当初の価格を7100~8061ドル(約56万8000~64万4000円)
と見積もる。低価格化が進んだ同型の液晶テレビと比べて約5.5~6倍高いが、2013年中には価格差が約3倍に、2014年中には
約2倍に、2015年中には約1.7倍にまで縮まると見込む。差がある程度まで詰まった時、普及は一気に加速しそうだ。

■2年後に1500万台出荷

 ディスプレイサーチは2015年に全世界で出荷される有機ELテレビは280万台、テレビ市場全体に占める割合は約1%と予想する。
これに対して、外資系証券会社のアナリストは、「2014年頃には出荷台数が1500万台に達し、構成比は5~6%に上る」と、より早い
市場の立ち上がりを予想する。

 有機ELテレビは技術的に大型化が難しく、今回55型の量産にメドをつけた韓国勢に比べて、日本勢は研究開発が数年遅れている。
本格的な普及期を迎える前に有機ELテレビを商品化しなければ、韓国勢にキャッチアップするのが難しくなる。パナソニックの大坪社長は、
「2015年までに商品化しなければならない」と危機感を強める。

 ただ、液晶テレビやプラズマテレビと同じように、パネルから一貫生産する体制を取るかどうかは未定だ。大坪社長は「慎重に判断する」
と言う。

 2000年代半ば以降、パナソニックは液晶パネルやプラズマパネルの工場への巨額投資に踏み切ったものの販売を十分に伸ばせず、
テレビ事業は2011年3月期まで3期連続で赤字。現在、パネル工場の閉鎖や縮小などの処理を進めている。「同じ過ちを
繰り返さない」(大坪社長)ためにも、有機ELテレビ用に新たなパネル工場を建てることには慎重な姿勢を取る。中国や台湾などの
メーカーに有機EL技術を提供し、そこからパネルを調達することも視野に入れる。

(>>2以降に続く)


2 名前:諸君、ていうかお前ら!? φ ★:2012/01/26(木) 15:27:59.36 ID:???
(>>1の続き)

 「有機ELテレビが登場しても、我々には関係ない」と強気なのは、シャープの片山幹雄社長だ。堺市の工場で製造する60型以上
の大型液晶テレビの販売に力を入れる。「堺工場」では、60型以上の液晶パネルを効率的に切り出せる大型のガラス基板「第10
世代マザーガラス」を世界で唯一採用する。そのコスト競争力を武器に、米国を中心に販売攻勢を強める。

 ラスベガス市内の家電量販店「フライズ・エレクトロニクス」の一角には、シャープの大型液晶テレビがズラリと並ぶ。80型は4569ドル
(約36万5000円)と高価ながら、「先週だけで4台売れた。何せ、この店で一番大きいからね」と男性店員。

 シャープの60型以上の販売台数は、北米市場で2012年3月期に前年同期比5倍の100万台を超える勢いで伸びている。60型
以上に限った場合、シャープの世界シェアは41.9%に上り、2位のLG電子(16.9%)や3位のサムスン電子(13.6%)を抑えて首位に立つ
(2011年1~9月期、ディスプレイサーチ調べ)。

 韓国勢が55型の有機ELテレビを発売したところで、60型以上の液晶テレビより画面サイズが一回り小さいので、直接競合しない
というのが、片山社長の見立てだ。しかし、トップシェアを維持し続けられる保証はどこにもない。

 60型以上の液晶テレビは値崩れしておらず、依然として高値で売られている。つまり韓国勢にとっては価格差を縮めるのが容易な
市場と言える。

 韓国勢が60型以上の有機ELテレビの量産に成功した時が、シャープにとっての正念場となる。

■ソニープレミアム復活へ

 ソニーは「クリスタルLED」と呼ぶディスプレイ技術を開発中で、CESでその試作機を展示した。画面に赤・緑・青色の微細なLED
(発光ダイオード)を配置し、それぞれを発光させて映像を表示する。次世代テレビとして実用化を目指している。

