【金正男殺害】マレーシア外相、北朝鮮大使に猛烈抗議「妄想的で、うそをつき続けている」

1 名前:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/02/25(土) 01:18:57.52 ID:CAP_USER.net
 マレーシアのアニファ外相は24日、声明を発表し、金正男氏殺害事件の捜査などに関しマレーシア政府を非難している北朝鮮大使に対し「妄想的で、うそをつき続けている」と猛烈に抗議した。

 大使が態度を改めなければ、駐北朝鮮マレーシア大使の召還に続き、北朝鮮大使の追放など一層厳しい措置に踏み込むことを警告した格好だ。

 外相は、友好国の関係は相互信頼に基づくべきものだと指摘した上で「大使が私の言ったことを理解してくれるよう希望する。大使はマレーシア政府の信頼を得なければならない」と2回繰り返した。

 一方、クアラルンプールの北朝鮮大使館では領事部長、キム・ユソンと名乗る職員が24日、正門前に姿を見せ、地元警察が同大使館2等書記官と高麗航空の職員に聴取を求めていることについて「(聴取を求める)文書は受け取っていない」と述べた。(共同)

http://www.sanspo.com/geino/news/20170224/tro17022420090011-n1.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487953137

【韓国】大統領になりたい感が見え見え?韓国首相が新作した記念時計に批判の嵐=韓国ネット「さすがにもう火病になりそう」

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 22:39:27.89 ID:CAP_USER.net
2017年2月24日、韓国・ソウル経済などによると、職務停止となった朴槿恵(パク・クネ)大統領の権限を代行している韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相(国務総理)が、「大統領権限代行」との肩書をあえて記した記念時計を新作していたことが判明し、批判を浴びている。

この記念の腕時計、皮肉にもインターネットの中古品取引サイトに出品されていたことなどからその存在が明らかになった。価格は20万ウォン(約2万円)。裏ぶたの部分には「大統領権限代行 国務総理 黄教安」との文字が刻まれている。ある政府高官によると「黄首相が権限代行の職務を開始してから作ったもの」という。

無論、首相としての記念時計は以前から存在し、黄氏は「Prime Minister Republic of Korea国務総理 黄教安」と刻まれた時計をこれまで記念品として訪問先などで配っていた。

韓国では過去、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の職務が停止された際、やはり当時の首相が大統領の権限を代行したが、この時には新たな記念時計が作られることはなかった。そうしたこともあり、この「大統領権限代行」時計に野党などからの視線は冷たい。

ある野党議員は「最近の黄権限代行の行動を見ていると、大統領権限(を得るための)準備をしているのではないかと疑わしい点が多い。そんな中で記念時計まで作ったなら、国政を担うこととはまったく別のことを考えているように思える」と述べている。また、別の野党議員は国会で開かれた党の会議で、「権限代行を記念する時計だが、これには大統領の弾劾訴追を記念するという意味がある。(朴大統領をめぐる)事件は国家の不幸であるにもかかわらず、その不幸を記念する時計を作るという発想に驚きを禁じ得ない」と批判、「黄首相は腐り切った精神でこの大韓民国を管理している」と厳しく批判した。

この一件に1万近いコメントを寄せた韓国のネットユーザーの反応も多くは批判のようだ。「常識というものがない」「こんなやつが大統領になったら朴槿恵よりひどいことになる」「国がこの状況でなぜこんなことができるのかさっぱり分からない。あふれる権力欲を隠せなかったということか?」「本当に国がひどいことになってるよ。はあ、そろいもそろって」「さすがにもう火病になりそう」「これが現政府のレベルだ」と厳しい言葉が並ぶ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=167256&ph=0


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487943567

【韓流】6月に日本デビューのTWICE 早くも人気

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 20:25:24.12 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/02/24/1000000000AJP20170224003900882.HTML

韓国でヒット曲を連発中の9人組ガールズグループ、TWICE(トゥワイス)が6月28日に日本デビューベストアルバム「#TWICE」をリリースし、日本で本格的な活動を始める。

