【韓国】「情が韓国の魅力」外国人による韓国語スピーチ大会開催

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/15(火) 19:09:32.18 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】外国人が韓国語能力を競う「第21回世界外国人韓国語スピーチ大会」が15日午後、韓国・慶熙大ソウルキャンパスで開催された。

 聯合ニュースと慶熙大国際教育院が共催した同大会には、55カ国・地域の1195人による予選を通過した12カ国・地域の16人が出場し、それぞれのスピーチを披露した。

 今大会のテーマは「世界の中の韓国の立ち位置」と「韓国の隠れた魅力」だ。舞台に立った参加者は、それぞれ異なる視点で韓国の魅力や、韓国に対する率直なアドバイスを語り、言語によるコミュニケーションの喜びを分かち合った。

 多くの参加者は韓国の最大の魅力として、同質感と所属感を与えてくれる「情」を選び、韓国には「私」よりも「私たち」を優先する温かい文化があると称賛した。

 大賞の文化体育観光部長官賞には「私に情緒的な安定感を与える位階秩序」というテーマで発表したフランス人女性が選ばれた。

 審査委員長を務めた慶煕韓国語文化研究センターの金重燮(キム・チュンソプ)センター長は「韓国人と錯覚するほど表現力が優れ、自然に発表したため優劣をつけるのが難しかった。忘れていた私たちの姿を気づかせてくれて審査委員も感動した」とコメントした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000075-yonh-kr
聯合ニュース


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526378972

【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/15(火) 14:48:56.67 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000001-cnippou-kr
中央日報日本語版

日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526363336

【韓国】韓国外交部 日本公使呼び抗議=独島の領有権主張

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/15(火) 14:44:19.62 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日、日本政府が2018年版外交青書で独島について、「竹島は日本固有の領土」と明記したことを受け、「わが固有の領土である独島に対する不当な領有権主張を繰り返したことに強く抗議し、直ちに撤回することを強く求める」とする報道官論評を出した。

 論評は「日本政府は独島に対する不当で根拠のない主張を繰り返すことが未来志向の韓日関係の構築に役立たないことを自覚しなければならない」と主張。「独島に対する日本政府のつまらない主張は、歴史的・地理的・国際法的に明白に韓国固有の領土である独島に対するわれわれの主権にいかなる影響も与えないことを重ねて明確に示し、独島に対する日本側のいかなる挑発にも断固として対応していく」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/05/15/0400000000AJP20180515002000882.HTML


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526363059

【韓国】老母のために花を盗んだ70代に対して警察は・・・(高陽)

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/15(火) 11:41:45.76 ID:CAP_USER.net
一緒に住んでいる母親のために、店頭の花壇に植えられていた花を盗んだ70代が警察に捕まった。

警察は貧困な家庭のこれらの親子に対し、去る父母の日にカーネーションと生活必需品を伝達した。

15日、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)東部警察署によれば、A容疑者(70歳)は先月14日の午前5時45分頃、高陽市(コヤンシ)一山東区(イルサンドング)白石洞(ペクソクドン)のある美容室店頭の花壇に植えられていたチューリップ3輪を盗むなど、同月25日までに3回にわたりバラとチューリップなどを盗んだ疑い。

被害の申告を受けた警察は監視カメラの映像でA容疑者の容姿を確認、明け方に張り込み捜査でA容疑者を捕まえた。

警察の調査の結果、母親(90歳)と妻と一緒に住んでいたA容疑者は、母親が花が好きなのに基礎生活(生活保護)受給者のため花を買う余裕がなく、このような犯行を起こした事が分かった。

また、A容疑者は白内障を病んでいたが金銭がなくて薬を服用する事ができず、妻も体が不自由な状況だった。

警察はA容疑者を窃盗の容疑で書類送検したが、去る8日の父母の日にA容疑者が勇気を失わずに母親にプレゼントできるよう、カーネーションのバスケットと米、ラーメンなどを伝達した。

警察の関係者は、「A容疑者は仕事もなく苦労して生きていて、勇気を失わないように小さな真心を伝達した」とし、「犯行が常習的なので立件はされたが、検察に事件が送致されれば善処される可能性は大きい」と話した。

ソース:NAVER/高陽=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003371713


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526352105

【韓国】『肛門に金塊を入れて運搬』・・・40代の女に対し、執行猶予・追徴金7億ウォン

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/15(火) 10:39:19.74 ID:CAP_USER.net
(写真)
http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/15/0003371386_001_20180515090026165.jpg

▲ 210㌘の丸い金塊(資料写真)

小型の金塊を肛門に隠して運搬して利益を得ていた40代の女に対し、懲役刑が科せられた。

仁川(インチョン)地方法院(地方裁判所)刑事5単独(判事=チャン・ソンウク)は15日、関税法違反の容疑で起訴された金(キム)某被告(46歳・女)に対し、懲役8月、執行猶予2年を宣告して、追徴金7億9000数万ウォンを宣告したと明らかにした。

