【レーダー照射問題】 韓国 「証拠を示せ。 我々が求めているのは周波数の公開だ」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/01/15(火) 14:05:14.91 ID:CAP_USER.net
「日本から証拠示されず」


韓国国防省の報道官は15日、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題をめぐり
日韓防衛当局がシンガポールで14日開いた実務者協議で、日本側からレーダー照射を裏付ける証拠は示されなかったと語った。

報道官は「日本がデータを一部を公開するから我々の軍艦レーダー情報全体を公開するよう要求した」と説明。
「非常に無礼な要求で、問題解決の意志がみえない無理な主張だ」と不満をあらわにした。

日本側が公開の意志を示した一部のデータが何かについては「確認が必要だが、我々が求めているのは
日本が照射を受けたと主張している韓国艦艇の火器管制レーダーの周波数の公開だ」と強調した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40002970V10C19A1000000/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1547528714

【徴用工】「必ず30日以内に答えなければならないとは考えていない」韓国、日本の協議要請を拒否

1 名前:窓際政策秘書改め窓際被告 ★:2019/01/15(火) 20:18:52.08 ID:O2tQFY5W9.net
韓国、回答期限を拒否=「30日以内」日本の協議要請に


 韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟をめぐり、日本政府が
韓国政府に日韓請求権協定に基づく協議を求めたことについて、
韓国政府高官は15日、「30日以内」とする日本側の回答期限設定を
拒否する立場を明らかにした。

日本政府、韓国に30日以内の回答要求か=徴用工訴訟協議で

 この高官は「(日本の協議申し入れは)綿密に検討した上で回答する」と
説明、「(回答の時期は)決まっていないが、必ず30日以内に答えなければ
ならないとは考えていない」と断言した。
 韓国メディアは14日、日本政府が9日に韓国政府に送った文書で
協議を要請した際、「30日以内に」回答するよう求めたと報道している。


時事通信社【ソウル時事】(2019年01月15日16時54分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011500916&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547551132

【レーダー】レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」

1 名前:Ikh ★:2019/01/16(水) 05:13:59.37 ID:CAP_USER.net
 韓国海軍艦艇による自衛隊機へのレーダー照射問題をめぐって、日本側が映像を公開する前日の12月27日に水面下で行われた日韓の防衛当局間による協議の席上、日本側が"動かぬ証拠"を提示していたことが取材で明らかになった。それは自衛隊機が記録していた韓国レーダーの「周波数特性」だという。

 軍艦の火器管制レーダーは、全て別々の周波数を使用していることから、いわばレーダー版の"指紋"なのだという。「過去に収集した当該駆逐艦のデータと、今回のレーダーの周波数特性が合致している」というのが日本側の主張だが、韓国側は「我々は照射していない。その数字が証拠だと言うなら生のデータを出してほしい。韓国側で解析する」と反論。これに対し日本側が「データを出すなら相互主義だろう。お互いがデータを出し合い、照合して白黒つけよう」と提案すると、韓国側は「韓国の場合、レーダーの特性は機密だから渡せない」と応じたという。

 話し合いは平行線をたどり、日本側は翌日、レーダー照射の瞬間の動画を公開することになった。日本政府関係者は協議を振り返り、「ここで認めて謝ってくれれば穏便におさめるつもりだったのに誠意が確認できなかった」と話しているという。

 また、韓国が反論動画を公開した当日、自衛隊の統合幕僚副長がアメリカ側に仲裁を頼もうとしたという。岩屋毅防衛大臣は8日、「日米韓の防衛当局間の連携は非常に重要」とし、「日米間は常に緊密に相互に提供し合っている。もちろん今般の事案も韓国と協議中とは伝えている」と述べた。日本政府関係者は「アメリカは日韓双方が同盟国ということもあり、明確な評価は避けた。関与したくないのだろう。ただ、内心は分かっていると思う」と話している。

 岩屋大臣が、韓国と日本の実務者協議において「極秘扱いで自衛隊機が傍受した韓国艦艇のレーダー波記録を韓国側記録と交換する考え」を示唆していることについて、12日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏は「韓国と直接情報交換ができるGSOMIAという枠組みを作っているので、お互いに秘密指定をすれば渡すことができる。それで交換しましょうというのがこちらの提案だと思う」と推測。

 自民党の山本ともひろ国防部会長は「平成25年にも中国海軍の艦艇から火器管制レーダーを向けられたことがあるが、その時もデータを我が方で解析し、証拠を持っているという話をしたら、あの中国がデータを出せとも言わずに認めた。横須賀にある海上自衛隊の電子情報支援隊で解析できていて、我々は証拠を持っている。友好国なので普通はそこでお手上げになるはずだが、なぜか韓国は否定をし続ける」とコメントした。