所属事務所JYPエンターテインメントが24日発表した。

「WHAT’S TWICE?」(JYPエンターテインメント提供)T=(聯合ニュース)
http://img.yonhapnews.co.kr/etc/inner/JP/2017/02/24/AJP20170224003900882_01_i.jpg


「#TWICE」にはヒット曲「Like OOH-AHH」「CHEER UP」「TT」の韓国語、日本語バージョンなど全10曲が収録される。

アルバムリリースに先立ち今月23日には、韓国でリリースされた音源を収録したデジタルミニアルバム「WHAT’S TWICE?」の配信を日本でスタートした。

日本でのプロモーションも始まっている。東京・渋谷のファッションビル「渋谷109」の外壁やJR山手線原宿駅構内にもTWICEの広告が登場した。

正式デビュー前にもかかわらず、すでに日本のファンから高い関心が集まる。

8日開設された短文投稿サイト「ツイッター」の公式アカウントはフォロワーが1日で6万人を突破した。

昨年10月に韓国で発売された3枚目のミニアルバム「TWICEcoaster:LANE1」は同11月にオリコン週間洋楽アルバムランキングで1位を獲得した。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487935524

【日韓】韓国への修学旅行で「土下座」?デマ記事が大量拡散 智弁和歌山に批判の電話が相次ぐ

1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 21:00:51.50 ID:CAP_USER.net
BuzzFeed Japan?2/23(木) 19:24配信  リンク先に画像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00010005-bfj-soci

「韓国土下座修学旅行…生徒悲痛 ツイート」というブログ記事が、FacebookやTwitterで拡散している。記事の内容は正しいのか。

記事は、韓国への修学旅行の参加同意書を、智弁学園和歌山高校の生徒がTwitterに投稿したと紹介して、「内容が ヤ バ す ぎ る !!!」などと伝えるもの。

Twitterの当該アカウントはすでに削除されているが、ウェブページを記録できるInternet Archiveに投稿内容が保存されている。

あるユーザーが、韓国への修学旅行の参加同意書を撮影した写真とともに、以下の文言を投稿している。

“今日韓国修学旅行の同意書を渡された。
同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい。
前理事長が中央日報に対し植民地を贖罪するような趣旨の事を述べた。
韓国国民の一部は謝罪旅行だと思っているだろう。
勿論私は行きたくない。”

投稿後、このユーザーは他のユーザーとコメントをやり取りしている。

「やっぱり土下座とかさせられるんですか?」との質問に対し、「土下座などはさせられないようです。しかし軍事境界線に行くことや渡航方法は船など生徒も不安を抱いています」と答えている。

>>2-3につつく

2 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 21:01:12.59 ID:CAP_USER.net
>>1
なぜ「土下座」?

ブログ記事は「韓国土下座修学旅行」と見出しを取っているが、「土下座」の根拠は示されていない。

記事には制服を着用した土下座姿の人々の写真が掲載されているが、これは智弁和歌山高校の生徒でなければ、土下座をしている姿でもなさそうだ。

一点目の画像内の数字「1」の写真は、恩師に感謝の気持ちを伝える「先生の日」(5月15日)にあわせた行事の様子とみられる。

土下座のように見えるのは、「クンジョル」と呼ばれる韓国伝統の挨拶をしている姿。韓国で最も丁寧なお辞儀であり、体勢は似ているが土下座とは別物だ。

駐日韓国大使館 韓国文化院の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に、「クンジョルは強制されて行うものではありません」と説明する。

「日常的に行うことは少ないですが、式典などのかたい場面、たとえば結婚式で新郎が新婦の両親にクンジョルを行うことがあります」

「2」「3」の写真は、韓国での大学入試の当日、受験者と同じ学校の後輩たちが、先輩の健闘を祈るためにクンジョルをしている姿だとみられる。

「クンジョルは感謝の気持ちを伝える時だけでなく、何かを願ったり、ご先祖さまに祈ったりする際などにも行います」

「4」の写真のみ、日本からの修学旅行生の姿である可能性が高い。

同じ写真を掲載した記事を、産経新聞が1999年3月6日、韓国日報の記事を紹介する形で報じている。以下に一部を引用する。

“卒業式の「日の丸・君が代」問題を苦に石川敏浩校長が自殺した広島県立世羅高校が毎年、生徒を修学旅行で韓国に送り、ソウル市内にある独立運動記念公園で謝罪文を朗読するなど“謝罪行事”をしていたことが明らかになった。五日付の韓国日報が社会面トップ記事で伝えたもので、記事には、生徒たちが市民の前でひざを折り、頭を垂れている写真が添えられ、案内を担当した年配の韓国人通訳の「生徒たちのまじめな表情に感動した」という感想も紹介されている。”

