【日韓交流】母国の歴史・文化を体験 在日同胞の小学生が韓国訪問へ

1 名前:Boo ★:2018/05/23(水) 15:02:37.08 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)は23日、在日同胞の子どもたちが韓国の歴史と文化を体験し、アイデンティティーを育む「2018在日同胞オリニ(子ども)ジャンボリー」を開催すると伝えた。

 7月28日から4泊5日の日程で行われるこの研修プログラムには、日本全国から小学4~6年生の約500人が参加する。

 参加者は韓国滞在中に在日同胞の歴史と韓国の発展に関する講義を聞き、現地の小学校を訪問して韓国の子どもたちと交流活動を行う。このほかソウルの名所や遺跡を巡り、オリンピック記念館も見学する。

 民団の呂健二(ヨ・ゴンイ)団長は「在日同胞社会の未来をリードする子どもたちに、母国に対する帰属感と民族愛を持たせるために準備した研修だ」と話す。

聯合ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000053-yonh-kr


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1527055357

【北朝鮮】北朝鮮の核実験場廃棄、専門家から懐疑的な意見も 米国の専門家

1 名前:しじみ ★:2018/05/23(水) 10:44:50.67 ID:CAP_USER.net
(CNN) 北朝鮮が23~25日に予定している核実験場の廃棄について、
米国の専門家らは「核実験の証拠隠滅ではないか」など懐疑的な見方を示している。

その一人は、化学の専門家として過去35年、
世界各地で核兵器や化学兵器の廃棄に立ち会ってきたシェリル・ロファー氏だ。

北朝鮮・豊渓里(プンゲリ)の核実験場廃棄には米国、中国、ロシア、
英国の記者団が取材に向かったが、査察官や専門家は一人も招かれていない。

ロファー氏は「同行できるならサンプル採取や放射能測定の機材を持参したかった。
地質学者も連れて行き、坑道の中に入って陥没部分があるかどうかを確認したかった」と話す。

爆破前にこうした情報が得られれば、北朝鮮が開発していた核爆弾の種類や原料、成分、
さらには今後の計画も分かった可能性があり、交渉に役立てることができたはずだという。

ジェームズ・マーティン不拡散研究所のメリッサ・ハナム氏は、
北朝鮮がブッシュ米政権時代の2008年、寧辺(ヨンビョン)にある核施設の冷却塔を爆破した時のようだと語る。

爆破は報道陣に公開され、米国は制裁の一部とテロ支援国家指定の解除を表明。
だがその後、北朝鮮は別の施設で核開発を継続していたことが発覚した。

韓国のシンクタンク、峨山政策研究院の客員研究員で韓国政府元職員の全相勲(チョン・サンフン)氏は、
北朝鮮が来月予定される米朝首脳会談で譲歩した後、核実験場への立ち入り検査が行われるのを阻止するために、
廃棄を急いでいる可能性を指摘。「単なる証拠隠滅にすぎない」と主張する。

同氏はさらに、北朝鮮が22日の米韓首脳会談にタイミングを合わせ、「政治宣伝を狙っている」との見方を示した。

関連ソース画像
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/05/23/75fa8298d5c52456a1cb779da580c2af/t/640/360/d/punggye-ri-may-super.jpg


CNN
https://www.cnn.co.jp/world/35119608.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1527039890

【韓国】老母のために花を盗んだ70代に対して警察は・・・(高陽)

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/15(火) 11:41:45.76 ID:CAP_USER.net
一緒に住んでいる母親のために、店頭の花壇に植えられていた花を盗んだ70代が警察に捕まった。

警察は貧困な家庭のこれらの親子に対し、去る父母の日にカーネーションと生活必需品を伝達した。

15日、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)東部警察署によれば、A容疑者(70歳)は先月14日の午前5時45分頃、高陽市(コヤンシ)一山東区(イルサンドング)白石洞(ペクソクドン)のある美容室店頭の花壇に植えられていたチューリップ3輪を盗むなど、同月25日までに3回にわたりバラとチューリップなどを盗んだ疑い。

被害の申告を受けた警察は監視カメラの映像でA容疑者の容姿を確認、明け方に張り込み捜査でA容疑者を捕まえた。

警察の調査の結果、母親(90歳)と妻と一緒に住んでいたA容疑者は、母親が花が好きなのに基礎生活(生活保護)受給者のため花を買う余裕がなく、このような犯行を起こした事が分かった。