 元駐日韓国大使館公使の洪?氏氏は「文在寅政権の韓国と、その前の韓国は違う。軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない。それで全ての混乱が生じている。現場で何かがあったら、艦長が自衛隊に"これはまずかった。単純なミスだ"と連絡すれば終わること。そういうことをこんなに問題にしたのは結局、文在寅政権だ。とんでもない勢力に国の中枢部が乗っ取られている。最近の話だが、国防の専門記者がテレビでこんなことを言った。"韓国の国防部が、主な敵を北から日本に変えようと、そういう教育をさせようとしている"と。その専門家はテレビ出演を禁止された」と指摘していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

ソース
AbemaTIMES 2019.01.15 12:47
https://abematimes.com/posts/5564094?categoryIds=70273


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1547583239

【韓国国防】 安保協力順も中国が日本より先だ

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/01/15(火) 23:36:51.62 ID:CAP_USER.net
韓国国防部(省に相当)が15日に公表した2018年版の国防白書は、いわゆる「強制徴用賠償問題」や
「レーダー照射問題」で悪化した韓日関係がそのまま反映されたと評されている。

今回の国防白書は「第3節 国防交流協力」の中の「韓日の国防交流協力」の部分で「韓日両国は地理的、文化的に近い隣国であり、
世界平和と繁栄のために共に協力していくべきパートナー」と規定している。

一方、2016年の国防白書では、韓日関係について「韓日両国は自由民主主義と市場経済の基本価値を共有しており、
北東アジア地域はもちろん世界の平和と繁栄のために協力していくべき隣国」と表記していた。

これまでの国防白書にずっと記載されていた「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有」の表現がなくなったわけだ。

米国以外の周辺諸国との軍事交流協力について記述する際の順序も、これまでは韓日、韓中、韓ロの順だったが、
今回は韓中、韓日、韓ロの順に変更された。

日本と「北朝鮮の核とミサイルの脅威」に対して協力するという内容も今回の国防白書では削除された。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580186.html

【防衛大綱】安倍首相には東南アジアより低い韓国…安保協力5番目に 事実上、安保協力が不可能に追い込もうという意図 [12/31]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1546242891/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1547563011

【韓国メディア】「竹島は紛争地域だ。韓国の領有権主張は間違っている」 在日米軍、公開動画で言及

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/01/15(火) 20:56:38.74 ID:1jl8OSgF9.net
◆ 「リアンクール岩礁は紛争地域」…在日米軍、公開動画で独島にも言及

在日米軍司令部(USFJ)は、昨年末に公開した動画で独島(ドクト、日本名・竹島)を紛争地域だと明らかにするなど日本側の主張を紹介した。

この動画の中で、「この地域は数十年、数百年にわたる領土紛争で特徴づけられる(the region is characterized by territorial dispute)」と説明した。

あわせて領土紛争地域の地図にリアンクール暗礁(Liancourt Rocks、独島の西洋式名称)、クリル列島(千島列島)、南シナ海、尖閣諸島(中国名・釣魚島)を表示した。

紛争地域としての独島への言及は、日本政府の立場が一方的に反映されたとの指摘だ。

日本は独島問題を領土問題として争点化しているが、韓国政府はこれを認めていない。

独島が歴史的・国際法的に大韓民国の領土であるという基調で、韓日間に独島に関連した領土・領有権問題は全く存在しないというのが韓国政府の立場だ。

そのため、海上哨戒機射撃統制レーダー照射論争や歴史問題などで韓日間で対立が激化する状況で、米国が日本の立場に傾いているのではないかとの懸念もある。

これに関連して、韓国政府当局者は「韓米間の同盟に異常はない」と強調した。

中央日報日本語版 2019/1/15(火) 7:32
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000005-cnippou-kr


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547553398

【軍事】 韓国が日本に警告 「今後は低空威嚇飛行を座視しない」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/01/15(火) 23:42:45.65 ID:CAP_USER.net
「今後は低空威嚇飛行を座視しない」警告


日本がシンガポールで開かれた「日本哨戒機低空威嚇飛行-韓国駆逐艦追跡レーダー照準」葛藤と関連した実務協議で、
哨戒機のレーダー受信周波数を公開せず、逆に韓国の駆逐艦のレーダー情報全体を要求したと国防部が15日明らかにした。

チェ・ヒョンス国防部報道官はこの日の定例ブリーフィングで「日本は今回の事案のスモーキングガン(確実な証拠)と言えるレーダーの周波数を公開しなかった」として
「日本は一部のデータだけを話し、韓国の軍艦のレーダー情報全体を要求した」と話した。

チェ報道官は「こうした要求はきわめて無礼な要求で、事案解決の意志がない無理な主張と判断している」と指摘した。

チェ報道官は午後には記者室を訪問し「シンガポール実務協議で私たちの側は日本の哨戒機の低空威嚇飛行に対し強く抗議した」として
「日本が今後低空威嚇飛行をすれば、私たちも座視しない。私たちも低空威嚇飛行をしうると話した」と話した。

これに対し日本側は、哨戒機の飛行に対する韓国の対応態勢が強化されれば、自分たちの活動が萎縮しかねないことを憂慮する反応を見せたと伝えられた。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32569.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1547563365