 ソニーにとっては、2011年3月期まで7期連続で赤字を出すテレビ事業の止血が急務だ。2011年11月には収益の確保を優先し、
むやみにシェアを追い求めない方針を打ち出した。2012年3月期の販売計画も当初の2700万台から2000万台に引き下げた。
この方針を受けて、米国法人のフィル・モリニュー社長は、「昨年のクリスマス商戦では、薄型テレビの価格競争に参戦しなかった。
値段を下げるのではなく、消費者に商品が持つ価値を訴えた」と語る。

 以前、「ソニープレミアム」という言葉があったように、ソニーはその高いブランド力から、他社より高い価格でも製品が売れた時代が
あった。今後、テレビ市場でソニープレミアムの復活を目指す。

 日本勢は液晶テレビの開発で先行しておきながら、2000年代後半に世界シェアで韓国勢に逆転を許した。有機ELテレビでは
立場が入れ替わり、今度は開発をリードする韓国を日本メーカーが追いかける番だ。韓国勢が演じたような逆転劇を、日本勢は
見せてくれるだろうか。

(終わり)


【経済】世界10大造船所ランキング、韓国が6位まで独占

1 名前:かじてつ!φρ ★:2012/01/26(木) 08:47:17.61 ID:???
○世界造船所ランキング、韓国が6位まで独占

造船業界専門の市場調査会社クラックソンがこのほどまとめた世界10大造船所
ランキングで、韓国のサムスン重工業が1位になったほか、韓国勢が6位までを
独占し、韓国は「造船大国」の地位を守った。しかし、中国企業も3社がランク入りし、
造船業界の主導権争いは激しさを増しそうだ。

サムスン重工業巨済造船所は、昨年12月時点で受注残高が805万CGT(標準
貨物船換算トン数)あり、前年に続き首位となった。

このほか、大宇造船海洋玉浦造船所(703万CGT)、現代重工業蔚山造船所
(581万CGT)、STX鎮海造船所(370万CGT)が続いた。5位の現代三湖重工業、
6位の現代尾浦造船を合わせると、現代重工業系列の受注残高は1256万CGT
となり、サムスン重工業を上回る。

中国企業では、熔盛重工集団、金海重工、大連造船が7-9位に名を連ねた。
10位には韓国の成東造船(慶尚南道統営市)が入った。日本勢は1社もランク
入りを果たせなかった。昨年は日本の大島造船所が9位に入っていた。

サムスン重工業関係者は「中国の造船業界の強みであるバルク船、タンカーの
市況が不振で、当面は韓国の造船所による優勢が続くとみられる」と述べた。

□ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/01/26/2012012600642.html


【韓国】早ければ2016年にも月探査 米ソに続き世界3番目の月探査国へ

1 名前:かじてつ!φρ ★:2012/01/26(木) 10:12:16.24 ID:???
○韓国、早ければ2016年にも月探査

韓国が米国が共同で月探査をすると、韓国の東亜日報が26日報じた。
同紙は、韓国航空宇宙研究院と米国航空宇宙局(NASA)が昨年から
「ルナインパクター(Lunar Impactor、超小型衛星基盤の国際月探査
研究)」プロジェクトを推進してきたことが確認された、と伝えた。

両機関は昨年、韓米両国で1回ずつ、政府関係者が出席した月共同
探査会議を開き、3、4月ごろ最終合意書に署名した後、本格的に探査を
始める予定という。

「ルナインパクター」は、宇宙船を打ち上げる2016年までの4年間に
総額5000万ドル(約563億ウォン)が投入されるプロジェクトで、早ければ
2016年に韓国が製作した人工衛星が月面に到達する歴史的な場面を
見ることができる。

今回のプロジェクトが成功すれば、韓国は米国と旧ソ連に続いて世界
3番目の月探査国となる。

□ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/698/147698.html

△関連ニュース:韓国産キューブサット、月面の水生成の謎の解明に期待-東亜日報
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2012012648848