また、A容疑者は白内障を病んでいたが金銭がなくて薬を服用する事ができず、妻も体が不自由な状況だった。

警察はA容疑者を窃盗の容疑で書類送検したが、去る8日の父母の日にA容疑者が勇気を失わずに母親にプレゼントできるよう、カーネーションのバスケットと米、ラーメンなどを伝達した。

警察の関係者は、「A容疑者は仕事もなく苦労して生きていて、勇気を失わないように小さな真心を伝達した」とし、「犯行が常習的なので立件はされたが、検察に事件が送致されれば善処される可能性は大きい」と話した。

ソース:NAVER/高陽=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0003371713


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526352105

【ゴキブリ】大韓航空の機内で、ゴキブリが相次いで出没

1 名前:動物園φ ★:2018/05/15(火) 13:48:56.79 ID:CAP_USER.net
ゴキブリがなぜ大韓航空機に? 4件はどれも食事中のトレイから発見(1)

大韓航空の機内で、ゴキブリが相次いで出没している。大韓航空側はゴキブリ出没件数を公開せずにいるが、最近半月間で記者にゴキブリ被害の情報提供した読者は4人にのぼる。

情報提供によると、搭乗客のオさんは先月19日午前10時30分、仁川(インチョン)国際空港を出発して日本岡山へ向かう大韓航空KE747便の機内でゴキブリを発見した。
オさんは食事中にトレイの周囲を這い回る親指ほど大きさのゴキブリを見て驚いたが、狭い機内ということでトレイを片づけることも、席から立つこともできなかったと話した。

また別の搭乗客シンさんは、新婚旅行を終えて帰ってくる機内でゴキブリのために被害を受けた。
先月20日、モルディブ・マレから仁川空港に入ってくるKE474便に乗ったシンさんは、食事の途中でトレイを這い回るゴキブリを発見した。
驚いたシンさんが顔を洗って席に戻ってきた後も、ゴキブリは座席の周辺を這い回り、シンさんの隣の搭乗客がゴキブリを捕まえた。

イさんは料理の中にいたゴキブリを発見したケースだ。2月6日、仁川発ロンドン行きKE907便に搭乗したイさんは料理の中にいたゴキブリを見つけると、
すぐに呼び出しベルを押して乗務員を呼び、やってきた乗務員は料理の載ったトレイをそのまま持って消えた。
イさんは乗務員を再び呼び出し、ゴキブリの写真を撮らなければならのでトレイを持ってきてほしいと言った。
だが、乗務員は料理をすぐに廃棄したためトレイを持ってくることはできないと答えた。

キムさんは2月17日、タイ・バンコクを出発して仁川空港に入ってきたKE654便でゴキブリを発見した。
ゴキブリは、朝の食事をしようとしていたキムさん夫婦のトレイの上を這い回っていた。
夫人は食事の時に配布されたナプキンでゴキブリを捕まえて急いで乗務員を呼んだ。
乗務員はゴキブリを捕まえたナプキンを持って消え、責任乗務員である事務長がキムさん夫婦の元にやってきて謝った。

(以下略)

http://japanese.joins.com/article/388/241388.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526359736

【国際】ポンペオ氏「非核化実現したら北朝鮮住民に肉が食べられるようにしたい」

1 名前:たんぽぽ ★:2018/05/15(火) 14:40:11.25 ID:CAP_USER.net
北朝鮮非核化以降の米国の補償策に対する青写真が具体化してきている。大きく分けて2つ、体制保障と経済的支援だ。

マイク・ポンペオ米国務長官は13日(現地時間)、北朝鮮が核プログラムを完全に廃棄する場合、北朝鮮に対する大規模な投資と金正恩(キム・ジョンウン)体制の維持を約束した。同日、共和党タカ派のリンジー・グラハム上院議員も議会レベルの積極的な支援に言及した。これについて、ワシントン外交界では「北朝鮮の積極的な非核化に向けた誘引策」としながら「また、進行している両側の激しい水面下事前協議で、現在まで大きな問題が発生しなかったという傍証でもある」と評価した。

13日、FOX(フォックス)ニュースに出演したポンペオ氏は「彼ら(北朝鮮)はばく大な量の電力が必要で、インフラ開発を望んでいる」とし「(我々が北朝鮮を支援した場合)、北朝鮮住民は肉が食べるようになり健康な暮らしができるようになる」と述べた。あわせてポンペオ氏は「我々は韓国と肩を並べるほどの北朝鮮の経済的繁栄のための環境を用意することができる」と再度強調した。

