【元徴用工問題】「G20までに対策を」、河野外相が韓国に要求 会談は批判の応酬

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/05/24(金) 17:34:35.59 ID:CAP_USER.net
フランス訪問中の河野太郎外相は23日夕(日本時間24日未明)、韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決に関し、6月28~29日に大阪市で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに韓国政府が具体策を示すべきだとの考えを示した。パリでの韓国の康京和(カンギョンファ)外相との会談後に記者団に述べた。河野氏は会談で、日韓請求権協定に基づく「仲裁委員会」に応じるよう要請したが、韓国側は明確な返答を避け、議論は平行線をたどった。

 河野氏は記者団に対して、元徴用工問題について「(韓国の)文在寅(ムンジェイン)大統領が出席するG20までに解決されているのが日韓関係にとって望ましい」と指摘した。韓国側はG20に合わせた日韓首脳会談の開催を要請している。これについて河野氏は「安倍晋三首相はG20の議長を務めるため、2国間会談の時間は極めて制約されている」と述べ、元徴用工訴訟を巡る問題に進展がなければ難しいとの認識を示した。

 約1時間20分に及んだ外相会談は、批判の応酬となった。韓国外務省報道官が「日本企業が判決を履行するのに何の問題もない」と発言したことを、河野氏が問題視。会談冒頭で「事の重大性を理解していない」と非難した。韓国政府に賠償の肩代わりなど具体策を示すよう要求し、政府による対応が難しい場合は仲裁委に早期に応じるよう促した。

 一方、康氏は「外交当局が賢明に解決しなければならないが、日本側も被害者たちの苦痛と傷を癒やすために共に努力する必要がある」と述べ、日本側に賠償への協力を求める姿勢を示した。河野氏は「個人の感情を優先するのではなく、国と国が国際法違反の状況を速やかに是正する必要がある」と反論した。

 また、河野氏は「文大統領が責任を持って対応策を考えなければ解決に結びつかない」とトップを批判。康氏は「日本側は言動を慎重にするのが重要だ」と応じた。

 河野氏は、韓国による日本産水産物禁輸の早期撤廃も求めた。世界貿易機関(WTO)上級委員会が今年4月に禁輸を事実上容認する判断を示しているが、河野氏は「韓国の安全基準を十分クリアしているとの1審の事実認定は上級委でも変わらなかった」と主張した。しかし、康氏は「WTOの判断を尊重する必要があり、国民の健康と安全が最優先だ」と規制撤廃に消極的な姿勢を示した。

 両外相は、北朝鮮問題での連携や日韓の文化・人的交流の重要性では一致した。【賀有勇(パリ)、秋山信一】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000025-mai-pol
5/24(金) 11:24配信


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558686875

【日韓外相会談】「凍り付いた雰囲気」と韓国紙

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/05/24(金) 22:08:09.89 ID:CAP_USER.net
【ソウル=名村隆寛】日韓外相会談では、いわゆる徴用工訴訟問題をめぐる対立が鮮明となった。韓国メディアは24日、河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)外相による会談の場が「終始、重く凍りついた雰囲気」(朝鮮日報)だったと報じた。

 康氏は会談で、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の開催を受け入れず、歩み寄りを見せなかったにも関わらず「韓日関係全般に否定的影響を及ぼさぬよう、両国外交当局が賢明に解決していく必要がある」と述べた。「慎重な言動の重要性」も日本に求めた。

 「慎重な言動」とは、河野氏が21日、最高裁判決について「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が責任を持って対応してほしい」と発言したことへの批判だ。河野発言の背景には徴用工問題への対応を文氏から任された李洛淵(イ・ナギョン)首相が「限界がある」とサジを投げたことがある。首相が義務を放棄した以上、大統領が日本との約束事を守り対処するほかない。

 会談に先立ち、韓国外務省報道官は「韓国外務省としては日本企業が最高裁判決を履行する場合、何の問題もないとみる」と述べた。日韓間の財産・請求権問題の完全かつ最終的な解決を定めた日韓請求権協定を、韓国外交当局が、日本企業に賠償を促すかたちで完全に無視している。会談冒頭、河野氏が「事の重大性を理解していない大変な発言だ」と批判したのは当然のことだ。

 しかし、韓国では各メディアが河野氏の発言を「外交的欠礼」と批判している。康氏の日本への「慎重な言動」の要求も同一線上にあり、韓国側による請求権協定への違反や日韓関係の法的基盤を一方的に毀損(きそん)しているとの自覚はないようだ。康氏は外相会談で責任を日本側に押しつけ、今回も責任を日本側に押しつける形となった。

https://www.sankei.com/world/news/190524/wor1905240034-n1.html
産経新聞 2019.5.24 19:41


