【韓国のGSOMIA破棄】最も失望した国はどこか

1 名前:ガラケー記者 ★:2019/08/23(金) 12:46:41.79 ID:CAP_USER.net
 中国メディアの環球網は23日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表したことについて、「最も失望したのは日本か、米国か」と題する記事を掲載した。

韓国大統領府の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は22日に会見し、破棄の理由について、日本が韓国を輸出上の優遇国(ホワイト国)から除外したことを挙げ、「こうした状況で敏感な軍事情報を交換する協定を維持することは、国益にかなわないと判断した」と説明した。

記事はGSOMIAについて、「韓国が1945年に日本の植民地統治を脱して以降、両国が初めて結んだ軍事協定。主な役割は日米韓3カ国が共同で北朝鮮の軍事行動を監視すること。韓国は地理的に北朝鮮に近く、弾道ミサイルの発射地点や方向などの情報をスピーディーに収集をすることが可能。一方、日本には先進的な設備があり、韓国側は日本の衛星やレーダーを通して北朝鮮の基地やミサイル関連の情報を得ることができる」などと紹介した。

その上で、韓国メディアの報道に言及。韓国・聯合ニュースはこれまでの経緯について、「協定締結から現在まで、日韓は29回軍事情報を交換してきた。しかし、締結当初は多くの人が、侵略の歴史を反省していない日本と軍事協力するのは果たして妥当なのかとの疑問を抱き、韓国が失うものの方が得るものよりもはるかに大きいと考えていた。2012年に締結予定だったが最後の段階で見送られ、2016年に朴槿恵(パク・クネ)政権が突如、日本と協議を開始し、野党から売国協定と批判を浴びた」と説明した。

中央日報は、「韓国は米国の忠告を顧みずに決定を下した」とし、国民日報は「協定は日米韓が中露をけん制するための象徴であり、米韓関係に影響が出るのは不可避」と報じた。SBSテレビは「大統領府は、『事前に米国に十分に説明してコミュニケーションを取り、米国の理解を得ている。米韓の同盟関係にはいかなる影響も及ぼさない』としているが、韓国の今回の決定は米国の北東アジア戦略の障害となるため、米国とのほかの協議で譲歩せざるを得なくなるとの見方が出ている」と伝えた。

一方、YTNテレビは「多くの人が日韓GSOMIAの破棄で最も失望しているのは米国だと考えているが、それは間違いだ」とし、「最も失望しているのは安倍首相だろう。なぜなら、日本はこの協定によって簡単に朝鮮半島の軍事情報を手に入れ、北朝鮮を口実に集団的自衛権を行使するチャンスを得ていたのだから。韓国の協定破棄により、これまで集団的自衛権の行使を推し進めてきた安倍首相にとっては、間違いなく深刻な打撃となるだろう」と報じているという。
Record china
2019年8月23日(金) 12時0分
https://www.recordchina.co.jp/b739150-s0-c10-d0052.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566532001

【GSOMIA破棄】 韓国元外交部次官 「韓米日安保協力の終了へ、我々は自ら戻ることのできないルビコン川を渡った」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/08/23(金) 11:22:35.53 ID:CAP_USER.net
青瓦台が22日、「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を3年で破棄することに決めたことから、
1970年代以降、米国主導で50年近く維持されてきた韓米日安保体制そのものが揺らぐことになるだろうとの懸念が高まっている。

米国はこれまで、北東アジア安保とインド・太平洋戦略のためGSOMIA延長を強く主張してきた。
そのGSOMIAが破棄されたということで、韓米同盟にも悪影響が予想される。

キム・ホンギュン元韓国外交部韓半島平和交渉本部長は「GSOMIA破棄で韓米日三角安保協力体制が瓦解し、
朝中露と米日が対立する東アジアの地政学的構図において、韓国は孤立するかもしれない」と語った。

金聖翰(キム・ソンハン)元外交部次官は「韓米日安保協力の終了に向けた序幕へ、
我々は自ら戻ることのできないルビコン川を渡ったものだ」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/23/2019082380029.html


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566526955

【宗教】日本の基督教(キリスト教)界、「韓国を狙った輸出規制措置を撤回せよ」

1 名前:ハニィみるく(17歳) ★:2019/08/23(金) 10:56:11.37 ID:CAP_USER.net
・「日本軍慰安婦問題の真実を認め、被害者の名誉・尊厳を回復」

(写真)
https://img0.yna.co.kr/photo/cms/2019/08/13/53/PCM20190813000053990_P4.jpg
▲ 「日本、過去を贖罪しない・・・世界経済の脅威」(CG)
__________________________________

(ソウル=聯合ニュース)ヤン・ジョンウ記者 = 日本の基督教(キリスト教)界が自国政府に対し、韓国を狙った輸出規制措置を直ちに撤回せよと求めた。

日本キリスト教協議会、日本基督教団、在日大韓基督教会など、日本の主要基督教団体が参加した全国基督教連絡協議会(外キ協)は光復節の15日に共同声明を通じ、このように要求したと韓国基督教教会協議会(NCCK)が22日に明らかにした。