具体的な方法も提示した。ポンペオ氏は「北朝鮮のエネルギー網の建設とインフラ発展に米国の民間部門が支援することができる」とし「米国民の税金を投じて北朝鮮を支援するわけにはいかないが、制裁を解除して米資本が北朝鮮に投入されるようにする」と明らかにした。ポンペオ氏は米朝首脳会談に対する楽観論も用心深く表明した。ポンペオ氏は「我々は金正恩国務委員長と同じ目標を持っている」とした。また「もしトランプ大統領が要求した“完全かつ検証可能で不可逆的な北朝鮮の非核化(CVID)”を得ることになれば、米国は膨大な支援をするだろう」と約束した。

ポンペオ氏は体制保障というもう一つの“ニンジン”も提示した。「北朝鮮の政権交替を追求しない」ということだ。中央情報局(CIA)局長だった昨年7月の時点では、ポンペオ氏は北朝鮮政権交代論者だった。そのような彼が「我々は確実に安全保障を提供する」としながら「我々が望むのは金委員長が自国と自国民のために戦略的に変化することで、このような準備が整った場合、トランプ大統領も援助する準備をするだろう」と説明した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/390/241390.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526362811

【韓国】糖度が高いゴールドナゲット・オレンジ召し上がれ(写真)

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/17(木) 02:59:59.34 ID:CAP_USER.net
(写真)
http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374089_001_20180516103722653.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374088_001_20180516103721100.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374133_001_20180516104519073.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374118_001_20180516104224687.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374105_001_20180516104026652.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374111_001_20180516104121082.jpg

http://imgnews.naver.net/image/421/2018/05/16/0003374094_001_20180516103819931.jpg


ソウルのロッテマート ソウル駅店で16日、モデルが『ゴールドナゲット・オレンジ』をPRしている。

『ゴールドナゲット・オレンジ』はアメリカのカリフォルニアで生産された新品種で、ミカンのように手で簡単に剥けるほど皮が薄くて糖度が高いのが特徴。

ソース:NAVER/ソウル=news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=421&aid=0003374089


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526493599

【韓国】男性ヌードモデルの写真が“女性優越主義者”のサイトに流出、警察が迅速に対応…当該サイトが「男女差別だ」と批判

1 名前:ニライカナイφ ★:2018/05/16(水) 17:20:11.72 ID:CAP_USER.net
◆韓国社会を揺るがす男性ヌードモデル写真流出事件
 ~警察の素早い徹底捜査と過熱報道が浮き彫りにした性差別

韓国には「Womad」という男性嫌悪を語るウエブサイトがある。
これを立ち上げた団体は、他の女性運動団体とは異なり、徹底して女性優越主義に基づいてると表明している。

2017年12月に正式なサイトが開設されて以来、これまでに何度か問題を起こしてきた。
警察の捜査も入り、運営陣が逮捕されたことなどにより、今では海外にサーバーを移している。
その「Womad」が5月2日から韓国のニュースサイトを賑わしている。

■男性のヌード写真がネットに流出

某美術大学のヌードクロッキーの授業中に撮られたと思われる男性モデルのヌード写真が、5月1日にWomadサイトに投稿された。
投稿された後、Womadの会員たちは、その写真をシェアし、男性モデルを性的に冒涜した。
美術界では、ヌードモデルの身元情報を公開したり、身体をこっそり撮影したり公開する行為を厳しく禁じている。

もし、こうした約束が守られない場合、ヌードモデルの日常生活に影響を及ぼすことはもちろん、ヌードモデルの志願者が減るという事実を元にした不文律の約束事である。
したがって、Womadに投稿された後、すぐに大学側は授業に参加した20人ほどの学生、教授などに問い質したが、誰も犯人だと名乗らなかったため、警察に捜査を依頼した。
捜査の結果、同僚モデルの女性が容疑者として浮上した。

5月12日には、「証拠隠滅や逃走の恐れがある」ということで、その女性が緊急逮捕された。
投稿した理由は、休憩時間に使う休憩空間の利用問題で被害者の男性モデルといさかいがあったとこのことだ。
これで一件落着と思われるが、実はこの事件は意外な方向へと波紋を広げていた。

■女性の被害者とは比べ物にならない対応

通常の盗撮では男性が加害者で被害者が女性の場合が多い。
盗撮、リベンジポルノ、MeToo運動などで女性が被害を訴えても、男性たちの非難などの2次被害が多かった。
さらに、MeToo運動以外は、ほとんど報道されることもなく、被害者の女性たちは泣き寝入りするのがオチだった。

それなのに、盗撮の捜査は迅速に行われ、連日被害者がどれだけ苦しんでいるのかとか、Womadに対する非難などを各メディアが報道した。
5月11日には、あるテレビ番組で被害者が心情を告白した。