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558703289

【我がまま韓国文大統領】「G20大阪サミット」出席辞退を祈願する声が増える

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/05/24(金) 22:14:06.80 ID:CAP_USER.net
2019年5月24日、外国為替市場への強力な介入で1ドル1200ウォン突入の防止に必死な韓国。少ない外貨準備高からドルを売りウォンを買い支えている。大儲けしたFXトレーダーは、韓国政府の分かりやすい介入に感謝しているそうだ。

 いわゆる徴用工問題は、国際法違反だと本音では文韓国大統領の側近も理解しているが、大統領への忖度から道理に合わない詭弁で乗り切ろうと必死だ。韓国の外務大臣のストレスは、日本の外務大臣より100倍以上厳しい。世界中から呆れられ、韓国内でも真面な人には評価されず、文大統領と一緒に投獄される恐れもあるからだ。

 専門家は「記念写真撮影予定の大阪城が気に入らないとか、いわゆる徴用工問題は、国際法違反なのに認めずデタラメな言い訳で、正直、G20大阪サミットを辞退してくれればとの声も日に日に増えています。韓国は国際金融は素人同然で、効果的な市場介入は出来ず、元々少ない米ドルがどんどん消えています。ウォン安の流れは変えることは出来ないでしょう。文大統領が国益を少しでも考えるなら、安倍総理に素直に非礼を詫び、許しを請う事から始めなければなりません。韓国大統領のポストは、日本の総理大臣と言葉を交わすことが出来るだけでも感謝しなくてはならないレベルです。真面な国家ではない、ハリボテですから。韓国は日本が親切丁寧に、相手のメンツを潰さないように言葉を選んで優しく対応しても付け上がるだけです。多くの韓国国民が海外に逃げ出したいと考えている事からも、ガタガタなんです。出生率もドンドン下がり、韓国には暗黒な未来しかないのです。だから自暴自棄なんですね」と説明する。

【編集:WY】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5701&&country=1&&p=2
グローバルニュースアジア 2019年5月24日 19時30分


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558703646

【日韓】日本就職のための博覧会 韓国・釜山であすから

1 名前:たんぽぽ ★:2019/05/24(金) 21:36:13.85 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000022-yonh-kr
5/24(金) 12:45配信 聯合ニュース

日本就職のための博覧会 韓国・釜山であすから

【釜山聯合ニュース】韓国南部・釜山の釜山市庁で25、26両日、日本企業への就職を目指す若者を対象にした就職博覧会が開催される。釜山市の主催で、日本企業37社が参加する。

 参加企業は面接などを実施し、IT(情報技術)23分野、事務職11分野、サービス職11分野、専門職10分野で計200人を採用する予定だ。履歴書の作成方法や日本就職の現状などに関する講義も行われる。

 韓国では若者の就職難が経済の課題となっている。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558701373

【日韓】河野外相発言で浮き彫りに…価値観が根本的に違う日韓は歩み寄れるのか? 法よりも 感情を優先する韓国

1 名前:ろこもこ ★:2019/05/24(金) 21:00:40.96 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010003-fnnprimev-int

「事の重大性を理解していない大変な発言である。こうしたことが日韓関係を非常に難しくしているという事を認識、共有してもらいたい」

【画像】カメラの前で厳しい表情で韓国側を批判する河野外務相

厳しい表情で韓国側にこう語った河野太郎外相。5月23日にパリで開かれた日韓外相会談の冒頭、いわゆる徴用工を巡る問題について、報道カメラの前であえて韓国側を強く批判した異例の発言だった。

河野外相が批判したのは、同じ日に韓国外務省のスポークスマンが定例会見で「日本企業が韓国最高裁の判決を履行すれば何の問題もないと考える」と発言したためだ。スポークスマン発言を補足説明すると、徴用工訴訟が大きな問題になっている責任を日本側に転嫁するとともに、賠償を支払うよう日本企業に求めたものと解釈出来る。

このスポークスマン発言には伏線がある。
5月21日に日本政府が韓国政府に第三者を交えた仲裁手続きに入ると通告したのを受け、河野大臣が「文在寅大統領に責任をもって対応して頂きたい」と発言したのだが、韓国側はなぜか「外交非礼」だと言い出したのだ。徴用工問題の対策を取りまとめていた韓国ナンバー2の李洛淵(イ・ナギョン)首相が「対応に限界がある」と発言したために日本政府は仲介手続きに入ったのだが、ナンバー2がダメだと言ったなら大統領に対応を求めるしかない。河野大臣の発言は当然のものだが、なぜか韓国メディアは「非礼」だと言い出した。大臣と大統領とでは格が違うというのがその理由のようだ。李洛淵首相は以前「日本の指導者が反韓感情を利用している」と発言したが、安倍首相を含む日本の指導者全体を批判したこの発言は外交非礼だとの議論は韓国では起きなかった。随分都合がいいものだ。