【韓国BBS】ダルビッシュの会見への意見「生意気」「イチロー以上」「イ・スンヨプは、ダルビッシュに4打数無安打を食らった」

1 名前:[―{}@{}@{}-] Korean Monkeys@動物園φ ★:2012/01/25(水) 13:30:04.75 ID:???
【社会ニュース】 2012/01/25(水) 10:48

  韓国のポータルサイト「Daum」の掲示板では、筆者が、ダルビッシュ有選手(25)が
メジャー挑戦を前に、日本のマスメディアやファンに対し発言した記事を紹介した。それに対し、
さまざまな意見が寄せられた。以下、韓国語による書き込みを日本語訳した。(  )内は
編集部の素朴な感想。

―――――――――――――――――――――――

●スレ主:スポーツソウル

  ダルビッシュは24日、前所属チームの日本ハムファイターズのホーム球場である札幌ドームで、
告別記者会見を行った。日本ハムはダルビッシュの数多くのファンたちのために記者会見場に
6800席余りを用意し、NHKと地域民営放送が生中継した。

  この席でダルビッシュは「以前にも明らかにしたようにメジャーリーグに行きたくなかった。
しかし、さらに強い相手と戦いたかった。 日本では相手選手から『投げないでよ』『無理だよ、
打てないよ』という話を聞いたりした。冗談でも聞いていると、(打者が)フェアな対戦を
していないんじゃないかとひっかかっていた」と、米国舞台進出を決心した理由を説明した。

―――――――――――――――――――――――

●ジョアガヌンゴヤ
  メジャーの洗礼を受ければ、こんな傲慢は恥ずかしくなるんじゃない?
  
●ニガムォルアニ
  生意気に見えるがメジャーでも頑張れ。
(ぜひ活躍してほしいですよね)

●PurpleFlame
  この子は先発で出てきて9回でも150キロがでるという。持って生まれた身体もすごいが、
2011年のパシフィックリーグ本塁打王たちに直球だけで勝負して力で勝つとか、メンタルもすごい。イチロー以上。

●ボムイ
  実は今、日本のプロ野球は投手が恐れるほどの選手がいない。村田、中村くらいだけで弱い。
張本、王、野村がいた70年代ではないとしても、落合、松井秀喜ほどの打者は必要。
(張本勲さんは韓国でも人気が高いようですね)

●名無しA
  李忠成選手の記者会見での発言が問題になったが、今回のダルビッシュの発言について日本人が
どう対応するか注目だ。
(日本代表のFW李忠成選手が16日、広島市内で行った記者会見での発言が物議となりました)

●Psychostick
  イ・スンヨプは、ダルビッシュに4打数無安打をくらったことがある。

●BC
  すべての日本の打者たちの自尊心が狂いそうな発言だ。

(編集担当:李信恵・山口幸治)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0125&f=national_0125_067.shtml


【韓国】「金大中ノーベル賞は工作」暴露の元情報員、米国に亡命へ

1 名前:[―{}@{}@{}-] Korean Monkeys@動物園φ ★:2012/01/25(水) 14:10:08.52 ID:???
2012/01/25(水) 13:35

  韓国国家安全企画部(現・国家情報院)の不正疑惑を暴露した元職員キム・
ギサムさんの米国亡命が、正式に認められたことが24日、明らかになった。
複数の韓国メディアが報じた。

  キムさんは韓国国家安全企画部(現・国家情報院)に7年間勤務した後、
2000年から米国ペンシルベニア州に滞在。金大中(キム・デジュン)政権が
発足当時からノーベル平和賞受賞のために組織的な「工作」を行っていた
ことや、北朝鮮に5億ドルを不法送金した内幕、安全企画部による盗聴などを
メディアに次々と暴露した。

  安全企画部は国家情報院職員法違反などの容疑でキムさんを告発した。
キムさんは03年12月に米国へ政治亡命を申請し、11年12月に開かれたフィラ
デルフィア裁判所の2審判決で正式に亡命が認められた。