それによると、性的羞恥心や侮蔑感で苦しく、対人恐怖症と被害妄想に苛まれ、社会生活、信仰生活など、すべてが中断された状態だという。
特に、自分がバイトとしてヌードモデルをしていたことは周囲の誰にも言ってなかったので、親や親戚、知人にばれるのがとても苦しいという。

だが、こうした報道に対して、Womadは、「盗撮事件でも速報が出せるのか」「盗撮を拘束捜査できるのか」「押収捜索もできるのか」「サイト管理者も処罰できるのか」など、女性被害者の時とは対応が異なることへの非難をやめない。
そして、Womadのある会員は「これまで男性たちが女性被害者に向かって『申告もせず何をしてたんだ?』とか『112(日本の110番)も知らないのか』と言っていたことは、彼らは申告をすれば本当にこのように魔法のような素早さで解決できるからだったんだ」と書き込みをしている。

■今回の事件対処は理想的

Womadは、「今回の事件の対処が悪いわけではない、かえって理想的だ」という。
そして、「被害者を保護し、2つの専担チームを作って早く逮捕すること自体はとても立派だ。しかし、だったらなぜ今までの盗撮被害者にも同じようなことをしなかったのか。彼女たちが身を隠したり、自殺する間は何をしていたのか」という。

このように1つの盗撮事件が、男女差別論争に火をつけた格好になっている。
もともと男性嫌悪を提唱してきた団体だけでなく、今回は普通の女性たちも盗撮事件においての男女差別に憤りを感じている。
5月11日、青瓦台の国民請願掲示板には、「女性も大韓民国の国民です。性別関係なく国家保護を要請します」というタイトルの請願が投稿された。

該当の請願者は、次のように性別による警察の捜査の違いを批判した。

JBpress(日本ビジネスプレス) 2018.5.16(水)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53086

※続きます

2 名前:ニライカナイφ ★:2018/05/16(水) 17:20:32.00 ID:CAP_USER.net
※続きです

「最近、某大学のヌードクロッキーモデルの盗撮事件がとても速く処理された。
警察は20人すべての容疑者を調査し、被害者の2次被害を防ぐため、直接資料収集までした」

「マスコミも数多くの記事を通じて被害者を慰労し、加害者を非難する理想的な状況だった。
しかし、これが女性の場合は、同じような事件を何でもないようなことにする場合が多い」

■捜査過程で2次被害に遭う女性被害者

そして次のように主張する。

「被害者が女性の場合は、『盗撮7か月で49回撮ったけど無罪』とか『現行犯で捕まった盗撮犯、無罪』などとなる」
「ネットで『街』を検索するだけで、数多くの女性の写真がアップされている。そのような女性被害者たちは、家族や職場、そして捜査過程で2次被害に遭う」

5月10日、ネットでは「不法撮影、偏った捜査糾弾デモ」という名のサイトが開設された。
「どこにも属さない一般女性たちが進める女性たちだけのデモ」だという。

彼女たちは19日、ソウル市内で、不法撮影犯罪に対する捜査当局の差別的対応を糾弾し、女性被害犯罪にも積極的に応じてくれることを促すために集会をするという。
13日現在、そのサイトには1万7200人の女性が加入している。

今回は、男性嫌悪サイトだけを紹介したが、それより先に女性嫌悪サイトも実在し、実際それらのサイトではいつも女性嫌悪に関する写真などをアップしている。
今回のケースは、最初に女性嫌悪サイトを立ち上げた団体に対する、ミラーリング(相手がした手法を鏡に映るように反対側から同じ手法でやり返すこと)とも言える。
元をただせば、女性嫌悪団体がサイトを開設し、それらがどんどんヒートアップしていった結果、引き起こした事件とみなすこともできる。

※おわり〆


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526458811

【韓国】『新興組織暴力団』新全国区、22の組織公開・・・いなせな兄貴たち

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/17(木) 10:58:57.06 ID:CAP_USER.net
【補足】
かなり省略しています
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

(写真)
http://www.ilyosisa.co.kr/news/photo/201805/145175_81195_913.jpg

http://www.ilyosisa.co.kr/news/photo/201805/145175_81196_936.jpg

http://www.ilyosisa.co.kr/news/photo/201805/145175_81197_950.jpg


韓国の暴力団の多くがくたばった。以前のように路上で仲間割れをしたり、酒場で組織間の利権争いで争った時代は今や、昔の映画でしか見られない光景になった。韓国を牛耳っていた拳が一つ二つ消えて猛スピードで瓦解した。しかし、組織暴力団の数字は相変わらず減っていない。彼らは絶えず新たに現れ統合して、頑なに自分たちの領域を守っている。