金被告は2015年11月28日~2016年3月30日、中国から仁川空港に入国して、200㌘の丸い小型の金塊を1㌔ずつ肛門に入れて密輸入した容疑などで起訴された。

金被告はこの期間、同じ手口で計14回にわたり小型の金塊70個(時価=6億4000数万ウォン相当)を密輸入した。

また2016年3月23日~2016年4月26日、仁川空港から日本に出国して同じ手口で計3回にわたり小型の金塊15個(時価=1億5000数万ウォン相当)を密輸出した。

調査の結果、金被告は知り合いの夫婦から対価を受けて金塊を運んだ事が分かった。金塊を肛門に入れると金属探知機に掛からない点を狙って犯行を犯した。

金被告は5ヶ月余りの間、計17回にわたり7億ウォン相当の金塊を密輸入したり密輸出して、運搬費として455万ウォン相当の利益を得た事が分かった。

裁判部は、「金被告が運搬費以外に犯罪収益を分配された事実がなく、単なる運び屋として加担しただけで、犯行過程で主導的な役割をしたとは見えない」とし、「以前に刑事処罰を受けた前科はなく、経済的理由で犯行を行った点などを考慮して刑を定めた」と判示した。

ソース:NAVER/仁川=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003371386


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526348359

【伝染病】北米・北欧・韓国で「狂鹿病(CWD)」の猛威! 日本上陸なら感染拡大は必至

1 名前:ごまカンパチ ★:2018/05/14(月) 22:41:11.53 ID:CAP_USER9.net
http://healthpress.jp/2018/05/post-3623.html
 1986年にイギリスで最初に発生し、一般的には「狂牛病」と呼ばれた「牛海綿状脳症(BSE)」のことを覚えている人は多いだろう。
後にはヒトにも感染し、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を引き起こすことが判明。
2001年には日本国内でも見つかり、人々を戦慄させた。

 これは「伝達性海綿状脳症(TSE)」、別名「プリオン病」と呼ばれる致死性の伝染病だ。
異常プリオン(感染性タンパク質)が体内に入ると、脳がスポンジ状に変わり、行動異常や運動失調などの神経症状を起こして、遂には死に至る。
そのプリオン病が、今度は世界のシカの間でじわじわと広がりつつある。

■「フィンランドのシカ由来」を緊急調査 
 厚生労働省は4月13日、フィンランドの野生ヘラジカにおいて、シカ科動物のTSEである「慢性消耗性疾患(CWD)」の発生が伝えられたと発表した。
 そこで各都道府県知事に対し、フィンランド産のシカ科由来動物原料を使用しているかどうか、製造販売業者に自主点検を指導する旨を通知。
対象となるのは、医薬品、医療機器、医薬部外品、化粧品、再生医療等だ。
 もしそうした製品を扱っていることがわかった場合は、速やかに厚労省に連絡した上で、今後の製造販売を当面見合わせるよう通達した。
また、農林水産省もCWDの侵入防止に万全を期すため、フィンランドからのシカ科動物およびシカ科動物由来の畜産物の輸入を停止した。
なお、過去には同国からの輸入はなかったという。

 シカ科由来の動物原料とは、どんなものに使われるのだろうか?
たとえば、バイオ医薬品を製造する時は、ウシ、ヒツジ、ヤギ、水牛、シカ、カモシカなどの反芻動物の細胞や組織の抽出物を原材料として使うことがある。
 また、シカから取れる麝香(じゃこう:ジャコウジカの雄の袋状腺嚢の分泌物)、鹿茸(ろくじょう:シカの幼角)、鹿鞭(ろくべん:シカの陰茎~睾丸)などには
薬効が認められ、生薬として利用されている。
さらに化粧品では、シカ脂の保湿性を活かしたボディケア、ヘアケア用品などがある。
 一方、今回の通達には含まれない健康食品では、シカの血や骨、腱、胎盤抽出物のプラセンタなどを配合したサプリメントもある。
主にニュージーランドで盛んに生産され、美容や健康を志向する人たちの間で人気だ。

■1967年に北米で初めて報告される 
 シカ慢性消耗性疾患(CWD)はこれまで、米国、カナダ、韓国、ノルウェー、フィンランドで発生が確認されており、日本における発生例はまだない。
 1967年、米国コロラド州で、ミュールジカの原因不明の疾患として初めて報告され、1978年にプリオン病であることが明らかになった。
カナダでは1996年、米国から輸入された個体から侵入したと考えられており、現在までにアメリカの24州とカナダの6州で発生が確認されている。

 北米のCWD発生地域では養鹿場で感染シカが見つかり次第、殺処分や隔離が行われてきたが、野生個体群での汚染地域は拡大傾向にある。
韓国では2001年、カナダから輸入されたアメリカアカシカで報告され、以降、6州で86例の発生が確認されている。
2016年にはノルウェーの野生のトナカイで報告され、4地域で22例の発生を確認。政府はCWDを根絶するための措置として、
昨年から野生のトナカイ約2000頭の群れの殺処分を開始した。
そして今回のフィンランドでは、ヘラジカに1例が確認されている。