話が逸れたが、そのような状況で韓国外務省の定例会見が行われた。その際、スポークスマンは記者の質問に答えるのではなく、質疑応答の途中で唐突に、「日本外務大臣が記者会見で特定発言をしました」 と言い出し、問題の発言をしたのだ。つまり、記者の質問に煽られたのではなく、意図的に発言している。

こうした経緯と、その発言の重大さから、河野大臣は日韓外相会談の冒頭撮影の時に、カメラの前で韓国を批判したとみられる。

法よりも 感情を優先する韓国

韓国外務省が日韓外相会談後に発表した文書には、こんな文言があった。
「徴用工問題が韓日関係全般に否定的な影響を及ぼさないよう、両外交当局が賢く解決していく必要があるだけに、日本側としても被害者たちの苦痛と傷の治癒のために共に努力する必要がある」

徴用工訴訟の最高裁判決によって、1965年から続く日韓関係の根幹を韓国側が一方的に傷付けておきながら、日本側に努力を求めてきたのだ。会談後取材に応じた河野大臣は、韓国政府が日本側に努力を求めた事についてこう語った。
「この問題は国際法に関する問題でありますから、二国間の国交を考えるならば、この国際法違反の状況が是正されなければならないという事であります。個人の感情を優先するのではなくて、やはり国と国との国交の基礎となっている国際法違反という状況を速やかに是正される必要があると思います」

河野大臣は、外相会談でも同様の発言をし、韓国側に再考を促したという。この河野大臣の発言には「なぜこんなに日韓関係が揉めているの?」という疑問の答えが端的に示されている。それは、法やルール、約束を重視する日本と、法よりも感情を優先させる韓国との根本的な価値観の違いだ。

国際社会で法やルールを無視し、感情を優先させれば紛争が起きるのは当然だ。感情は日々変わるし、どうすれば感情が良くなるのか、悪くなるのか明確では無いので、いつ約束をひっくり返されるのか分からない。感情を優先する国とは将来を見通す約束を結ぶことは出来ない。法律や条約、ルール、約束を守るという価値観さえ共通していれば、対立する歴史や異なる文化を持つ国同士でも、将来を見通す約束を交わし、双方にとって利益のある関係を目指す事が出来る。

韓国政府は、国家間の約束である慰安婦問題に関する日韓合意を、元慰安婦や国民の感情を理由に一方的に反故にした。徴用工に関する問題も、「被害者の苦痛や癒し」など感情的な文言を出すだけで、具体的な解決策は一切出していない。残念ながら、感情よりも法やルール、約束を守るという価値観が共有出来ていないと言わざるを得ない。

以下ソース


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558699240

【最強精鋭・韓国無敵艦隊】韓国海軍清海部隊の入港行事で事故…軍人1人死亡・4人負傷

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/05/24(金) 17:04:31.50 ID:CAP_USER.net
ソマリア・アデン湾で6カ月間任務を完了させて帰ってきた海軍清海(チョンへ)部隊の駆逐艦「崔瑩(チェ・ヨン」の入港歓迎行事で事故が発生して海軍兵長1人が亡くなり4人が負傷した。 

  24日午前10時15分ごろ、慶尚南道昌原市鎮海区(キョンサンナムド・チャンウォンシ・チンヘグ)の鎮海海軍基地司令部内の埠頭に停泊していた崔瑩の船首側の甲板で、係留索(船等が停泊したときに埠頭とつなぐロープの一種)が「バン」という音とともに破断して軍人5人が倒れた。負傷者はこの日午前10時30分、行事場所周辺に待機していた救急車で軍病院と民間病院に運ばれた。兵長1人は顔を重症を負って近くの病院に運ばれて治療を受けたが、亡くなったと海軍が確認した。残りの4人は腕などを負傷して治療を受けている。 

  海軍は艦艇を停泊させるために埠頭と船を連結する係留索が大きな音と共に破断し、周囲にいた兵士たちがこのロープの直撃を受けて負傷したとみている。海軍関係者は「係留索の補強作業をしている間、極度な力で引っ張られた係留索が突然大きな音とともに勢いよく破断して兵士たちを直撃したものと推定される」とし「軍捜査機関が正確な経緯を確認している」と話した。 

  事故に遭った軍人は全員清海部隊の所属で、アデン湾作戦遂行を無事に終えて復帰の途中で被害に遭った。事故当時、埠頭には駆逐艦「崔瑩」将兵の家族、知人ら数百人が参加する中で、清海部隊入港歓迎行事が開かれていた。一部の行事出席者は、患者の搬送など軍の対応が遅れたとして不満を爆発させた。 