日本基督教団体はNCCKを通じて伝えた声明で、「日本政府が半導体部品について輸出規制をしたことに付け加え、韓国を輸出優遇国リストから除いた措置は自由貿易の原則に反するだけでなく、韓国経済に打撃を与えかねない敵対的行為である」と指摘した。

続けて、「これは戦後賠償の本来の意味を無視し、韓日請求権協定と国際法に対する正確な理解が欠けた誤った認識の中で行われている」と批判した。

これらの団体は日帝強占期当時の韓国人の徴用問題について、『強制労働であり重大な人権侵害』と規定して、「被害者が納得できる解決が必要である。戦後補償とは、日本の植民地支配と侵略戦争の過程で人間の尊厳を奪った人権問題であると確信している」と強調した。

また、韓国人の個人賠償請求権は韓日請求権協定によって消滅していないと確認して、「日本製鉄と三菱重工業は韓国大法院(最高裁)の判決を受け入れ、同時に人権侵害の事実と責任を認め、謝罪と賠償をしなければならない」と主張した。

これらの団体は、「日本政府は日本軍慰安婦問題について、国際法に基づいて真実をそのまま認め、被害女性の名誉と尊厳の回復、心の傷の治癒のために第一歩を踏み出さなければならない」と要求した。

同時に、「隣国である日本と韓国の未来志向の関係とは、過去の歴史を直面して記憶しながら、お互いを尊重することから始まる」とし、「私たちは日本の教会、基督教人(クリスチャン)として歴史の責任を正しく見て行く」と誓った。

外キ協は1987年に『在日外国人指紋捺印制度』の廃止のために組織された全国規模の団体で、日本の移民の人権向上活動を行ってきた。今回の共同声明には外キ協のほか、日本の27の基督教団体が参加したとNCCKは付け加えた。

ソース:ソウル=聯合ニュース(韓国語)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190822133800005?input=1195m


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566525371

【韓国大統領府】 日本に不満爆発 「われわれを安保面の友好国と見なしておらず、問題解決に向けたわれわれの外交努力を言下に拒否した」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/08/23(金) 09:35:29.08 ID:CAP_USER.net
【ソウル時事】 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたのは、
輸出管理強化で深刻化した対立を安全保障分野にも広げ、日本の攻勢に屈しない対抗姿勢を誇示する狙いがある。

日米共に協定の維持を望んでいただけに、破棄表明は3カ国連携への深刻な打撃となる。
北朝鮮や中国の軍事的脅威が高まる中、日韓の相互不信は底なしの状況で、北東アジアの安全保障環境は厳しさを増しそうだ。

大統領府関係者は、日本が輸出管理上の優遇対象国からの韓国除外を決めたことについて
「われわれを安保面の友好国と見なしておらず、安保協力の根幹を揺さぶる行為と認識した」と批判。

徴用工問題などを挙げ、「日本は問題解決に向けたわれわれの外交努力を言下に拒否した」と不満を爆発させ、
協定破棄の背景に不信が募っていたことを隠さず訴えた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082201152&g=pol


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566520529

【韓国】 GSOMIA破棄 きょうにも日本側に通告 韓国国防省、安全保障上の問題はないと強調

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/08/23(金) 04:34:13.28 ID:CAP_USER.net
韓国政府は、日本との軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」(ジーソミア)の破棄を決め、23日にも日本側に通告します。日韓の対立が政治や経済だけでなく、安全保障の分野にまで及ぶことになり、対立は長期化するのではないかという見方が強まっています。

韓国政府は22日、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」について、延長せずに破棄することを決めたと発表しました。

協定の自動更新の期限が24日に迫っていることから、韓国政府は、23日にも外交ルートを通じて、日本側に破棄を通告します。

GSOMIAの破棄を決めたことについて、韓国大統領府の関係者は22日夜、取材に対し「先月末までは韓国政府内で協定を継続しようという意見が多数を占めていた」と明らかにしたうえで、日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外する決定をしたことが大きな理由になったとの考えを示しました。

今回の韓国政府の決定で、日韓の対立は、政治や経済だけでなく、安全保障の分野にまで及ぶことになり、対立は長期化するのではないかという見方が強まっています。

一方、アメリカが協定の継続を呼びかけていたことをめぐり、韓国国防省は声明を発表し「協定の終了とは関係なく、アメリカとの強力な同盟を土台に、安定的で完璧な防衛態勢を維持していく」として、安全保障上の問題はないと強調しました。

ただ、北朝鮮が軍事力をさらに強化する構えも見せる中で、日米韓3か国の連携にほころびが出るのではないかと懸念する声が韓国国内でも出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012045181000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
NHKニュース 2019年8月23日 4時02分