“韓国への修学旅行を引率した世羅高校の複数の教員は「韓国でどう報道されているかは分からないが、宣言文を読み上げる前に生徒たちが座った形で集会を開催。座ったままで黙とうして、頭を下げた生徒もいたと思う」と話している。”

写真を見れば、うつむいている人がいれば、正面を見ている人、後ろを振り返っている人もいる。「土下座をしている姿」というよりも、「座って話を聞いている姿」の方が近いのではないか。

産経新聞の記事でも、修学旅行生が土下座をして謝罪したとは報じられていない。

3 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 21:01:25.57 ID:CAP_USER.net
>>2
同意書は本物?智弁和歌山の回答
記事に校名が出ている智弁和歌山高校は、このブログ記事を把握していた。

BuzzFeed Newsは同校広報担当者に、ブログ記事内容の真偽について聞いた。

まず、開学当初から修学旅行で韓国を訪れているのは事実だが、その目的は「謝罪」ではないという。土下座をするようなことはない、と強く否定した。

「国際理解を深めるために、一番近い『外国』である韓国を訪れています。韓国に姉妹校(漢陽工業高校)があるため、若者同士で交流をして、国際人として力を養っていこうという目的があります」

記事に掲載されていた「同意書」については、「智弁和歌山高校のものではありませんが、学園の同意書であることは間違いありません」と回答した。

つまりこの書類は、3つの学校を経営する智弁学園の、和歌山高校を除くいずれかの学校が作成し、生徒に配ったものということだ。

学校側は、先述の投稿をしたTwitterユーザーが学園の生徒であることをすでに確認しているという。具体的な校名は、生徒の特定につながる可能性があることを理由として明かさなかった。

同園の生徒である先述のTwitterユーザーは、「同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい」と書いていた。

これについて広報担当者は、「同意書は、『行かない』という選択肢がないわけではなくて、行く場合に出していただくものです。和歌山高校であっても、同意をせずに修学旅行に行かない生徒もおります」と説明した。

智弁学園の故藤田照清初代理事長が「日本が韓国を支配した35年を贖罪する」という信念により訪韓修学旅行を実施している、との情報に対しては、「過去になにかのタイミングでそういう発言をしたかもしれませんが、実態はまったく異なります」とした。

ブログ記事が掲載されたのが2016年2月。それ以降、智弁和歌山高校には批判の電話やメールが数多く届いているという。

広報担当者はこう話した。

「『なぜ土下座なんてさせるのか!』『反日学校か!』と、多くの電話がきます。学園を飛び越えて県庁にも『そんな修学旅行はやめさせろ!』と連絡がいっているようです」

現在、当該ブログ記事の内容が事実無根であることを伝える記事を、学園のウェブサイトに掲載することを検討しているという。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487937651

【韓国】チェジュ航空 福島便就航計画を撤回= 放射能懸念で

1 名前:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 19:03:55.45 ID:CAP_USER.net
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170224005200882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【ソウル聯合ニュース】韓国の格安航空会社(LCC)、チェジュ航空が、職員や乗客の懸念を考慮し、仁川空港と福島空港を結ぶチャーター便の就航計画を取り消したことが24日、分かった。

 航空業界によると、同社の崔圭楠(チェ・ギュナム)社長がこの日、全職員に向けて送ったメッセージで同計画を取り消す方針を明らかにした。

 崔社長は「最近、福島への不定期便運航計画と関連し、多くの論議がある」とした上で、「乗務員のスケジュールが決定してもいない状況で、強制投入されるなどといった事実と異なる一方的な主張でわが社を非難することは非常に遺憾だ」とした。