  清海部隊第28陣の崔瑩(4400トン)はアデン湾海域で6カ月間の船舶護送と海賊退治任務などを遂行した後、この日帰航した。清海部隊は史上初の海外派遣戦闘艦部隊で、2009年3月に初めて出港した。第1陣の「文武大王」出港をはじめ、今回事故のあった第28陣「崔瑩」まで、ソマリア海域で任務を遂行してきた。 

  一方、2017年2月にも補給艦「華川(ファチョン)」が鎮海軍港で入港している間に係留索が破断して副士官1人と水兵2人が負傷する事故があった。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253727&servcode=400&sectcode=430
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年05月24日 14時19分


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558685071

【日韓外相】元徴用工判決めぐり「激しい神経戦」=韓国ネットの反応は「日本はまず謝罪を」「日本はうんざり?」

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/05/24(金) 17:53:42.80 ID:CAP_USER.net
2019年5月24日、韓国・JTBCは、日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決をめぐり、日韓外相が「激しい神経戦を繰り広げた」と伝えた。

フランス・パリで23日(現地時間)、河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)外相による日韓外相会談が開催された。記事によると、会談で康外相は「慎重な言動の重要性」と「日韓間の意思疎通の重要性」を強調した。康外相は「両国が協力すべき事項は多く、機会があるごとに緊密に意思疎通をすることが重要だ」と述べたという。

これに対し河野外相は「日韓関係が未来志向的な新たな関係になることを期待する」としつつも、韓国外交部が前日に「日本企業による韓国最高裁判決の履行には何の問題もない」との立場を示したことを批判した。河野外相は「(韓国外交部の発表は)事の重大性を理解していない大変な発言」とし、「こうした発言が両国関係を非常に難しくするとの認識を共有してほしい」との考えを示したという。

記事は河野外相について「会談前に取材陣の前で公開冒頭発言をする際も終始、固い表情を崩さなかった」と伝えている。さらに同日の会談では、「韓国政府による日本産水産物の輸入禁止は妥当」とした世界貿易機関(WTO)の判定をめぐっても舌戦が繰り広げられたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「日本は日韓友好のため、被害者である韓国の立場を謙虚に受け入れるべき」「日本はまず韓国人被害者に謝罪しよう。賠償問題への不満について議論するのはその後でも遅くない」「日本は韓国政府ではなくWTOに抗議するべき」など、日本の態度を問題視する声が多く寄せられている。

また「歴史問題においては世界中が韓国の味方。絶対に引き下がってはならない」と訴える声や、「たしかに外交の基本は会話だけど、あえて距離を置くというのも1つの方法では?」と提案する声も。

一方、一部からは「いくら謝罪、賠償してもまた要求される。日本はうんざりしているだろうね」「被害者たちの悔しい気持ちも分かるけど、政権が代わるたびに国同士の約束を破るのは深刻な問題」などと理解を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=714296&ph=0&d=d0058
Record China 2019/05/24 12:31


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558688022

【韓国】 外交部第一次官に“日本通”を起用  韓国ネッ ト「もう少ししたら通貨スワップの話題が出るだろうな」 

1 名前:荒波φ ★:2019/05/24(金) 17:44:34.66 ID:CAP_USER.net
2019年5月23日、韓国・KBSは、韓国外交部の第1次官に「日本通」の趙世暎(チョ・セヨン)国立外交院長が任命されたとし、「日韓関係の解決が期待される」と伝えた。

記事によると、趙院長は金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)元大統領の日本語通訳を担当した他、東北アジア局長など日本関連の主要業務を歴任。駐日韓国大使館で3回勤務した経験もある。

趙院長は李明博(イ・ミョンバク)政権で東北アジア局長を務めていた2012年、日韓情報保護協定締結をめぐる問題で責任を問われて東北アジア局長を辞任し、その翌年に外交部を退職した。文在寅(ムン・ジェイン)政権では、日韓慰安婦合意を検討する作業部会(TF)の副院長を務めたという。

記事は「外交部きっての日本通と言われる趙氏の起用は、日本企業に賠償を命じた昨年の韓国最高裁の徴用工判決などにより硬直している日韓関係を考慮したものとみられる」と分析している。

これに韓国のネットユーザーからは

「たしかに、日韓関係は何かしらの突破口を模索しなければならない時期に達した」
「韓国は現在、日米韓同盟の仲間外れになっている。反日感情を押し出すのではなく、自国の利益を優先する賢い外交をしてほしい」

など期待の声が上がっている。 一方で

「次官を代えてもね…。大統領を代えなければ日韓関係はどうせ変わらない」と指摘する声や、
「ウォン急落で日本との通貨スワップが必要になったのかな?」
「もう少ししたら通貨スワップの話題が出るだろうな。また日本にお願いする形になるのか…」

と懸念する声も見られた。


2019年5月24日(金) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b714337-s0-c10-d0058.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1558687474
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