  キムさんは、「亡命が承認されて気が楽になった」としながらも、8年に
及ぶ裁判は経済的に負担だったことも明かした。

  キム氏はソウル大学法学部出身で、1993年より国家安全企画部の、
対共産政策室長付属室、海外工作局情報協力課、国際政策室、対外協力補佐
官室、対北朝鮮戦略局などで勤務した。(編集担当:新川悠)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0125&f=national_0125_122.shtml


【自動車】 世界最高の自動車製造国家は「ドイツ」、その次は韓国で日米より上~韓国で調査

1 名前:蚯蚓φ ★:2012/01/26(木) 00:33:12.47 ID:???

(ソウル=ニュースワイヤー) 韓国消費者は圧倒的な差でドイツを世界最高の自動車製造国家と見
た。その次は韓国で米国と日本に先んじていると見た。‘09年の調査では日本が韓国に先んじた
が2年間で逆転が起きた。

警戒しなければならない国にドイツを挙げた比率が日本よりさらに高く日本の潜在力についても
低く評価していることが分かる。

韓国、ドイツ、日本、米国、中国など世界主要自動車生産10国家を提示して「最高級車を作る(国)」
「安全な車を作る(国)」等の9個の評価質問項目に該当する国を選択させた。その結果、ドイツが
全体9個の質問項目中、8個で他の国家を大差で引き離した。

ドイツは「最高級車を作って」(69%)、「安全な車を作って」(60%)、「優秀な性能の車を作って」(60%)、
「最先端技術を持っている」(54%)国と評価され、「デザイン能力が優れ」(39%)「鉄鋼、電子など関連
産業が最もまんべんなく発達した」(30%)国で「韓国自動車業界が最も警戒しなければならない国
家」(35%)であった。1位をのがした唯一の質問項目は韓国が50%で1位を占めた「安くて良い車を
作る」国であった。

韓国は「鉄鋼、電子など関連産業がまんべんなく発達した国」(29%)で1位ドイツ(30%)と対等な水準
の2位をはじめ、「デザイン能力が優れた」(19%)、「優秀な性能の車を作る」(14%)、「安全な車を作
る国」(11%)でドイツに続き2位に上がった。日本はこれら質問項目で各々14%、15%、11%、8%で韓
国に遅れをとった。

日本が韓国を上回ったのは「小故障がない車を作る」(日本24%、韓国13%)、「最先端技術を持って
いる」(日本15%、韓国11%)等2項目であった。

韓国と日本の逆転は‘09年にあったレクサスとトヨタの品質問題から始まったと見られる。‘09年
まで韓国を余裕をもって先んじた日本優位は‘10年、対等な水準になって消え、‘11年、韓国自動
車の躍進と日本大地震の余波で逆転した。これに伴い「韓国自動車業界が警戒しなければならな
い国」として日本を指定した率は‘09年51%から‘11年31%に20%pも墜落した。反面、ドイツは同じ
期間中16%pが増加した35%で第1の警戒対象になった。

消費者が自国の製造会社や製品について自負心を持つのは当然だ。しかし、自動車産業関係者
たちが自国の消費者の意見を現実と勘違いしては困る。慢心は淘汰の出発点だ。自身を過大評
価して相手を過小評価する愚を冒していないか冷静に探ってみる必要がある。

上の調査結果はマーケティング・インサイトが2001年から毎年7月に実施してきた大規模‘自動車
企画調査’中‘11年調査結果から抜粋したものだ。調査に対するより詳しい情報は
www.autoinsight.co.krで見られる。

ソース:(韓国語) 自動車最強国は‘ドイツ’、その次は-韓国が日本、米国先んじると考え
http://www.newswire.co.kr/newsRead.php?no=598989&ected=

関連スレ:
【自動車】「日本車の一人負け」…米市場でトヨタ・ホンダが「失速」。「もう一度買いたいクルマ」トップは韓国「ヒュンダイ」[1/22]★6
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1327331328/


ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