【韓国国防記者】「韓国の国防部が、"主な敵"を北朝鮮から日本に変えようとしている」

1 名前:豆次郎 ★:2019/01/15(火) 21:43:24.66 ID:LEUWd9yb9.net
レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」
2019.01.15 12:47

 韓国海軍艦艇による自衛隊機へのレーダー照射問題をめぐって、日本側が映像を公開する前日の12月27日に水面下で行われた日韓の防衛当局間による協議の席上、日本側が"動かぬ証拠"を提示していたことが取材で明らかになった。それは自衛隊機が記録していた韓国レーダーの「周波数特性」だという。

 軍艦の火器管制レーダーは、全て別々の周波数を使用していることから、いわばレーダー版の"指紋"なのだという。「過去に収集した当該駆逐艦のデータと、今回のレーダーの周波数特性が合致している」というのが日本側の主張だが、韓国側は「我々は照射していない。その数字が証拠だと言うなら生のデータを出してほしい。韓国側で解析する」と反論。これに対し日本側が「データを出すなら相互主義だろう。お互いがデータを出し合い、照合して白黒つけよう」と提案すると、韓国側は「韓国の場合、レーダーの特性は機密だから渡せない」と応じたという。

 話し合いは平行線をたどり、日本側は翌日、レーダー照射の瞬間の動画を公開することになった。日本政府関係者は協議を振り返り、「ここで認めて謝ってくれれば穏便におさめるつもりだったのに誠意が確認できなかった」と話しているという。

 また、韓国が反論動画を公開した当日、自衛隊の統合幕僚副長がアメリカ側に仲裁を頼もうとしたという。岩屋毅防衛大臣は8日、「日米韓の防衛当局間の連携は非常に重要」とし、「日米間は常に緊密に相互に提供し合っている。もちろん今般の事案も韓国と協議中とは伝えている」と述べた。日本政府関係者は「アメリカは日韓双方が同盟国ということもあり、明確な評価は避けた。関与したくないのだろう。ただ、内心は分かっていると思う」と話している。


 岩屋大臣が、韓国と日本の実務者協議において「極秘扱いで自衛隊機が傍受した韓国艦艇のレーダー波記録を韓国側記録と交換する考え」を示唆していることについて、12日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏は「韓国と直接情報交換ができるGSOMIAという枠組みを作っているので、お互いに秘密指定をすれば渡すことができる。それで交換しましょうというのがこちらの提案だと思う」と推測。


 自民党の山本ともひろ国防部会長は「平成25年にも中国海軍の艦艇から火器管制レーダーを向けられたことがあるが、その時もデータを我が方で解析し、証拠を持っているという話をしたら、あの中国がデータを出せとも言わずに認めた。横須賀にある海上自衛隊の電子情報支援隊で解析できていて、我々は証拠を持っている。友好国なので普通はそこでお手上げになるはずだが、なぜか韓国は否定をし続ける」とコメントした。


 元駐日韓国大使館公使の洪熒氏氏は「文在寅政権の韓国と、その前の韓国は違う。軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない。それで全ての混乱が生じている。現場で何かがあったら、艦長が自衛隊に"これはまずかった。単純なミスだ"と連絡すれば終わること。そういうことをこんなに問題にしたのは結局、文在寅政権だ。とんでもない勢力に国の中枢部が乗っ取られている。最近の話だが、国防の専門記者がテレビでこんなことを言った。"韓国の国防部が、主な敵を北から日本に変えようと、そういう教育をさせようとしている"と。その専門家はテレビ出演を禁止された」と指摘していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

https://abematimes.com/posts/5564094


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547556204

【韓国】韓国公取委、トヨタに課徴金 約8000万円 

1 名前:ひろし ★:2019/01/15(火) 21:22:14.90 ID:CAP_USER.net
2019/1/15 18:24

【ソウル=山田健一】韓国公正取引委員会は15日、トヨタ自動車の韓国法人に不適切な広告表示があったとして、8億1700万ウォン(約7900万円)の課徴金支払いを命じる決定を下したと発表した。決定は9日付。支払額は今後、同社の収益などを勘案して変更する可能性があるとしている。

韓国公取委はトヨタの小型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」の2015~16年モデルについて、安全性を高める特定の部品が「米国販売モデルには搭載され、韓国販売モデルにはなかった」と指摘。その上で、RAV4が米国の団体から最高安全車両に選定されたと韓国のカタログで宣伝したことは「消費者の合理的な選択を妨害し、表示広告法に抵触する」とした。

韓国法人はカタログに「内容と実際の車は違いがある場合があります」と注釈をつけていたが、公取委は「文字が小さく消費者が意味を認識しづらい」と判断した。決定についてトヨタは「仕様の違いを故意に隠蔽したことはない。議決書が届き次第、韓国法人が対応を検討する」とコメントした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40025120V10C19A1FF2000/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1547554934
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