■ヒトに伝染する可能性もゼロではない 
 ウシのBSEが「異常型プリオン入りの飼料」を食べることで感染が広がったのに対し、シカのCWDは血液、唾液、尿、糞からも感染性が確認されている。
つまり、シカからシカへの「水平感染」による感染経路が、自然界で成立していると推測される。
また、原因となるCWDプリオンは、BSEと同じように、脳や脊髄、眼球などに多く蓄積するが、心筋や骨格筋にも蓄積するという報告がある。

※続く

3 名前:ごまカンパチ ★:2018/05/14(月) 22:42:11.19 ID:CAP_USER9.net
(>>1の続き)

ちなみに今のところ、CWDがヒトに感染することを示す証拠は見つかっていない。
しかし最近の研究では、遺伝的に最もヒトに近い「マカク属」のサルに感染したアメリカアカシカの肉を与えたところ、CWDへの感染が認められている。
また、北欧で見つかったヘラジカの病原体については、トナカイや北米のシカで確認されたものとは型が違うことがわかっている。
従って、人獣共通感染症の可能性については、従来のCWDの研究結果とはまた異なるかもしれない。
こうしたことから、可能性は低いものの「BSEのプリオンが人間に感染するように変化したように、CWDプリオンでも同じことが起こらないとは言えない」
と専門家らは警鐘を鳴らす。

■自然界で伝染し、制圧は不可能 
 日本では現在、CWD発生国からのシカ科動物とシカ科動物由来畜産物の輸入を停止。さらに発生国原産のシカ科由来原料を、
医療品、医療用具等に用いることも禁止している。
もともと日本では、医薬品や医療機器に使われる動物由来原料のトレーサビリティは、かなり厳重にチェックされてきた。
だからその部分では、怖がりすぎる必要はないかもしれない。

 しかし、これらの国から来たシカ類の飼育経験がある施設があることを考えると、国内でCWDが発生する可能性はゼロではない。
万が一発生すれば、野生のシカからシカへの平行感染が起きるため、制圧はほぼ不可能になる。
プリオンは通常の消毒や滅菌が効かず、確実に汚染処理するには完全焼却以外にない。

 日本では多くの観光地でシカたちが愛されてきた一方で、農産物の食害が問題になり、駆除と有効利用法が各方面から検討されだした。
また、最近はジビエブームが起き、シカ肉を口にする人も増えてきた。
それを思えば、人獣共通感染症としてのCWDの拡大は、決して遠い世界の話ではなくなる。
政府には万一に備えた体制を整えてもらう一方で、狩猟に携わる人や私たち消費者も、この問題を注視していくべきだろう。


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526305271

【安倍首相】韓国の経済人に韓国語であいさつ

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/14(月) 21:32:08.53 ID:CAP_USER.net
【東京聯合ニュース】日本の安倍晋三首相が14日、韓国経済人の表敬訪問を受けた際に韓国語であいさつした。

 韓国の経済人は韓日・日韓経済人会議に出席するため訪日した。安倍首相は韓国語で「アンニョンハシムニカ(こんにちは)」とあいさつし、両国関係の発展のために協力してほしいと話したという。

 安倍首相が韓国の政界関係者や経済人の表敬訪問を受けた際に韓国語であいさつするのは異例。

 日本政府は、朝鮮半島問題で日本が取り残され、「蚊帳の外」に置かれているとの指摘を払拭(ふっしょく)するため、韓国との関係改善に取り組んでおり、安倍首相が韓国語であいさつしたのもそのような雰囲気を反映したものとみられる。

 安倍首相は同会議がこれまで、韓日関係が良い時も、悪い時も開催されてきたことで、両国が緊密に連帯できたと話した。

 また当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が「韓日共同宣言―21世紀に向けた新たなパートナーシップ」を発表してから今年で20年であることに触れ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と未来志向の韓日関係を構築していくことにしたと説明した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
聯合ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000064-yonh-kr


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526301128

【日朝】北朝鮮が100億ドル(約1兆円)支援を期待 日朝平壌宣言当時

1 名前:ひろし ★:2018/05/14(月) 22:09:26.33 ID:CAP_USER.net
 【ソウル=恩地洋介】2016年に韓国に亡命した北朝鮮元駐英公使の太永浩(テ・ヨンホ)氏が14日、2002年の日朝平壌宣言を巡り、当時の北朝鮮指導部に日本から100億ドル(約1兆円)規模の経済協力を期待する声があったことを自著で明らかにした。

 金正日(キム・ジョンイル)総書記の側近で外交部門の実力者だった姜錫柱(カン・ソクチュ)元朝鮮労働党書記が、02年の日朝首脳会談の後に「少なくとも100億ドルが入ってくるだろう。道路や鉄道を新しくできる」と語り、外務省内に興奮が広がったという。

 日朝平壌宣言は国交正常化後の経済協力をうたう。太氏は15日に外交官の経験を振り返った著書を韓国で出版する。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30486640U8A510C1PP8000/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526303366

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