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566502453

【米軍駐留経費交渉】9月中旬にも開始=韓国外交部 米国は韓国の駐留費負担について大幅な増額を要求するとみられ次回交渉は難航

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/08/23(金) 06:56:34.78 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】来年以降の在韓米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の規模を決める韓国と米国の交渉が、早ければ来月中旬に始まることが、22日分かった。

 韓国外交部の当局者はこの日、記者団に対して「(交渉は)早ければ9月中旬になるのではないか。秋夕(中秋節、今年の連休は9月12~15日)明けに行うのではないかと思う」と予想を示した。

この当局者は「(交渉が)始まる日程は両国間の協議を通じて最終決定されると承知している」と述べ、近く決定されると見通した。

 これに先立ち、米国務省のティモシー・ベッツ防衛費分担交渉代表は、20日にソウルで行われた張元三(チャン・ウォンサム)外交部韓米防衛費分担交渉代表との会談で交渉の開始日を提示し、これを基に韓米外交当局が具体的な交渉日程を議論しているとされる。

 韓米は3月、今年の韓国の在韓米軍駐留費の負担額を昨年より8.2%多い1兆389億ウォン(現在のレートで約915億円)にすることで合意。協定の期限は1年で、両国は2020年以降の韓国の負担額の交渉を早期に開始し、年内に終えなければならない。

 張氏とベッツ氏は前回の交渉で首席代表を務めたが、今回の交渉では両国ともに代表が交代するとみられる。

 米国は既にベッツ氏の後任を内定し、韓国も次期代表の選定が最終段階に入っている。

 外交部の当局者は新しい交渉代表に関して、間もなく決まると予想した。

 米国は韓国の駐留費負担について大幅な増額を要求するとみられ、次回の交渉は難航が予想される。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190822003000882?section=news
聯合ニュース 2019.08.22 17:18


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566510994

【米国政府】異例の表明「韓国の方針に強い懸念と失望」米国が同盟国に対し強い失望を表明するのは極めて異例

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/08/23(金) 05:45:09.58 ID:CAP_USER.net
韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたと発表したことについて、アメリカ政府は韓国政府に対し、強い懸念と失望を表明しました。アメリカが同盟国に対し強い失望を表明するのは極めて異例です。

韓国政府は22日、軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」について、延長せずに破棄することを決めたと発表しました。

これを受け、アメリカ国防総省は22日、「韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権が日本とのGSOMIAを延長しない方針を示したことに強い懸念と失望を表明する」とする声明を発表しました。

そのうえで「われわれは可能なかぎり、日本と韓国の2国間、およびアメリカを含む3か国間の安全保障協力を追求し続ける」として、日米韓3か国の安全保障面での連携の維持に努める考えを強調しました。

また、ポンペイオ国務長官は22日、訪問先のカナダで会見し、発表後に韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相と話したことを明らかにしたうえで「韓国政府の決定に失望している。日本と韓国が対話を続けるよう強く促している」と述べました。

そのうえで「日本と韓国はアメリカのすばらしい友人で、北朝鮮問題だけでなく、世界中の問題に取り組むため重要だ。日本と韓国には関係正常化に踏み出してもらいたい」と述べ関係の改善を求めました。

アメリカは北朝鮮問題などに対処するうえで、日米韓3か国の連携が欠かせないとの立場で、GSOMIAはその鍵になると位置づけ、韓国政府にも協定を破棄しないよう強く促してきました。

アメリカが同盟国に対し強い失望を表明するのは極めて異例です。

アメリカ政府はこれまでも双方に対話を通じた解決を求めてきましたが、対立が安全保障面にも及んだことで、今後、両政府への働きかけをさらに強めるものとみられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012045221000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
NHKニュース 2019年8月23日 4時58分

関連(毎日新聞)
【米国防総省】「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明[8/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566505598/

【韓国】 GSOMIA破棄 きょうにも日本側に通告 韓国国防省、安全保障上の問題はないと強調[8/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566502453/


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566506709

【米国防総省】「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★:2019/08/23(金) 05:26:38.70 ID:CAP_USER.net
米国防総省は22日、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことを受け、「強い懸念と失望を表明する」との声明を報道担当官名で出した。そのうえで「日韓関係の他の分野で摩擦があったとしても、我々の国防や安全保障分野での結束は保たれなければならない」と指摘し、日米韓3カ国が安全保障分野で協力する必要性を強調した。【ワシントン古本陽荘】

https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/030/022000c
毎日新聞 2019年8月23日 03時43分(最終更新 8月23日 03時59分)


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1566505598
ウリのすぽんさーニダ
ブログ情報ニダ
はてなブックマーク数
QRこーどニダ
QRコード
記事検索ニダ
月別あーかいぶニダ
アクセス数ニダ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

あくせすらんきんぐニダ
ブログパーツ
最新記事ニダ
おすすめサイト様ニダ
  • ライブドアブログ