 また、福島空港の安全性については客観的で科学的な指標をもとに判断しなければならず、同空港の放射線量などには問題がないと強調しながらも、「チェジュ航空の職員と家族の皆さんの心配を少しでも減らすため、福島へのチャーター便の運行を取り消す」と伝えた。

 さらに、「今回のチャーター便はわが国民ではなく、100%日本の観光客を誘致するための単発性の商品」とし、「福島の住民には韓国へ観光に来る正当な権利があるため、福島空港の代わりに仙台空港に変更することにした」と説明した。

 仙台空港は現在、アシアナ航空が仁川―仙台便を毎日運航し、中国のエアーチャイナや台湾のエバー航空なども就航している。

 崔社長は「韓日路線は成長を続けるために必ず拡大しなければならない」とした上で、「今回は運航を取り消したが、両国の人的交流の礎(いしずえ)になるため、韓日路線の拡張は今後も続ける」と強調した。

 チェジュ航空が来月18日と20日に福島発仁川行のチャーター便を出す計画が発表されると、社内外で論議が起きた。

 チェジュ航空は福島空港や韓国外交部が公開する放射線測定値を根拠に安全に問題がないと主張したが、乗務員だけでなく、チェジュ航空の別の路線を利用しようとしていた乗客からも放射性物質に対する懸念の声が上がった。

 アシアナ航空などが就航していた福島路線は東京電力福島第1原発事故後、チャーター便が運航を休止した。2013年までは不定期便が飛んでいたが、需要が減って現在は運航されていない。


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487930635

【軍事】 安倍外交、通じたのか…トランプ大統領「北朝鮮ミサイル被害国」に日本だけ指名

1 名前:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 15:08:10.17 ID:CAP_USER.net
http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2017/02/12/PYH2017021206170034000_P2.jpg

▲(ワシントンAFP通信)ドナルド・トランプ米国大統領と訪米中の安倍晋三首相は11日(現地時間)、フロリダ州パームビーチで緊急記者会見を開き、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く糾弾した。

(ソウル=聯合ニュース)チョ・ジュンヒョン記者=ドナルド・トランプ米国大統領が23日(現地時間)行ったロイター通信とのインタビューで北朝鮮のミサイルの脅威を受ける国として日本だけあげてその背景が注目される。

トランプ大統領は北朝鮮のミサイルと関連、「非常に危険ですでに数年前に何らかの措置が取られていなければならない懸案だ。非常に危険な状況だ(very dangerous situation)」とし、「日本に非常に不公平だ(very unfair to Japan)」と話した。

ロイター通信が公開した資料を見ればトランプ大統領は北朝鮮ミサイルの被害国に言及する際に、このように日本だけ取り上げ論じた。

これについてある外交消息筋は24日、「韓国は当然(北朝鮮ミサイルの)最大の直接当事者なのであえて取り上げ論じない場合がある」と話した。また、去る12日、北朝鮮が発射した中長距離ミサイル'北極星2型'は射程距離が最小1千200キロ水準と評価されるので日本が最も敏感に受けとるる側面も考慮されたとみられる。北極星2型は高角発射時、韓国を打撃できるが額面上の射程距離では米国と米国の同盟国・日本が最も敏感に反応する懸案という分析が可能だ。

さらに去る12日、発射のニュースがトランプ大統領と安倍晋三総理が晩餐中に打電された点も影響を及ぼしたと見られる。首脳外交の空白状況である韓国に先立ち、日本がトランプの耳を先行獲得した効果が出たという見解も存在する。

去る10日(現地時間)ワシントンで開かれた米日首脳会談と後に続いた首脳間のゴルフ会合などで安倍総理は自国が中国、北朝鮮について感じる安保脅威を十分に刻印したことが奏功したという分析だ。ある外交消息筋は「日本がトランプ大統領に北朝鮮ミサイルの脅威について集中注入をしたことにトランプが配慮した側面がありえる」と話した。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 安倍外交通じたか…トランプ'北ミサイル被害国'日本だけ地名
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/02/24/0200000000AKR20170224070100014.HTML