いわゆる『3大ファミリー(西方派、ヤンウニ派、OB派)』が悪名を響かせた全国区の時代は既に幕を閉じた。 これら3大ファミリーの親分格が一人ずつ歴史の中に消えた。ここから離れた組員がこれらの系譜を引継いで勢力化したが、その規模は昔に比べてはるかに足りない。だが相変わらず組織暴力団は存在する。最近では既存の暴力組織が瓦解した暇に、新興暴力組織同士の統合と再結成がトレンドのように根付いた。

■ 『粘り強い生命力』=西南部イーグルス派
イーグルス派はソウル銅雀区と衿川区一帯の勢力を統合して新イーグルス派を形成した。イーグルス派は1978年頃、当時某商業高等学校に在学中だったユン某氏など12人が結成した不良グループ、『イーグルス』から出発した。1987年に大統領選挙を控え、民主正義党(民正党)冠岳地区の党青年局長はイーグルスを選挙運動に動員する事を計画した。この時にユン氏はハンガラム青年会を結成した後、これを母体に組織を体系化した。

■ 『未成年入団』=利川連合派
去る2014年8月、驪州のある食堂でコ某氏は既存の暴力組織を統合して『利川連合派』の親分に推戴された。その後勢力拡張のために未成年者を含む新規組員を大挙迎え入れ、各種の犯罪を続けた。これらは組織の存続・維持のために年齢別にチームを作って資金を集め、これを領置金・罰金代納・弁護士費用などを使って結束力を強化してきた。組織の規律を立てるという理由で脱退する組員や下部の組員には野球のバットなどで集団暴行を加えた。

■ 『盲目的忠誠』=春川統合家族派
『統合春川家族派』は2011年、春川スンテク派と同期派、生活派、家族派など4つの組織が団結して誕生した。これら組織は2011年6月、洪川郡の某リゾートで結成式を開催してA氏を親分に推戴した。 「先輩に会ったら90度でお辞儀する」、「先輩が呼んだら直ちに出動する」などの行動綱領を設けた。これらはその後風俗店や愛人バンク、ヤミ金業など各種利権事業を独占して、他の組織暴力団と対峙した。核心組員6人は忠誠を誓い、自分の小指を一節ずつ切った。

■ 『最大実勢組織』=忠北パラダイス派
パラダイス派は忠北清洲を基盤に1986年前後結成された暴力組織である。

■ 『スペックを見て選ぶ』=龍山梨泰院派
組員を選ぶ時、外見と学歴を見る事で有名だった。梨泰院派が掲げた条件は身長175cm以上、大卒者もしくはイケメン。TOEICやTOEFLなどの英語試験の高得点者を優遇した。

■ 『刀を差して歩く』=仁川クラウン派
クラウン派は1993年、仁川市中区新興銅にあった『クラウンナイトクラブ』から始まった。。

■ 『若い血が団結した』=大田ハニル派

■ 『刑務所で結成』=新全国区派
新全国区派は刑務所に長期服役中だったチョン某氏が2006年2月、『庁下(床下)衛生派』と『全国区派』、『眼中派』など平沢地域の3大暴力組織を統合、外部に組織を結成して作った。

■ 『組織員を増やす』=木浦食口(家族の意味)派

■ 『高校生を操る』=容認ヨンチョン会派
高校生にバイトをさせた後、金銭を恐喝。

ソース:日曜時事(韓国語)
http://www.ilyosisa.co.kr/news/articleView.html?idxno=145175

>>2につづく

2 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2018/05/17(木) 10:59:10.75 ID:CAP_USER.net
>>1のつづき

■ 『徹底した位階』=香村洞新派

■ 新進勢力獲得=『新ルネサンス派』

■ 『事業運営』=ソウル上岩派

■ 『遊園地の無法者』=清平家族派

■ 『暴力団もとる』=慶州新世界派

■ 『慶南は一つだ』=シンドン釜山統合派

■ 『脱退すれば死ぬ』=束草新双子派

■ 『学校一を迎え入れ』=馬山アリラン派

■ 『遠征売春』=釜山国異派
これら風俗店の女性従業員に金銭を貸し付け、これを返済できなければアメリカや日本に遠征売春を送り、数千万ウォンの斡旋料を取って風俗店の事業主などに暴行を加えた。

■ 『刺身包丁を持って』=連合高興家族派

■ 『小規模集結』=全国連合派

■ 『七星派系譜』=海雲台七星派

・・・おしまい☆


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1526522337

ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