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487916490

【韓国】大統領選支持率トップの文在寅氏、対日で発言を軌道修正「歴史問題に対する要求は継続だが、未来志向の発展は別でやっていく」

1 名前:鴉 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 15:46:07.08 ID:CAP_USER.net
韓国大統領選、支持率でトップ走る文在寅氏、対日で発言を軌道修正

2017年2月25日、韓国の次期大統領選の支持率争いでトップを走る最大野党「共に民主党」の文在寅・前代表が対日姿勢などで発言を軌道修正している。同じ「共に民主党」所属の安熙正・忠清南道知事が2位にとなり、中間層をも取り込みながら、急速に支持を伸ばしてきたのを意識しているとみられる。

韓国の世論調査会社リアルメーターが20日に発表した次期大統領選有力候補の支持率調査によると、文在寅前代表は前週より0.4ポイント下落したものの32.5%となり、7週連続首位を維持した。
2位は安知事で、支持率は3.7ポイント上昇の20.4%で4週連続上昇し、初めて20%を突破した。文氏と安氏の差は前週の16.2ポイントから12.1ポイントに縮まった。

3位は黄教安・大統領権限代行首相で0.5ポイント下落の14.8%。10%台の支持率を維持しているが、安知事との差が拡大している。
第2野党「国民の党」の安哲秀・前代表は8.8%で0.7ポイント下がった。「過激発言」で知られる「共に民主党」の李在明・城南市長は0.3ポイント上昇の8.1%。同じ党の文前代表、安知事、李市長の支持率合計は61.0%で初めて60%を超えた。

混戦状態の2位圏から一歩抜けだし“台風の目”になりつつある安知事は、文前代表と同様、左派系とされた故廬武鉉大統領の系譜に属する。
しかし、保革の垣根を越えた「大連合政府」の創設を提唱しているほか、文前代表や李市長のように、慰安婦問題をめぐる日韓合意の無効化は明言しておらず、大統領に当選した際には、歴史問題を切り離し安全保障や通商分野で日本との協力強化を目指す姿勢を見せている。

聯合ニュースによると、文前代表は最近、日本との外交問題について「(旧日本軍の)慰安婦問題をはじめ、過去の歴史問題に対する(解決)要求を継続していく一方、これを韓日外交関係の前提条件とせず、未来志向の発展は別のトラックとするツートラックでやっていく必要がある」と言明した。

さらに「その(慰安婦問題など)ため、日本との外交関係を断ち切ることはできない」とも主張したという。

次期大統領選では北朝鮮や中国とどう向き合うのかも大きな争点。韓国メディアによると、朝鮮労働党の金正恩委員長の異母兄・金正男氏殺害について、文前代表は「非常に野蛮なことだ」「北朝鮮は正常な国ではない」などとコメントしたが、一方で自らが大統領になれば「開城工業団地と金剛山観光を直ちに再開する」とも明言している。

中国が反発する在韓米軍へ高高度迎撃防衛ミサイル(THAAD)配備に関しても「次の政権で検討すべきだ」などと訴えている。(編集/日向)
http://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_167190.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487918767

【朝日新聞】数年来、サムスン製のスマートフォンを愛用している。使い心地もよい だがサムスンの先行きに不安を覚える (天声人語)

1 名前:鴉 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 13:45:18.73 ID:CAP_USER.net
(天声人語)サムスン茫然自失
2017年2月24日5時0分

数年来、サムスン製のスマートフォンを愛用している。

使い心地もよい。

だがここに来て画面に触れるたび、先行きに一抹の不安を覚えるようになった。

財閥を率いる李在鎔(イジェヨン)サムスン電子副会長(48)が逮捕されて1週間になる

▼「サムスン茫然(ぼうぜん)自失」「人事採用オールストップ」。韓国在住の友人に

以下略
http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S12811464.html


【国際】韓国を支える財閥企業サムスンが米国での評判が急転落 7位から49位に
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487850969/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487911518

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